結成10周年の乃木坂46、作曲家・杉山勝彦が語る名曲誕生の裏側

結成10周年の乃木坂46、作曲家・杉山勝彦が語る名曲誕生の裏側

2021/10/21
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊田和志 編集:金子厚武、CINRA編集部

世代交代を迎えた乃木坂46、そのなかで「伝承」されていく名曲たち

―「YOASOBI感」というワードが出た背景には、その前にリリースされた賀喜遥香さんセンターの4期生曲“I see...”が「SMAP感」というワードとともに話題になったことが大きくあります。そしてその作曲者であるyouth caseさんが、同じく賀喜さんがセンターを務めた最新の表題曲“君に叱られた”も書かれている。youth caseさんの曲にはどんな印象をお持ちですか?

乃木坂46“I see...”を聴く(Spotifyを開く

乃木坂46“君に叱られた”を聴く(Spotifyを開く

杉山:“君に叱られた”もすごくいい曲だと思うんですけど、youth caseさんの曲でいうと“Love so sweet”のファンの自分がいるので(笑)、その意味ではやっぱり“I see...”みたいな曲を乃木坂46が歌うのがすごく新鮮だったし、個人的に大好きでしたね。

嵐“Love so sweet”を聴く(Spotifyを開く

―自分が書いた以外の乃木坂46の曲で、「この曲はすごい」と思った曲を挙げていただけますか?

杉山:“シンクロニシティ”のイントロは抜群に好きです。“気づいたら片想い”も好きで、どこか歌謡曲のような懐かしさもありつつ、作曲者であるAkira Sunsetさんのルーツのラップもありつつ、乃木坂46感もあって、最後の<気づいたら>を繰り返して転調させるのもめちゃめちゃ好きですね。

乃木坂46“シンクロニシティ”を聴く(Spotifyを開く

乃木坂46“気づいたら片想い”を聴く(Spotifyを開く

―では最後に、10周年以降の乃木坂46にどんなことを期待しますか?

杉山:乃木坂46が世の中の誰もが知っているヒット曲を出して、それに自分も携われたらもちろん嬉しいです。でもやっぱり、長く歌い継がれるスタンダードナンバーをつくりたいというのが一番にありますね。

ぼくの勝手な見方ですけど、いまの乃木坂46は初期のメンバーがどんどん卒業していて、世代交代がひとつのテーマになっていると思うんです。グループの世代交代って本当に難しいと思うんですけど、でもいまの乃木坂46は3期生や4期生がすごく頑張って、先輩たちがそれを支えて、それをやってのけそうな気配がある。

なので、先輩たちが歌ってきた曲を、次の世代にも歌い続けてもらいたいです。それこそ、“きっかけ”を「伝承」のようにして遠藤さくらさんが歌われたみたいに、ずっと歌われていく曲をつくりたい。そして願わくば、それがメンバーのなかだけじゃなく、世の中にとっても長く愛される曲になれば、作曲家としてそんなに嬉しいことはないですね。


乃木坂46 - きっかけ / THE FIRST TAKE

Page 4
前へ

リリース情報

乃木坂46
ベストアルバム『(タイトル未定)』

2021年12月15日(水)発売

プロフィール

杉山勝彦(すぎやま かつひこ)

作詞・作曲・編曲家・音楽プロデューサー、フォークデュオ「TANEBI」のギタリスト。1982年1月19日生まれ。埼玉県入間市出身。早稲田大学在籍時代、ラッツ&スターの佐藤善雄にスカウトされ、2007年、Sony Music Publishingの専属作曲家となる。現在は、自身が代表を務める株式会社コライトにて音楽作家活動を行う。2008年、嵐“冬を抱きしめて”で作家デビュー。2013年フォークデュオ「USAGI」結成、2014年ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。2016年所属事務所を独立、「TANEBI」とあらためて活動を行い、現在に至る。家入レオ“ずっと、ふたりで”にて第59回日本レコード大賞作曲賞を受賞。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。