millennium parade常田大希は個を突き詰め、花火を打ち上げる

millennium parade常田大希は個を突き詰め、花火を打ち上げる

2021/03/08
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:西田香織 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

東京から世界に自身を発信する。それは、個人的なものを突き詰めた先にある。

―今日、常田さんの口から「祈り」という言葉が何度か出てきていますよね。

常田:音楽は祈りみたいなものだと思います。実態もないしね。

―そこにある「祈り」の形って、きっと特定の神を崇めるのとも違いますよね。

常田:そうですね。「神に祈る」みたいな形というよりは、「身近な人の幸せを祈る」みたいな……俺からしたら、音楽はそういうものです。

常田大希

―曲を配置していくうえで、特に歌詞の面で、どのくらいアルバムを通してのストーリーを意識されているんですか? 

常田:ざっくりと全部繋がっているような構成にはなっています。それは最初から想定していたものというよりは、作りながら考えていったものですね。「この曲とこの曲は繋がっていて、ここで俺たちの視点に戻って……」みたいな。角度やシーンは、映画みたいにカットバックしていたり、いろんな差し込み方をしていたりするんですけど、ざっとストーリーは考えていました。

―そのストーリーは、こういう取材の場で語っていただくのは野暮ですか?

常田:きっと、ここで話さなくても伝わりますよ(笑)。音を聴いて、想像してくれたら伝わると思う。これから映像もアップされていくので、そこで回収されていくこともあるし。もちろん、1曲1曲の強度もあると思うから、全然、個々の楽曲で楽しんでくれてもいいし。

―そのうえで1つ聞くと、アルバムの最後は“FAMILIA”で締めくくられていますよね。この曲は、常田さんにとってはどんな意味を持つ曲なんですか?

常田:“FAMILIA”は、普遍的な愛と人生の讃歌であり、死から眺めた生……そういう曲だと思うんですけど。特に最近、自分が作るもののテーマはこういう感じが多くなってきたんですよね。この曲は、King Gnuも含めて、この何年か自分がやってきたことの行きついた場所にある曲だなと思います。

このアルバムのコンセプトにも通じていますけど、やっぱり自分のコミュニティ、家族、生と死……そういうものは、俺にとってすごく重要なもので。このプロジェクトでは、それが顕著に表れていると思うんですよね。俺1人では完結できないほどの規模のクリエイションにもはやなっているし。そういう意味でも、この曲がアルバムの最後にくるのは、一番しっくりきたんですよね。

millennium parade“FAMILIA”を聴く(Spotifyを開く

―常田さんにとって、「家族」というものは、どのようにして定義づけられるものですか?

常田:そうだな……やっぱり、「無償の愛」のようなものに行きつくんじゃないですかね。無償かどうかも意識しないほどの、自然な形の愛情。そういう境地。

常田大希

―Netflixオリジナルアニメシリーズ『攻殻機動隊 SAC_2045』の音楽も担当されるなど、millennium paradeはずっと「世界から見た東京」というテーマを掲げて活動されてきています。Spotifyも国内の音楽を海外に発信することに力を入れていますが、今回のアルバムも、そうしたテーマのうえで生まれているものなんですよね。

常田:そうですね。でも、東京だっていろんな人やカルチャーが入ってくる街だし、そのうえで、俺が影響を受けてきた宮崎駿や「COMME des GARÇONS」の川久保玲のように、個人的なものを突き詰めた先で、日本だろうが世界だろうが、堂々と立てていればいいかなと思うんですよね。

今回のアルバムに海外のメンツが参加しているわけではない、本当に個人的な、身近なコミュニティで完結させているものではあるので。そういう意味で自分たちのスタンスは、たとえば日本のロックバンドが海外のプロデューサーを立てて海外進出する、みたいなこととは全然違うんですよね。

millennium parade × ghost in the shell: SAC_2045“Fly with me”を聴く(Spotifyを開く

―世界であろうが日本であろうが、「個」として立てていることが重要というか。

常田:そういうことですね。

―そういう意味では、10曲目の“TOKYO CHAOTIC!!!”は、これまで常田さんがKing GnuやDaiki Tsuneta Millennium Parade(DTMP)で作られてきた楽曲をサンプリングしてインタールードを作っているじゃないですか。こうしてご自身の過去が総括的に入ってくる感じも、このアルバムがどこまでも常田さんの「個」に根差したものなんだっていうことを感じさせますね。

millennium parade“TOKYO CHAOTIC!!!”を聴く(Spotifyを開く

常田:これは……「なんか面白いかな」と思っただけなんですけどね(笑)。

―ははははは(笑)。

常田:まあ、今回のアルバムを作るうえで、自分の過去の作品も聴き返したんですよ。そうしたら、「昔から面白いものをブレずに作ってきたな」と自分で思えたんです。なので、こうやって過去の曲をザッピング形式で入れてみようと。これは、自分にとってはお守りのような感覚ですね。自分の過去がお守りになってくれればいいなと思ったんです。

millennium parade『THE MILLENNIUM PARADE』を聴く(Spotifyを開く

常田大希

Page 4
前へ

リリース情報

millennium parade
『THE MILLENNIUM PARADE』通常盤(CD)

2021年2月10日(水)発売
価格:3,300円(税込)
BVCL-1136

1. Hyakki Yagyō
2. Fly with me(Netflix Original『攻殻機動隊 SAC_2045』主題歌)
3. Bon Dance
4. Trepanation
5. Deadbody
6. Plankton
7. lost and found(『DIOR and RIMOWA』コレクションムービーテーマ音楽)
8. matsuri no ato
9. 2992(NHKスペシャル『2030 未来への分岐点』テーマ音楽)
10. TOKYO CHAOTIC!!!
11. Philip(『adidas CASUAL Collection 2020 Fall/Winter』)
12. Fireworks and Flying Sparks
13. The Coffin
14. FAMILIA(綾野剛主演映画『ヤクザと家族 The Family』主題歌)

[Blu-ray](完全生産限定盤・初回生産限定盤のみ)
millennium parade Live 2019@新木場Studio CoastからFly with me, Slumberland, Plankton, lost and foundの4曲&ミュージックビデオを収録。

プロフィール

常田大希(つねた だいき)

バンド「King Gnu」のメンバーとして活動するほか、音楽だけでなく映像やビジュアル、空間演出などトータルなクリエイティブを行うコレクティブであるPERIMETRON及び、海外に向けた活動を志向する音楽プロジェクトmillennium paradeとして活動。2021年2月10日、millennium paradeの1stアルバム『THE MILLENNIUM PARADE』をリリースする。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。