崎山蒼志と諭吉佳作/men、見つめ合う2つの才能 その特異な実態

崎山蒼志と諭吉佳作/men、見つめ合う2つの才能 その特異な実態

崎山蒼志『並む踊り』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:松永つぐみ: 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

「本当にグチャグチャのゴチャゴチャ」。異例の共作法で生まれた、コラボ曲“むげん・”

―崎山さんの新作『並む踊り』に収録されたおふたりのコラボ曲“むげん・”の話に入りたいんですけど、この曲は、どのようにして制作されたのでしょうか?

崎山:これはもう、どっちが作詞作曲とかも明確じゃなくて。ふたりでグチャグチャに作った感じの曲です。最初に、僕から諭吉さんのお声がけをして。そしたら引き受けてくださって、僕が「ありがとうございます」って言って……。

諭吉:そんなに細かく話すんですか!?(笑)

―(笑)。

諭吉:最初、共作といっても、取っかかりがなきゃ難しいということになり、「テーマを決めよう」っていうことになったんです。でも、それもパッと出てこないから、「とりあえず、どちらかが、歌詞とは全く関係のない、でも歌詞っぽい文章を書いてきましょう」って話になって。

崎山:よくわからない、散文みたいな。片方がそれを書いて、もうひとりが、そこから受け取ったものをテーマにしようって、諭吉さんが提案してくださって。それで、僕が変な散文を書いて諭吉さんに送ったんです。

左から:諭吉佳作/men、崎山蒼志

諭吉:本当になんの意味もなく書いてもらったから、正しいも間違っているもない文章なんですけど、それを読んで受け取ったものから、「こういう感じの雰囲気だなぁ」っていう感じで、私がテーマを作って。それで、最初のAメロの部分を、まずは私が書いて。

崎山:その部分をピアノで歌っているデータを送ってくれて、そこからBメロの部分を僕が書いて、それを諭吉さんに送って……っていう感じで作っていきました。

崎山蒼志“むげん・ (with 諭吉佳作/men)”を聴く(Spotifyを開く

―じゃあ、本当にふたりが混ざり合った曲っていう感じなんですね。

崎山:そう、本当にグチャグチャのゴチャゴチャっていう感じです。そうやってお互いが送り合った素材を、諭吉さんがGarageBandでつなげてくれました。ベースラインは僕が打ち込んで、ギターも僕が入れたんですけど、全体的なトラックとして1曲に仕上げてくれたのは諭吉さんなんです。本当に、お世話になりました。

諭吉:いえ(笑)。

「諭吉さんとも一度、『天才』の話しましたよね」(崎山)

―諭吉さんとの“むげん・”があり、君島大空さんや長谷川白紙さんも参加されていて、『並む踊り』は、崎山さんが「他者」と関わり、交わることによって生まれたアルバム、という印象がありますね(関連記事:崎山蒼志と君島大空、2人の謎を相互に解体。しかし謎は謎のまま)。前作『いつか見た国』(2018年)は、本当に崎山さんひとりの存在や世界という感じだったけど、新作は、また違う景色が広がっている。

崎山:今回参加していただいた方々は、去年くらいから、本当に純粋に、「一緒にできたらいいな」と思っていた方々なんですよね。それぞれみなさんお忙しいですし、「彼らとは、今しかできないんじゃないか?」ともスタッフさんに言っていただいて、お声がけさせていただきました。

僕からしたら、この3人と一緒に制作ができるのは、本当に恐縮なことだったんですけど、めちゃくちゃいい経験になりました。それぞれがみんな、プロデューサーみたいな感じもありましたし。

崎山蒼志“潜水 (with 君島大空)”を聴く(Spotifyを開く

崎山蒼志“感丘 (with 長谷川白紙)”を聴く(Spotifyを開く

崎山:今回参加してもらった3人は、3人とも似ていないけど、どこか似ている部分もあって、でも、全然違う……そんな感じのイメージなんですよね。本当に、3人とも天才だと思う。天才に根が生えまくっている方というか。……諭吉さんとも一度、「天才」の話しましたよね。

