三原勇希にとってのランニング 自己肯定感を高め、心身を健康に

三原勇希にとってのランニング 自己肯定感を高め、心身を健康に

インタビュー・テキスト
小林千絵
撮影:持田薫 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

人は、なぜ走るのか。本来、つらいはずの「ランニング」の魅力を、モデル、タレントの三原勇希にインタビュー。フルマラソンの大会への出場や、ヨガを積極的に行う三原にとってワークアウトの価値とは。田中宗一郎とともに『三原勇希×田中宗一郎 POP LIFE: The Podcast』のホストを務め、音楽好きとしても知られる三原に、自分だけのワークアウト用プレイリストをAIによって自動で作成するサービス『Soundtrack Your Workout』を使用してもらった。音楽とランニングの関係から、ランニングによってどう自身が変化したかまでを伺った。

三原勇希(みはら ゆうき)<br>タレント / ラジオDJ。1990年生まれ。大阪府出身。愛読していたティーン向けファッション雑誌『ニコラ』のイベント会場にてスカウトされ13歳でモデルとしてデビュー。
三原勇希(みはら ゆうき)
タレント / ラジオDJ。1990年生まれ。大阪府出身。愛読していたティーン向けファッション雑誌『ニコラ』のイベント会場にてスカウトされ13歳でモデルとしてデビュー。

走ってるときって感覚の純度が高いので、普段と違う音楽の聴こえ方がするんです。

―自分の音楽傾向から、自動でプレイリストを作成する『Soundtrack Your Workout』を使用して作られたプレイリストを早速、聴いてもらっていますが、いかがですか? 三原さんは条件として「60分」「ランニング」「自分ひとりで」「踊るように動く」「ヒップホップ / ダンス」を選ばれました。

『Soundtrack Your Workout』を使用して作成された三原勇希のランニングプレイリスト

三原:16曲のうち知ってる曲は2曲くらいで、ほとんど知らない曲なんですけど、好みがバレてる感じがします(笑)。これまでのSpotifyのAI系プレイリストみたいに、ある程度自分が聴いている曲もあるのかなと思っていたんですけど、知らない曲ばっかりで。出会いが多いのはうれしいですね。

―今ざっと聴いた中で気になる曲はありますか?

三原:リコ・ナスティーはもともと好きで聴いてたんですけど、この“IPHONE”って曲は聴いてなかった! リコ・ナスティーってパンクラップとかメタルラップって言われたりもするんですけど、このプレイリストに入ってくるのは意外で面白いですね。あとProspa“Ecstasy (Over & Over)”。アーティストも曲も知らなかったんですけど、だんだんアガっていく曲の構成はランニングと相性がよさそう。しかも配置されているのがプレイリストの後半で。ワークアウトをしていて一番しんどい時間なので、このタイミングで入ってくるのはブースターとしてすごくいいですね。

自分だけのワークアウト用プレイリストを自動的に作成するサービス『Soundtrack Your Workout』のトップページ。ワークアウトの種類や時間、気分などを設定すると、これまでの音楽聴取の傾向からAIが自動で作成する。
自分だけのワークアウト用プレイリストを自動的に作成するサービス『Soundtrack Your Workout』のトップページ。ワークアウトの種類や時間、気分などを設定すると、これまでの音楽聴取の傾向からAIが自動で作成する。(サイトを見る

―曲順も重要なんですね。

三原:はい。このプレイリストもそこまで考えられてるんですかね? すごい! なんかちょっと悔しいです(笑)。

―あはは(笑)。

三原:ストリーミングのリコメンド機能、最初はすごく嫌だったんです。そんなのない時代から音楽を聴いていて、自分でディグするのが好きだったから、「お前に私のなにがわかるんだ!?」みたいな(笑)。けど結局その機能で好みの音楽に出会えることも多くて。特にSpotifyはその精度が高いので、悔しいけど助かっています。

―このプレイリストは、実際に走りやすそうですか?

