デジタルディストリビューターが見た、日本の音楽業界の現在地

デジタルディストリビューターが見た、日本の音楽業界の現在地

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:鈴木渉 編集:金子厚武、CINRA.NET編集部

目下、急成長中の音楽配信市場。2012年に設立された国内デジタルディストリビューターの先駆けTuneCore Japan(以下、TCJ)が5月に公開した統計「MUSIC YEARLY STATS 2020」によると、2020年のアーティスト、レーベルへの還元額は前年比168%の71億円に達し、累計では170億円に到達したという。

これは近年のストリーミングサービスの普及を前提に、YouTubeやTikTokといったエコシステムが整備されたこと、コロナ禍がデジタルの利用を後押ししたことなどが原因だと考えられるが、何よりインディペンデントアーティストの継続的な活動を支え続けてきたTCJ自身の功績だといえよう。

そんなTCJのスタートから9年が経過し、現在では国内にも複数のデジタルディストリビューターが存在するが、そのなかで最も新しい部類に入るのが、音楽プロダクションのHIP LAND MUSICが2019年に立ち上げたFRIENDSHIP.。キュレーターがアーティストをセレクトし、それぞれに最適化したサポートを展開するレーベル的な性格が強く、TCJとは異なるアプローチだが、アーティストやリスナーにその違いはまだ十分に伝わっていないかもしれない。

そこで今回はTCJ代表の野田威一郎と、FRIENDSHIP.の山崎和人を招き、あらためて現在の音楽シーンにおけるデジタルディストリビューターの役割を紹介するとともに、それぞれの目指す方向性について語ってもらった。

瑛人“香水”のヒットは、コロナ禍がきっかけ?

―TCJが公開した「MUSIC YEARLY STATS 2020」によれば、昨年のTCJからアーティストへの還元額は前年比166%の約71億円とのことで、これはデジタル配信全体の伸びを表しているといってもよいかと思います。あらためて、2020年を振り返っていただけますか?

野田:あの統計は毎年出しており、じつは伸び率でいうと2020年より2019年の方が伸びてるんです(2019年の伸び率は170%)。ただ、2019年は42億円だったのが、2020年は71億円で、金額の規模が大きくなっているにもかかわらず、ほぼ伸び率が変わってない状況なんですよね。

野田威一郎(のだ いいちろう)<br>東京出身。香港で中学・高校時代を過ごし、慶應義塾大学卒業後、株式会社アドウェイズ入社。2008年に独立しWano株式会社を設立。2012年にはTuneCore Japanを立ち上げ、2012年10月にサービスを開始。
野田威一郎(のだ いいちろう)
東京出身。香港で中学・高校時代を過ごし、慶應義塾大学卒業後、株式会社アドウェイズ入社。2008年に独立しWano株式会社を設立。2012年にはTuneCore Japanを立ち上げ、2012年10月にサービスを開始。

野田:なおかつ、この伸び率はレコ協(日本レコード協会)さんが出されている2020年の配信の伸び率よりも高いので、ぼくらが扱っているようなインディペンデントアーティストが活躍した年度だったのは事実だと思います。

―具体的には、どんなアーティストの活躍が顕著でしたか?

野田:やっぱりTikTokで流行ったアーティストの存在は大きくて、緊急事態宣言中に瑛人、その後にりりあ。さん、yama、BLOOM VASEとか、TCJを利用してくれているインディペンデントなアーティストがマスメディアにも露出するようになったのは、2020年の大きな変化だったと思います。特に“香水”のヒットに関しては、コロナの影響が大きかったんじゃないかなと、個人的には思っていて。

BLOOM VASE『BLOOM iSLAND』を聴く(Spotifyを開く

―というと?

野田:昨年4月、5月は業界関係なく、全員家にこもったじゃないですか? それを機に普段はテレビや劇場などで忙しかった芸人や著名人もTikTokやYoutubeなどの新しいチャネルに参加するようになり、若年層に受けていた“香水”がさらに、ネタとして利用された結果、さらなる層に広がっていった。そういう楽曲自体がオンラインメディアで横展開されるきっかけになったのが、去年の自粛期間だったかなと思います。

―FRIENDSHIP.から見た2020年はどんな一年でしたか?

山崎:FRIENDSHIP.は2019年にスタートしていて、ちょうど一年経たないくらいでコロナが世界で流行してしまったので、思い描いていた外向けのアウトプットの大半ができなくなってしまったというのがありました。

そもそもそれまでの日本はCDとデジタルを同時リリースして、プロモーションしていく文化がまだ残ってたと思うんですね。だから、お店に人が呼べない、ライブもできないというなかで、「じゃあ、配信リリースも一回止めましょう」ということが、2020年の前半に起こって。

山崎和人(やまざき かずと)<br>1978年生まれ。2000年、株式会社ハーフトーンミュージック入社、2003年よりライブハウス「新宿MARZ」店長 / ブッキングマネージャーを経て、2009年に株式会社ヒップランドミュージック・コーポレーション入社。The fin.、LITEのA&R / マネージャーとして、作品リリースやアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど数々の海外ツアーの制作を担当。2019年5月より、デジタル・ディストリビューションとPRが一体となったレーベルサービス「FRIENDSHIP.」をスタートさせる。
山崎和人(やまざき かずと)
1978年生まれ。2000年、株式会社ハーフトーンミュージック入社、2003年よりライブハウス「新宿MARZ」店長 / ブッキングマネージャーを経て、2009年に株式会社ヒップランドミュージック・コーポレーション入社。The fin.、LITEのA&R / マネージャーとして、作品リリースやアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど数々の海外ツアーの制作を担当。2019年5月より、デジタル・ディストリビューションとPRが一体となったレーベルサービス「FRIENDSHIP.」をスタートさせる。

―確かに、一時期はいろんな動きがストップしてしまって、それはまだCDとデジタルがセットだったからだと。

山崎:でも、「しばらく何もできないな」という状況をみんなが認識してからは、一気に表現の場がストリーミングやライブ配信に切り替わって、それからFRIENDSHIP.への応募も急激に増えましたね。

あとは、アーティスト自身が活動のプランを考えるようになった一年だったんじゃないかなって。以前までは、音をつくるのは自分たちがやるけど、それ以降はレーベルや事務所にお任せするという認識のアーティストが多かったと思います。でも、コロナ禍を経て、全部を自分たちでコントロールしようという意識の芽生えたアーティストがすごく多かった気がしますね。

Page 1
次へ

プロフィール

野田威一郎(のだ いいちろう)

東京出身。香港で中学・高校時代を過ごし、慶應義塾大学卒業後、株式会社アドウェイズ入社。2008年に独立しWano株式会社を設立。2012年にはTuneCore Japanを立ち上げ、2012年10月にサービスを開始。

山崎和人(やまざき かずと)

1978年生まれ。2000年、株式会社ハーフトーンミュージック入社、2003年よりライブハウス"新宿MARZ"店長/ブッキングマネージャーを経て、2009年に株式会社ヒップランドミュージック・コーポレーション入社。The fin.、LITEのA&R/マネージャーとして、作品リリースやアメリカ、ヨーロッパ、アジアなど数々の海外ツアーの制作を担当。2019年5月より、デジタル・ディストリビューションとPRが一体となったレーベルサービス「FRIENDSHIP.」をスタートさせる。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。