Nulbarich×Vaundy対談 曲作りに秘められた頭脳戦

Nulbarich×Vaundy対談 曲作りに秘められた頭脳戦

2020/11/24
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

二人が考える、「ヒット曲」と「名曲」の違い

―今日、おふたりに少し大きめの質問を持ってきたんですけど。おふたりにとって、「名曲」の定義ってどういうものですか?

JQ:Vaundyくんは「いまのヒット曲を分析している」と言いましたけど、僕は、名曲って「あとから」でいいと思っているんですよ。そのときに流行っているものというよりは、こすり倒されたあとで、「これ、やっぱりいい曲だよね」となればいいのかなと思う。「ヒット曲」と「名曲」って、僕は違うと思うんですよね。たくさんの人に聴かれることは「ヒット」だけど、名曲って別にたくさんの人に愛されることが定義じゃないと思うから。

Vaundy:そこは、僕もそう思っています。今この時点で「名曲か」を判断するのって難しいんですよね。僕たちが死ぬときに残っていたら、それが名曲というか。

JQ:そうだよね。長く「愛された」曲が名曲なんだと思う。長く「使われた」曲じゃなくてね。

Nulbarichのライブ写真 / 撮影:本田裕二
Nulbarichのライブ写真 / 撮影:本田裕二

Vaundy:僕は、どちらかというと名曲を作りたいんです。今は、そのための準備をしている段階で、名曲を作るためにヒット曲を勉強しているんです。やっぱり、世に残るには数字が残ることも大事だし。

JQ:たしかにね。名前がないとその名曲も多くの人に伝わらないし、残らなくなってしまうから。

Vaundy:だから、名曲って難しいですよね。僕が今やっていることは、あくまでも「ヒット曲」を作るという趣向だけど、でも、その先に「名曲」を作らなければいけない。ヒット曲って理に適っているというか、今、世に出ているヒット曲たちも、研究すれば「ここのボイシングが気持ちいいんだな」とか、「ここがキーフレーズだな」とか、わかることはたくさんある。でも、名曲ってわからないんですよね。デヴィッド・ボウイの“Heroes”(1977年)や“Life on Mars?”(1971年)をどれだけ聴いて研究しようとしてみても、意味がわからないんです。勉強しようと思って聴いても得ることのできない「なにか」がある。Nulbarichもそうなんですよね。研究して聴きましたけど、やっぱりわからない部分があって。Nulbarichは、「名曲派閥」ですよね?

デヴィッド・ボウイ“Heroes”を聴く(Spotifyを開く

デヴィッド・ボウイ“Life on Mars?”を聴く(Spotifyを開く

JQ:ははははは(笑)。

Vaundy:ヒット曲を作ろうとしているバンドもいれば、名曲を作ろうとしているバンドもいる。でも、Nulbarichはヒット曲も出したうえで、名曲も作っているからすごい。ヒット曲として必要な要素も持ったうえで、いかにそのアーティストが自分の色を出せるかによって、「使われる曲」になるか、「愛される曲」になるかの違いが生まれてくるような気もします。それは、曲単体で聴かれるか、アーティストとして聴かれるかの違いにもつながってくると思うし。

Vaundyのライブ写真 / 撮影:Takeshi Yao
Vaundyのライブ写真 / 撮影:Takeshi Yao

Vaundy:Nulbarichは、ヒット曲を生み出しながらも、そこに自分の色をちゃんと織り交ぜることができている。僕もそうなれればいいなと思います。まだ、そこに行きつけていないので。曲ごとの統一感は求めていないんですけど、アイデンティティのあるサウンドを作れるようになりたいです。

Page 4
前へ 次へ

リリース情報

Nulbarich
『ASH feat. Vaundy』

2020年10月28日(水)配信

1. ASH feat. Vaundy
2. ASH feat. Vaundy(n-buna from ヨルシカ Remix)

イベント情報

『Nulbarich Live Streaming 2020 (null)』

2020年12月22日(火)
開場19:30 / 開演20:00

出演:
Nulbarich
Vaundy

料金:3,500円(税込)
視聴券販売期間:11月21日(土)12:00 〜 12月28日(月)19:00

サービス情報

Spotify

・無料プラン
6000万を超える楽曲と40億以上のプレイリストすべてにアクセス・フル尺再生できます

・プレミアムプラン(月額¥980 / 学割プランは最大50%オフ)
3ヶ月間無料キャンペーン中

イベント情報

『Spotify presents Tokyo Super Hits Live 2020』

2020年11月26日(木)20:00からStreaming+で生配信

出演:

Perfume
End of the World
[Alexandros]
ビッケブランカ
Vaundy
マカロニえんぴつ

料金:3,500円

プロフィール

Nulbarich
Nulbarich(なるばりっち)

シンガーソングライターのJQがトータルプロデュースするバンド。ソウル、ファンク、アシッドジャズなどをベースにした音楽性が特徴で、メンバーは固定されず、そのときどきに応じてさまざまな演奏形態に変化する。2016年6月にタワーレコードおよびライブ会場限定の1stシングル「Hometown」、10月には1stフルアルバム「Guess Who?」をリリース。その後は積極的なライブ活動を行いながら、「H.O.T」「Blank Envelope」の2枚のアルバムを発表した。2019年11月にミニアルバム「2ND GALAXY」をリリース。12月にはバンド史上最大キャパとなる埼玉・さいたまスーパーアリーナでワンマンライブ「Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-」を開催する。2020年10月にはVaundyとのコラボ曲「ASH feat. Vaundy」を配信リリース。カップリングのリミックスは、ヨルシカのn-bunaが手がけた。

Vaundy
Vaundy(ばうんでぃー)

作詞作曲からアレンジまでを自身で担当し、アートワークのデザインや映像もセルフプロデュースする20歳のマルチアーティスト。2019年秋頃からYouTubeに楽曲を投稿し始め、「東京フラッシュ」「不可幸力」のYouTubeでの再生回数が1500万回を突破するなどSNSを中心に話題を集める。2020年5月に、Spotify Premium のテレビCMソング「不可幸力」やFODオリジナルドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌「灯火」などを収めた1stアルバム「strobo」を発表。10月には東京・Zepp Haneda(TOKYO)にて自身2度目となるワンマンライブを開催した。そのほかラウヴのグローバルリミックスアルバム「~how I'm feeling~(the extras)」に参加するなど、日本のみならず海外に向けての活動も積極的に行っている。11月3日には初のアナログ盤「strobo+」をリリース。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。