Spotify創業者のスピーチ「アーティストとファンが繋がる場所に」

Spotify創業者のスピーチ「アーティストとファンが繋がる場所に」

2021/03/17
訳・テキスト
染谷和美
編集:Kompass編集部

アーティストだけでなく、教育者やビジネスマンなどが触れ合う場所に。Spotifyの抱く野心

ダニエル:Spotifyの最前列の席から見る音声ルネサンスの景色は今述べた通りです。2008年以来、Spotifyは1つだった市場を93の国と地域に広げました。そして1000人単位だったリスナーが3億4500万を超え、クリエイターへの支払い額は2008年の50万ドルから2020年には50億ドル以上になっています。我々のプラットフォームは急激に成長しています。そしてこれからも成長を続けるでしょう。

我々は利用できるデバイスを自ら限定したくはありませんでした。ユーザーはほぼ無限にデバイスを選択でき、現状、Spotifyは2000種類を超えるデバイスで利用可能です。スマートフォンからスマートスピーカー、カーオーディオからゲーム機に至るまで、本当にさまざまなところで。こうした革新の精神は強くなる一方です。3年前、Spotifyはそのプラットフォーム上に300万人のクリエイターを抱えていましたが、以来、毎年、その数は増え続け、400万、500万、そして2020年の終わりには800万人になっています。2025年には実に5000万人のクリエイターを我々のプラットフォームに乗せて、そのアートを世界中の何十億人というユーザーに楽しんでもらうことも可能だと私は信じています。これは予言でも目標でもなく、挑戦するべき大いなるチャンスなのです。


新しいクリエイター向けサービスを紹介する動画

ダニエル:音声クリエイションが爆発的に増えるところから、我々が考える本当の意味でグローバルなクリエイティブエコノミーが始まります。Spotifyは、これから増えていくであろう音声クリエイターの中でも高いモチベーションと才能を特に有する人たちとファンが共鳴し合ってオーディエンスを増やし、我々のプラットフォーム上でキャリアを積むことを可能にしていきます。我々は、教育者や実業家、ストーリーテラー、文筆家、有名人、アーティストのみなさんが音声を通じて世界と触れ合う場になりたい。それが私の考えるSpotifyの使命です。

「多くのアーティストやクリエイターに作品で生活していく機会を提供し、それを楽しみ、刺激を受ける機会を数十億のファンに提供することで、人間の創造力の可能性を解き放つ」。

これが我々の望むところであり、目指す高みでもあります。確かに野心的ではありますが、同時にこれは必要なことなのです。クリエイティブエコノミーが繁栄すれば、音声クリエイションが単なる副業ではなく、正業たり得ることが可能になります。

マイクを置く前に、音声サービスを世界に届ける上での目標について幾つか申し上げたいと思います。Spotifyは現状、世界の約半分で利用可能ですが、それでもまだSpotifyへのアクセスを持たないクリエイターが何百万人も、リスナーが何十億人もいるのです。そこで、お知らせがあります。向こう数日で、我々はSpotifyを世界に向けて大々的に拡張します。これによって世界中の新たな市場に於ける10億人以上の人々にSpotifyをお届けできるようになる。その半数は既にインターネットを使っているのです。


世界で85の新しい国と地域に、36の新しい言語でSpotifyをスタートする

ダニエル:時が経てばきっと、今この瞬間がなんのためにあったのかがわかるでしょう。これは序曲。音声文化の新たなる黄金時代が幕を開けた素晴らしい瞬間です。クリエイターにとっても、リスナーにとっても、Spotifyにとっても、最良のときはこれからです。


ダニエル・エクのスピーチ動画

Page 2
前へ

サービス情報

Spotify

・無料プラン
7000万を超える楽曲と40億以上のプレイリストすべてにアクセス・フル尺再生できます

・プレミアムプラン(月額¥980 / 学割プランは最大50%オフ)
3ヶ月間無料キャンペーン中

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。