三原:すごくよさそうです。ランニング用のプレイリストで大事なことはテンションとかテンポ感が揃っていることだと思うんですけど、ちゃんと揃っていて。しかもトラップや歌もののヒップホップと歌がない四つ打ちのバランスがよくて、飽きないしうるさくない。私、「ランニング用のプレイリスト作ってください」っていうお仕事がちょこちょこあるんで、これだけ性能がいいと私の仕事が奪われて困りますね(笑)。

―それこそテンションやテンポを揃えたり、聴いていて飽きないものを入れたりと、気を配ることが多い分、自分で作るのは大変そうですもんね。

三原:自分で作ると本当に時間がかかるんですよ。BPMも揃えたいし、流れもこだわっちゃって。なので、こんな一瞬で作ってくれるのは魅力的です。しかも気分とかによって変えられるわけですよね。いろいろ変えてまた作ってみたいです。

三原勇希

―ちなみにご自身がプレイリストを作るときはどんな流れを意識されていますか?

三原:最初は気持ちよく走り出せそうな、軽快で明るめな曲。まずは曲に気分を乗せてもらうような気持ちですね。で、気分が乗ってきて足が動くようになってくるあたりからはわりとテンションが一定の曲を続けて。キツくなってくる後半にはわかりやすく歌詞で励ましてもらえるような応援ソングや、アガる曲を。長距離のときは、最後はスタジアム感のあるロックなどでフィナーレ感を演出したりもします。

―走るときの気分やテンションって、聴く音楽によってけっこう左右されるものなんですか?

三原:めちゃくちゃ左右されます。走ってるときって感覚の純度が高くなってるというか、音楽や言葉や景色の浸透率が高くなっているんです。流し聴きしているときとは全然違う聴こえ方がするんですよ。

―走ってるときは、それこそ聴き流しているような感覚なのかと思っていました。

三原:逆なんです。走ってることを忘れるくらい、音楽に集中できるんです。だから聴きたい新譜がリリースされたら「これを聴くために走ろう」ということもあるし、お仕事で番組にゲストを迎える前には、その人たちの曲をランニングしながら聴くことも多いです。普段の「ながら聴き」だと、スマホいじったり、色々と雑念が入ったりするじゃないですか。あと歌詞を確認したくなったり。それも必要ないくらい、歌詞も入ってくるし、しっかり聴けるんです。

―感覚が研ぎ澄まされるんですね。

三原:あとは景色との相乗効果が生まれたりもしますね。たとえば海沿いを走るときにはそれっぽいプレイリストを作ると、さらにより気持ちよく走れたり、今だったら夏っぽく、スティールパンが鳴っている曲とかレゲエを入れてみたり。あと雨の日のプレイリストも作ってるんですけど、それを雨の日に走りながら聴くと、最強になった気分で走れます(笑)。環境全部を利用して最大限に音楽を楽しんでいます。

―先ほど「踊るように動く」を選んでましたけど、自分で作るときもそういう選曲が多い?

三原:そうですね。なんなら走りながら踊っちゃってます。クラブにいるときみたいな感じで、手とか動いてます。ランニング中は「全身で音楽を聴く時間」という感じですね。

『Soundtrack Your Workout』では、ワークアウトの気分も選択できる。三原は迷わずに「踊るように動く」を選択した。
『Soundtrack Your Workout』では、ワークアウトの気分も選択できる。三原は迷わずに「踊るように動く」を選択した。

Page 1
次へ

サービス情報

『Soundtrack Your Workout』

日頃聴いている音楽の傾向を踏まえ、自分だけのワークアウト用プレイリストを自動的に作成するサービス。サイト上でワークアウトの種類や所要時間、運動の強度、なりたい気分、誰と運動するかなどの質問に回答し、自身のSpotifyと同期することで、プレイリストが作成される。

『三原勇希×田中宗一郎 POP LIFE: The Podcast』

プロフィール

三原勇希(みはら ゆうき)

タレント/ラジオDJ。1990年生まれ。大阪府出身。愛読していたティーン向けファッション雑誌『ニコラ』のイベント会場にてスカウトされ13歳でモデルとしてデビュー。その後、tvkテレビ神奈川「sakusaku」で4代目MCを務めるなど様々な番組に出演。 現在は音楽、スポーツ、ファッションと多才多趣味を活かし、テレビ・ラジオ・雑誌・Podcast・コラム執筆などマルチに活躍中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。