荏開津広×渡辺志保が語る、2020年の注目プロデューサー

荏開津広×渡辺志保が語る、2020年の注目プロデューサー

テキスト・編集
久野剛士(CINRA.NET編集部)
撮影:寺内暁

シンガーやラッパーとは異なり、本来は裏方であったはずの「音楽プロデューサー」。普段、彼らにあまり注目していない人も多いかもしれない。しかし、彼らに着目することで、これまでとは異なる音楽の聴き方ができるはずだ。

世界の音楽シーンに精通するライター渡辺志保と、多彩なカルチャーに横断的な視点を向ける荏開津広による対談の第3回。今回は、2人が「プロデューサー」という人々を意識した瞬間を振り返るとともに、2020年注目のプロデューサーを紹介する。

2人が体験した、「プロデューサー」を意識した瞬間

左から:渡辺志保、荏開津広
左から:渡辺志保、荏開津広

―今回、「プロデューサー」に焦点をあててお話をお聞きしたいと思います。そもそも、お二人がリスナーとして最初にプロデューサーというポジションを意識されたのはいつからですか?

荏開津:それまでもポップミュージックは聞いていたんですけど、ジャンルとしてはヒップホップからですね。本格的に音楽を聴き始めたのはヒップホップからなので。

渡辺:それは1980年代の後半ぐらいからですか?

荏開津:1980年代の半ばですね。その頃はまだ日本にヒップホップの情報って全然入ってきませんから、とにかくヒップホップのレコードを買ってクレジットを見る。ヒップホップを扱っている数少ない海外の雑誌を読んで、プロデューサーの名前を知っていったんです。後から知ったのは、ZeebraさんやK DUB SHINEさん、もしくはメジャーフォースの人たちも同時期に同じことをしていたということです。

荏開津広(えがいつ ひろし)<br>執筆/DJ/京都精華大学、東京藝術大学非常勤講師、東京生まれ。東京の黎明期のクラブ、P.PICASSO、MIX、YELLOWなどでDJを、以後主にストリート・カルチャーの領域で国内外にて活動。2010年以後はキュレーション・ワークも手がける。
荏開津広(えがいつ ひろし)
執筆/DJ/京都精華大学、東京藝術大学非常勤講師、東京生まれ。東京の黎明期のクラブ、P.PICASSO、MIX、YELLOWなどでDJを、以後主にストリート・カルチャーの領域で国内外にて活動。2010年以後はキュレーション・ワークも手がける。

荏開津:例えば、「TOP10 RAP RECORDS RIGHT NOW」とか「10 Breakbeats Record」みたいな記事で。その過程で、シルヴィア・ロビンソン(Sylvia Robinson)と、リック・ルービン(Rick Rubin)では作る音が違うんだなと。

―一番最初に衝撃を受けたプロデューサーとかいるんですか?

荏開津:初期エレクトロのデイビーDMX(Davy DMX)とかですね。幼い頃から、ビートルズとかは流れてくるんですよね。でも、ヒップホップを聴いて、幼い頃に聴いた音楽とは全然違うんだなと思ったんです。

当時は「エレクトロ」って呼ばれていたんですけど、後にテクノやハウスになってくるような、インストの曲が売れていたのが私はすごいなと思って。展開もほとんどないし、歌詞もない。

デイビーDMX“One For The Treble”を聴く(1984年 / Spotifyを開く

渡辺:それで曲が成立するんだ、みたいな衝撃はありますよね。

荏開津:そうそう。時々シャウトみたいなものが入ってくるだけで。こんな音楽もありなのか、と。構造がそもそもビートルズなど、それまで慣れ親しんだ音楽とは違うので「すごい!! これは発明だ!!」と思いました。リック・ルービンがプロデュースしたDef Jamの最初のシングル“It's Yours”(T La Rock & Jazzy Jay / 1984年)を聴いたとき、ドラムとスクラッチ、それにガヤだけのトラックを本当にすごいと思いました。実際に、それが40年近く続いていくDef Jam帝国の始まりなわけです。

T La Rock & Jazzy Jay“It's Yours”を聴く(Spotifyを開く

渡辺:たしかに発明ですよね。

―渡辺さんはいかがですか?

渡辺:私も割と明確に覚えていて、自分が小学校5年生のときなので、1994か1995年くらいのときですね。当時、デトロイトに住んでいた叔父に、黒人の歌手が歌っている曲がすごくかっこいいと思うけど、これは何なんだろう? と話をしたら、「それは多分、R&Bだと思う」と教えてくれて。

映画の『天使にラブ・ソングを…』(エミール・アルドリーノ監督 / 1992年)がすごく流行ったときにも、そこで歌われる歌が、「J-POPとは全然違う音楽だ」と、荏開津さんと同じことを思ったんです。普段、テレビで流れる音楽や、歌い方とは全く違うから、「なんだこれは!」と衝撃を受けて。

渡辺志保(わたなべ しほ)<br>音楽ライター。広島市出身。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。これまでにケンドリック・ラマー、A$AP・ロッキー、ニッキー・ミナージュ、ジェイデン・スミスらへのインタヴュー経験も。共著に『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門」(NHK出版)などがある。block.fm「INSIDE OUT」などをはじめ、ラジオMCとしても活動中。
渡辺志保(わたなべ しほ)
音楽ライター。広島市出身。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。これまでにケンドリック・ラマー、A$AP・ロッキー、ニッキー・ミナージュ、ジェイデン・スミスらへのインタヴュー経験も。共著に『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門」(NHK出版)などがある。block.fm「INSIDE OUT」などをはじめ、ラジオMCとしても活動中。