諭吉:しましたね(笑)。

―そのお話、聞きたいです。

諭吉:そんなに深い話じゃないんですけど、「『天才」って言われたくない」っていうタイプの人もいるじゃないですか。「努力していないみたいで嫌だ」って。でも、私も崎山さんも、「天才」って言われたら嬉しいし、「言われたいよね」って。

崎山:そう、「天才」っていいですよね。言われたら嬉しい褒め言葉だなって思う。

諭吉:私はそもそも、ガツガツ頑張れるタイプじゃないと思うので、そう言われると安心するのかもしれないです(笑)。

崎山:興奮しますよね、「天才」って。棋士の藤井聡太さんとか、「天才やぁっ!」っていう感じでいいなって思います(笑)。

諭吉:私は家で、「崎山、マジで天才やぁ!」ってめっちゃ叫んでますよ。

崎山:あぁ~……嬉しい(笑)。

左から:諭吉佳作/men、崎山蒼志

Page 4
前へ

リリース情報

『並む踊り』(CD+DVD)

2019年10月30日(水)発売
価格:2,728円(税抜)

[CD] 1. 踊り 2. 潜水(with 君島大空) 3. むげん・(with 諭吉佳作/men) 4. 柔らかな心地 5. 感丘(with 長谷川白紙) 6. 夢模様、体になって 7. 烈走 8. 泡みたく輝いて 9. Video of Travel [DVD] 1. ドキュメント「崎山蒼志 LIVE 2019 とおとうみの国」 2. 「国」ミュージックビデオ

イベント情報

『崎山蒼志 TOUR 2019 「並む踊りたち」』

2019年10月28日(月)
会場:東京都 渋谷 CLUB QUATTRO

2019年11月3日(日・祝)
会場:香川県 高松 SPEAK LOW

2019年11月4日(月・振休)
会場:大阪府 梅田 TRAD
ゲスト:諭吉佳作/men

2019年11月10日(日)
会場:東京都 神田明神ホール
ゲスト:長谷川白紙

2019年11月16日(土)
会場:福岡県 ROOMS

2019年11月17日(日)
会場:広島県 SECOND CRUTCH

2019年11月30日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2019年12月15日(日)
会場:静岡県 浜松 窓枠

ゲスト:君島大空

2019年12月21日(土)
会場:宮城県 仙台 HooK

2019年12月22日(日)
会場:北海道 札幌 KRAPS HALL

料金:各公演 前売3,700円(ドリンク別)

プロフィール

崎山蒼志
崎山蒼志(さきやま そうし)

2002年生まれ静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV『日村がゆく』の高校生フォークソングGPに出演。独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また当時15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。2018年7月18日に「夏至」と「五月雨」を急きょ配信リリース。その2か月後に新曲「神経」の追加配信、また前述3曲を収録したCDシングルをライヴ会場、オンラインストアにて販売。12月5日には1stアルバム『いつかみた国』をリリース、併せて地元浜松からスタートする全国5公演の単独ツアーも発表し、即日全公演完売となった。2019年3月15日にはフジテレビ連続ドラマ『平成物語』の主題歌「泡みたく輝いて」と明治「R-1」CM楽曲「烈走」を配信リリース。5月6日に自身初となるホール公演「とおとうみの国」を浜松市浜北文化センター大ホールで大成功させた。10月30日に2ndアルバム『並む踊り』をリリースした。

諭吉佳作/men(ゆきちかさくめん)

2003年生まれの音楽家。2018年、中学生の時に「未確認フェスティバル」で審査員特別賞を受賞。その唯一無二の楽曲センスと艶のある伸やかな歌声で注目を集め、インディーズバンド音楽配信サイト「Eggs」では年間ランキング2位を獲得。音楽活動以外にも、執筆活動やイラストレーションなどクリエイティブの幅は多岐にわたる。2019年、でんぱ組.inc「形而上学的、魔法」の楽曲提供を行い話題に。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。