Spotify「Liner Voice+」アルバムにこだわり、作品の背景を伝える

Spotify「Liner Voice+」アルバムにこだわり、作品の背景を伝える

2021/03/03
インタビュー・テキスト
小林千絵
撮影:大畑陽子 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

第1弾アーティスト、aikoのインタビューで感じた手応え

―「Liner Voice+」をローンチするまでの過程にはどんな苦労があったんでしょうか?

芦澤:難しかったのはタイミングの合う作品を見つけること。アーティストの方がフルアルバムをリリースする頻度ってそんなに多くはないんですよね。多いアーティストでも年に1枚くらいのペースが基本で、今回のaikoさんで言えば、2年9か月ぶりです。特にここ1年はコロナ禍ということもあるのか、企画盤やリアレンジバージョンのアルバムなど、オリジナルアルバムではない作品を出すアーティストも多かったように思います。

またアーティストによっては、自身の作品を自分で語りたい方もいれば語りたくない方もいらっしゃいます。特に最近は、ファンに感想を委ねたいというアーティストや、ミステリアスな存在でいたいというアーティストも増えています。そうした点から、私たちが「Liner Voice+」で届けたいと思った音楽体験を提供できるタイミングや作品を探すのは大変でした。

芦澤紀子

―そんな中「Liner Voice+」の第1弾として、aikoさんの『どうしたって伝えられないから』がローンチされました。こちら、実際に出来上がったものを聞いてみていかがですか?

芦澤:相当深掘りして語っていただけたなという印象があります。曲の背景はもちろん、歌詞の細かい表現やメロディ、アルバム全体の構成が出来上がるまでのエピソード、さらにはaikoさんがずっと恋愛にこだわって曲を書いてきた理由まで話していただいて。アレンジャーの方との強い信頼関係を感じられるようなくだりもあったりして、ファンの人が「こんな裏話やトークを聴きたかった!」と思えるものになったんじゃないかなと思います。

aikoさんもすごく気さくに語ってくださり、聴いているとあっという間で、もっと聴きたいと思えるプレイリストに仕上がりました。

aiko『どうしたって伝えられないから』LinerVoice+を聴く(Spotifyを開く

―aikoさんはライブでのMCも人気ですし、aikoさんの話を聞きたいというファンのニーズも高いですよね。

芦澤:私もライブを観に行かせていただいたとき、ファンとのコミュニケーションの取り方に改めて驚かされたんです。もちろんファンの方はaikoさんのパフォーマンスを楽しみにライブに足を運んでいるとは思うのですが、それと同じくらいか、もしくはそれ以上にaikoさんとお話しするのを楽しみにされていて。

MCのブロックで、口々にaikoさんに話しかけるんですよ。aikoさんもそれに答えて、ステージ上でコミュニケーションが続いていて。それを目の当たりにしたときに、改めて「aikoのファンはaiko自身の言葉を聞きたいし、コミュニケーションを楽しみにしているんだろうな」と思いました。「Liner Voice+」で、そのお手伝いができたらうれしいです。

―今回の場合はインタビュアーとの会話形式ですが、この形式は今後も継続予定ですか?

芦澤:その予定です。そうでなくてはいけないと決めたわけではないですが、そのほうがいろいろな話が引き出せるのかなと考えていて。1人しゃべりだとどうしても自分の言いたいことを話して完結してしまったり、他でも聞いたことのあるようなエピソードで終わってしまったりすることが多いと思うのですが、この「Liner Voice+」は「ここでしか聞けない深いエピソードを引き出す」というのがコンセプトなので。

実際、aikoさんもインタビューを担当された音楽ライターの内田正樹さんとの会話の中で「なるほど」と、ご自身では気付いていなかったことに気付かされたこともあったようですし、作品が第三者にどう解釈されるかによって引き出されるコメントもあったんじゃないかと思います。また、この『Kompass』と連動して、インタビューを担当した方による記事も読めるようになっています(参考記事:aiko、恋が彩る日々と心模様を歌い続けて。23年目の歌の現在地)。記事では今後も、音声コメントでは入りきらなかったエピソードに触れたり、インタビューを経た上でアルバムを解説してもらったりする予定です。

Page 2
前へ 次へ

サービス情報

Spotifyプレイリストシリーズ「Liner Voice+」

ニューアルバムをアーティスト本人の語りと共に楽しむ音声インタビュー入りプレイリスト。アルバムに込めた想いや制作エピソードを深く掘り下げ、より多角的に作品を堪能できる機会を提供する。

プロフィール

芦澤紀子(あしざわ のりこ)

ソニーミュージックで洋楽・邦楽の制作やマーケティング、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)で「PlayStation Music」の立ち上げに関わった後、2018年にSpotify Japan入社。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。