SKY-HIが語る『THE FIRST』ここが自身とボーイズグループの転換期

SKY-HIが語る『THE FIRST』ここが自身とボーイズグループの転換期

2021/06/23
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:YURIE PEPE 編集:矢島由佳子、CINRA.NET編集部

『THE FIRST』は、SKY-HIが思う「こうしてほしかった」をすべて詰め込んだ育成プログラム

―『THE FIRST』は「#9」までの放送が終わって(取材は5月末)、4次審査の合宿が進行中ですが、ここまでを振り返ってどんなことを感じていますか?

SKY-HI:いまの段階の放送を見てると、むず痒いですね。

―というと?

SKY-HI:ふたつ理由があって、ひとつ目は、自分の発言がまだテレビ的ではないというか、「どこを使ってもらおう」という意識が足りていないこと。もちろん、一番大事なのは当事者である彼ら(オーディション参加者)に伝えたいことがちゃんと伝わることなんですけど、そこは両立させないとなって。

自分がこういう経験をしてから、あらためて昨年大きな話題になったNizi ProjectのJ.Y. Park氏とかを見てみると、トーンとか、間の使い方とか、すごく計算して話していて。これは編集するテレビの人も助かるよなあと、20年オーディション番組をやってる人は伊達じゃないなと思いました。そこは自分ももっと考えないといけないと思ったのがひとつ。

―もうひとつは?

SKY-HI:彼らになにかを言うときって、自分を棚に上げなきゃいけないんですよね。完全に棚に上げて、自分の角度から見えている改善すべきポイントに関して集中して彼らにフィードバックを繰り返してるんだけど、もっと覚悟があるとよかったなっていま振り返ると思う。自分を棚に上げることを多少恐れていたなって。

―そこは自分自身もアーティストであるがゆえの難しさですよね。

SKY-HI

SKY-HI:彼らはいまものすごいスピードで成長していて、これから毎週本当にびっくりすると思う。週ごとに別人になっていくから。合宿はあくまで「育成プログラム」なので、合宿が終わって、最終審査に臨むまでの彼らは超回復みたいなもので(笑)、成長がものすごいんですよ。

今回彼らに受けてもらっている育成プログラムは、自分がこれまで「こうだったらよかった」とか「こうしてほしかった」と思ったことの全詰めなので、その意味では、いままでのアーティストとしての生活すべての是非が問われるものであったような気もする。でも実際に合宿をやって、自分のやり方は正しかったと感じています。

―オーディション参加者の成長がそれを証明してくれたと。

SKY-HI:彼ら自身も成長を実感してると思うし、あとはここまでで信頼してもらえたことをすごく感じていて。「SKY-HIの言うことを聞いたら通過できる」というより、「SKY-HIの言うことを聞いたらもっと伸びるぞ」という感覚を持ってもらえる関係がつくれたのは、本当に「よし!」という感じなんです。そう考えると、最初のほうで気を使い過ぎなくらい気を使ったことが、ここに来て功を奏してるのかなと思ったりもします。


『THE FIRST』4次審査に残った15人

―「選ぶ / 選ばれる」の上下関係はどうしてもできてしまうけど、その一方で、「ただ年齢が少し違うだけの同士なんだ」という感覚がちゃんと生まれているということでしょうね。

SKY-HI:それ! 才能って、委縮すると本当に伸びないんですよ。なので、さっきも言ったように一番思ってたのは「言うとおりにしないと脱落しちゃうかもしれない」という感覚を持たないでほしいということでした。

でも、一緒に生活をしていたこともあって、いい意味で彼らの俺に対する感覚もぼやけてくるというか、「選ぶ / 選ばれる」の関係から……単なる共同生活のリーダーになっていったのは、すごくよかった。そういう意味でも、自分含めて全員が成長してます。

SKY-HI

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

SKY-HI『To The First』
SKY-HI
『To The First』

2021年4月28日(水)配信

プロフィール

SKY-HI
SKY-HI(すかいはい)

2005年9月にAAAのメンバーとしてデビュー。同時期から「SKY-HI」としてマイクを握り、都内クラブ等で活動をスタート。ラッパー、シンガーソングライター、トラックメイカー、音楽プロデューサーとして活躍。2013年はSKY-HI初のワンマンショーライブツアー『SKY-HI TOUR 2013-The 1stFLIGHT-』を開始。SKY-HIのツアーでハウスバンドを務めるミュージシャンチーム「THE SUPER FLYERS」の中心に立ち、自らがバンド音源や演出、照明に至るまでプロデュースするライブツアーは毎度、完売が続出。そして2020年9月、SKY-HI自らマネジメント/レーベル「BMSG」を立ち上げ、アーティストが自分らしく才能を開花させられる環境づくりに力を注ぐ。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。