Spotify「Liner Voice+」アルバムにこだわり、作品の背景を伝える

Spotify「Liner Voice+」アルバムにこだわり、作品の背景を伝える

2021/03/03
インタビュー・テキスト
小林千絵
撮影:大畑陽子 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

2021年3月3日にリリースされたaiko待望のニューアルバム『どうしたって伝えられないから』。Spotifyでは、本作とともに新たなプレイリストシリーズ「Liner Voice+」を公開した。

アルバムに込めた思いや、制作時の出来事について、アーティストにインタビューし、その肉声をアルバム収録曲とともに聴くことができるプレイリスト「Liner Voice+」。「いつでもどこでも聴ける」以上の、包括的な音楽体験の提供を推進しているという担当部門責任者の芦澤紀子に話を聞いた。

ストリーミング上で「アルバム」を聴いてもらうために。新サービスに込めた思い

―最初に「Liner Voice+」とはどういうものなのか教えていただけますか?

芦澤:今回Spotifyがローンチした新しいプレイリストシリーズの名称です。簡単に説明すると、アルバムに焦点を当て、そのアルバムがどのような思いを込めて作られたのか、どのような制作過程を経てリリースに至ったのかというストーリーを、アーティスト自身の言葉で掘り下げたインタビュー音声入りのプレイリストです。

―アルバム全曲のトラックに、アーティストのインタビュー音声が全曲分挟まっている形のプレイリストという認識でしょうか?

芦澤:はい。形としてはそうなんですが、ストリーミングサービスの場合はシャッフル再生という聴き方もありますので、シャッフルで聴いても成り立つように、音声コメントは「次の曲は~~」というよう形にはしていません。曲名を言ってから始めるようにするなど、どんな曲順で聴いても楽しめるよう工夫しています。

芦澤紀子(あしざわ のりこ)<br>ソニーミュージックで洋楽・邦楽の制作やマーケティング、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)で「PlayStation Music」の立ち上げに関わった後、2018年にSpotify Japan入社。<br>写真は、2019年12月撮影。
芦澤紀子(あしざわ のりこ)
ソニーミュージックで洋楽・邦楽の制作やマーケティング、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)で「PlayStation Music」の立ち上げに関わった後、2018年にSpotify Japan入社。
写真は、2019年12月撮影。

―音声コメントはそれなりに長いものだそうですね。

芦澤:これまでもボイスコメント入りプレイリストはありましたが、どちらかというと楽曲の紹介コメント的なものが多かったです。この「Liner Voice+」では、アルバムのテーマや楽曲制作の背景を深掘りしたインタビューや、ここでしか聞けないエピソードなどで構成されています。

―「アーティスト本人の言葉」にたどり着いたのはどういった思いからだったんですか?

芦澤:アーティストが自身の言葉で語る強さってなににも代え難いんですよね。もちろん文字でもファンには届くと思いますが、ファンは「アーティストの声で聴きたい」という欲求を持っているんじゃないかと。実際にアーティストのボイスコメント入りのプレイリストやビデオコメント入りのプレイリストは、再生回数も多く、ファンからのニーズが高いんです。

SpotifyはSNSで簡単にプレイリストを共有できるので、ファンのコミュニティも盛り上がりますし、アーティストもそうした反応を目にすることができる。このようにソーシャルメディアと連動してファンとコミュニケーションを図り、共感を広げることができるのも、ストリーミングの醍醐味の1つです。

Spotifyはパーソナライズしたリスニング体験やレコメンデーションを通じて新たなお気に入りの曲やアーティストとの出会いを提供できるサービスですが、同時に、一度興味を持ったリスナーがアーティストの本質に触れ、より長期的なファンへと関係性を強化するお手伝いができたらと常々考えています。こうした理由から、作品の世界観をより深く伝えられるプレイリストがあると面白いんじゃないかなと思いました。

―中でもアルバムに焦点を当てたのはどうしてですか?

芦澤:アーティストがアルバム制作にかける想いや比重はすごく大きいと思うのですが、最近ではプレイリストで音楽を楽しむという聴き方が普及したこともあり、楽曲単位で聴かれることが主流になってきたと感じます。

実際に1曲1曲配信していくアーティストが増えていますし、プレイリストで新しい音楽との出会いは比べものにならないくらい広がった一方で、「アルバム」という作品単位で音楽を体験する楽しさを伝えるにはどうしたらいいかと。そこでプレイリストというフォーマットを利用して、今までにない長さと深さのあるインタビューを入れるのがいいのではないかという結論に至りました。

―ストリーミングサービスならではのやり方でアルバムを聴いてもらえるのが「Liner Voice+」なんですね。

芦澤:はい。あと、ストリーミングサービスでヒットする曲は、ロングテールで聴かれ続ける傾向にあります。だからシングルとして単曲で配信されたあと、アルバムの収録曲として改めてリリースされたときに、その曲に込められた思いや制作エピソードなどの解説が加わることで、曲がまた違って聞こえてくると思うんです。そうやってより長くその曲を楽しんでもらえたらいいなという思いもあります。

またストリーミングサービスの特性である、「好きなときに好きなだけ何回でも繰り返し聴くことができる」という点も活かせたらいいなと思っていて。1度聴いて終わり、ではなく、アルバムの楽曲とともにいつでも何度でも楽しめるコンテンツであるということで、ファンにもアーティストにも重宝されるものになればいいなと思っています。

Page 1
次へ

サービス情報

Spotifyプレイリストシリーズ「Liner Voice+」

ニューアルバムをアーティスト本人の語りと共に楽しむ音声インタビュー入りプレイリスト。アルバムに込めた想いや制作エピソードを深く掘り下げ、より多角的に作品を堪能できる機会を提供する。

プロフィール

芦澤紀子(あしざわ のりこ)

ソニーミュージックで洋楽・邦楽の制作やマーケティング、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)で「PlayStation Music」の立ち上げに関わった後、2018年にSpotify Japan入社。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。