過激で大胆な表現に込められた誇りと痛み。Lil Nas X『MONTERO』

過激で大胆な表現に込められた誇りと痛み。Lil Nas X『MONTERO』

2021/10/13
テキスト
木津毅
編集:後藤美波

同性愛嫌悪の強いヒップホップシーンの変化と、ぶつけられたバックラッシュ

いま、Lil Nas X(以下、リル・ナズ)ほどキャッチーかつユーモラスに、しかしシリアスに自身のセクシュアリティーを表現しているポップスターがいるだろうか。

全米シングルチャート19週連続1位という新記録を打ち出した2019年の“Old Town Road”のメガヒット以来、「一発屋で終わる」という世間の揶揄混じりの予想を覆し、ネットのバズを利用しながら数々のヒットを生み出しているリル・ナズ。その軽やかな快進撃を見ていると、「ゲイのポップスター」という肩書きも颯爽と着こなしているように思える。

Lil Nas X
Lil Nas X

けれども、これもソーシャルメディアでバズと議論を巻き起こした「懐妊写真」を経て、ついに今年9月にリリースされたデビューアルバム『MONTERO』には、数々の楽しいポップソングとともに、Lil Nas Xの――そして本名であるモンテロ・ラマー・ヒルとしての――苦しみや痛みが織りこまれていて、そこにはもちろん、ブラックのゲイとして育ったことで受けてきた傷が刻まれてもいる。数多くのカミングアウトしたセクシュアルマイノリティーのアーティストがメインストリームのポップシーンで活躍するいまなお、『MONTERO』が持つテーマやメッセージは切実だ。


『MONTERO』の発売告知として、アルバムを自身の子どもにたとえて「懐妊写真」を投稿した

Lil Nas X『MONTERO』を聴く(Spotifyを開く

リル・ナズがゲイであることをカミングアウトしたのは2019年の6月、プライド月間のことだ。「タフな男らしさ」が誇示されることの多かったヒップホップ / ラップシーンにおいて同性愛嫌悪が強いことは度々問題になってきたが、2010年代から現在に至るまでのさまざまな出来事を経て、シーンの風向きも変わってきた。アンダーグラウンドでの非白人のクィアなヒップホップアーティストを中心とした「クィアラップ」の盛り上がり(2010年代前半)や、当時ミックステープで高い評価と注目を集めていたフランク・オーシャンがメジャーデビューアルバムの発表とともに同性に恋をした経験をカミングアウトしたこと(2012年)、全米での同性婚合法化(2015年)、同性に恋をする黒人少年を描いた映画『ムーンライト』の『アカデミー賞』受賞(2017年)などの影響は確実にあるだろう。

ドレイクやカニエ・ウェストといったビッグネームが「男の弱さ」をその表現の重要な要素に置いたことも、シーンにおけるジェンダー / セクシュアリティ表現の幅を広げる要因となってきた。


映画『ムーンライト』予告編

だからリル・ナズのカミングアウトは大きくは称賛とともに迎えられたのだが、同時にバックラッシュも巻き起こった。こと彼に関してはヒップホップ / ラップシーンだけでなく、長く保守的な価値が強いカントリーシーンがバックグラウンドにあることも大きいだろう。ソーシャルメディアを少し見るだけでも、彼に対するホモフォビックな罵倒が溢れている。

象徴的だったのは、2020年の『グラミー賞』に全身ピンクのカウボーイスタイルで現れたリル・ナズに対して、ラッパーのパスター・トロイがきわめてホモフォビックなコメントをInstagramに上げたことだ。

「やつらは、男から、とくに黒人の男から男らしさを奪おうとしている」と綴った投稿は批判を浴び自ら削除することになったが、当のリル・ナズはその投稿に対して「この写真の俺、イケてるわ~」と余裕の返答。いっそう株を上げることになったが、冷静に考えてみれば、特定の属性に対するヘイトをぶつけられたマイノリティー側が「粋な回答」を求められるのも酷な話だ。

おそらくリル・ナズはこうした経験を経て、自身のセクシュアリティーに対する「プライド」を(ソーシャルメディア上ではないところで)どのように表現するかを深く考えることになったのだろう。クィア表現に対しての風当たりがまだまだ強い世のなかに向けて、どのように「自分自身」を肯定することができるかを。


2020年の『グラミー賞』では「最優秀ミュージックビデオ賞」「最優秀ポップデュオ / グループパフォーマンス賞」を受賞

Page 1
次へ

リリース情報

Lil Nas X『MONTERO』
Lil Nas X
『MONTERO』

2021年9月17日(金)配信リリース

1. MONTERO (Call Me By Your Name)
2. DEAD RIGHT NOW
3. INDUSTRY BABY (feat. Jack Harlow)
4. THATS WHAT I WANT
5. THE ART OF REALIZATION
6. SCOOP (feat. Doja Cat)
7. ONE OF ME (feat. Elton John)
8. LOST IN THE CITADEL
9. DOLLA SIGN SLIME (feat. Megan Thee Stallion)
10. TALES OF DOMINICA
11. SUN GOES DOWN
12. VOID
13. DONT WANT IT
14. LIFE AFTER SALEM
15. AM I DREAMING (feat. Miley Cyrus)

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。