Spotify×出版社のポッドキャストシリーズ『#聴くマガジン』スタート

Spotify×出版社のポッドキャストシリーズ『#聴くマガジン』スタート

Spotifyと出版社によるオリジナルポッドキャストシリーズ『#聴くマガジン』が12月15日にスタートする。

『#聴くマガジン』は、雑誌の編集長や編集者がパーソナリティーとなって毎回それぞれの雑誌ならではの着眼点でセレクトしたテーマについて、ゲストと共に語りあうトーク番組。『ムー』『美術手帖』『TRANSIT』の3誌が参加する。

12月15日にスタートする『ムー公式超日常ポッドキャスト』では、日常の中に隠れる「あやしいこと」「不思議なこと」をテーマに、編集部のムーやんと雛形羽衣(劇団ディアステージ)が「ムー的な」専門家に取材。今後のエピソードには「アメリカ大統領選挙と陰謀」「イルミナティカードに隠された新世界秩序構想」「そもそも占いで何がわかるのか?」「ネット都市伝説を解体してみたら」「パワースポットはどこにある?」などが予定されている。

12月16日にスタートする『instocial by 美術手帖』のテーマは「アートと社会」。ホストはウェブ版『美術手帖』編集長の橋爪勇介と、東京・銀座のアートギャラリー「THE CLUB」マネージングディレクターの山下有佳子が務める。タイトルの「instocial」は「アートを社会(social)にインストール(install)する」という意味。

12月17日にスタートする『TRANSIT VOICE ~旅するポッドキャスト~』では旅を通じて得た体験や、疑問についてプロと語りあう。最新号の特集裏話や、スパイスの旅、これからの旅の話などが話題となる予定。

『instocial by 美術手帖』
『instocial by 美術手帖』

『TRANSIT VOICE ~旅するポッドキャスト~』
『TRANSIT VOICE ~旅するポッドキャスト~』

望月哲史(『ムー』)のコメント

2019年の創刊40周年を機にコンテンツの多メディア化に乗りだす中で、公式番組として音声メディア制作のサポートを受けられることに安心して参加しました。超常現象や怪談、占いなど各ジャンルの専門家に自由に語ってもらう“公開打合せ”が番組の裏テーマ。ロジカルな誌面の行間に消えてしまうニュアンスや『実は原稿にこれも入れたかった』部分を聞いてほしいです。誌名やイメージは知られているので、改めてムーのコンテンツを知るきっかけとなるメディアとなることを期待しています。既存読者には特集記事の裏情報として楽しんでもらいたいです。

橋爪勇介(『美術手帖』)のコメント

アートは視覚で楽しむことが多いジャンルなので、ポッドキャスト(音声のみ)というのはある種チャレンジングでもありますが、同時に可能性も感じます。とくにこの配信では「アートと社会」というテーマのもと、アートを様々な視点から語ることを目指していますので、すでに美術手帖に親しんでいただいているユーザーのみならず、アートに少しでも興味がある方にアプローチできることを期待しています。このポッドキャストが更に深いアートの世界に入り込むきっかけになれば嬉しいです。

菅原信子(『TRANSIT』)のコメント

自由に旅することができない今、世界について知ることの大切さ・旅の魅力を伝えつづけたいと考え、新たなタッチポイントを模索してきました。美しい風景を写真で見ずとも、声・言葉をとおして旅の物語を入れることで旅や世界への関心がより深く、パーソナルなものになると考えています。音声メディアで月に2回という連続性により、普遍性のあるテーマについて横断的に語ることができるのも魅力。少しだけ日常を離れて、旅に出たような気持ちになっていただきたい。Spotifyというグローバルなプラットフォームで、TRANSITをご存知なかった方々にも知ってもらい、雑誌媒体にも興味をもっていただきたいです。

Page 1

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。