渡辺:その叔父が日本に帰国したときにお土産にくれたCDがジャネット・ジャクソン(Janet Jackson)の『Janet』(1993年)と、ボーイズⅡメン(Boyz Ⅱ Men)の『Ⅱ』(1994年)っていうアルバムで。ただし、『Janet』はリリックがCDに添付されているブックに書いてあるけど、『Ⅱ』は書いてなくて。それでも一生懸命、プロデューサーの名前が載ったクレジットを歌詞と勘違いして読んでたんですよ(笑)。

ジャネット・ジャクソン『Janet』を聴く(Spotifyを開く

―(笑)。

荏開津:小学校5年生で! 早熟ですね!

渡辺:ただ、そこで「あれ?」と思って。2曲目も3曲目も同じことが書いてあることに気づいて、それが人の名前であることに気づいたという。そこで初めて、楽曲を作る人の名前を認知しました。

そのあと、CDを買い集めていくうちに、「自分の好きな曲には絶対にこの人の名前がある」っていうことがわかりはじめましたね。

ボーイズⅡメン『Ⅱ』を聴く(Spotifyを開く

渡辺:中でも、よく覚えているのはジャネットのプロデュースでも有名なジャム&ルイス(Jam & Lewis)と、ダラス・オースティン(Dallas Austin)なんですよ。私が好きな曲は全部、このダラス・オースティンが作っているなって。

そしたら、彼が安室奈美恵さんのシングル曲である“SOMETHING 'BOUT THE KISS”(1999年)をプロデュースして。そのあたりが初めて意識したプロデューサーの仕事かもしれないですね。

安室奈美恵『SOMETHING 'BOUT THE KISS』を聴く(Spotifyを開く

―プロデューサーを意識して、音楽の聴き方って変わりましたか?

渡辺:そうですね。自分の嗜好のひとつの指針がプロデューサーなんだなって認識しました。そのあと、R&Bやヒップホップにハマって過去の音楽とかを掘り下げるタームに入るんですけど、そのときに聴く楽曲を選別する基準のひとつになりましたね。自分の好きなプロデューサーの過去曲だとか、誰のリミックスだとか。

荏開津:ヒップホップは、曲によってはビートとラップだけですもんね。だから、プロデューサーが違うだけで、全く違う音楽になると思います。

極端な例ですが、2000年頃にいわゆるリリックを重視したヒップホップの動きがニューヨークやLA、ベイエリアでありました。タリブ・クエリやヤシン・ベイ(Mos Defとしても知られる)とかが出てきたシーンですね。その中でも優れたラップをしていたけど地味な存在だったJ-Tredsというアーティストのシングルを、DJ KENSEIさんやD.O.I.さんからなるインドープサイキクス(Indopepsychics)というグループが原曲と全く異なるリミックスをしたんです。多分、これからもっと評価が高まると思いますが、この“Praise Due”はエレクトロニカにも繋がるし、日本のヒップホップともいえなくもない、と思っています。

J-Tredz“Praise Due (Indopepsychics Remix)”を聴く(2011年 / Spotifyを開く

渡辺:ただ、私の場合は原体験が1994年だから、当時は日本においても小室哲哉さんらに大きなスポットが当たっていた時代で。だから、好きな曲の向こう側にはプロデューサーという存在がいるっていう意識は自然と植えつけられていたと思います。歌手とか演奏家じゃなくて、プロデューサーが音楽を作っている認識があったのは荏開津さんの時期と少し違うかもしれませんね。

Page 1
次へ

サービス情報

Spotify

・無料プラン
5000万を超える楽曲と30億以上のプレイリストすべてにアクセス・フル尺再生できます

・プレミアムプラン(月額¥980 / 学割プランは最大50%オフ)

プロフィール

荏開津広(えがいつ ひろし)

執筆 / DJ / 京都精華大学、東京藝術大学非常勤講師、RealTokyoボードメンバー。東京生まれ。東京の黎明期のクラブ、P.PICASSO、MIX、YELLOWなどでDJを、以後主にストリート・カルチャーの領域で国内外にて活動。2010年以後はキュレーション・ワークも手がけ、2013年『SIDECORE 身体/媒体/グラフィティ』より、ポンピドゥー・センター発の実験映像祭オールピスト京都ディレクター、日本初のラップの展覧会『RAP MUSEUM』(市原湖畔美術館、2017年)にて企画協力、Port Bの『ワーグーナー・プロジェクト』(演出:高山明、音楽監修:荏開津広 2017年10月初演)は2019年にフランクフルト公演好評のうちに終了。翻訳書『サウンド・アート』(フィルムアート社、2010年)、『ヤーディ』(TWJ、2010年)。オンラインで日本のヒップホップの歴史『東京ブロンクスHIPHOP』連載中。

渡辺志保(わたなべ しほ)

音楽ライター。広島市出身。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。これまでにケンドリック・ラマー、A$AP・ロッキー、ニッキー・ミナージュ、ジェイデン・スミスらへのインタヴュー経験も。共著に『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門」(NHK出版)などがある。block.fm「INSIDE OUT」などをはじめ、ラジオMCとしても活動中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。