Nulbarich×Vaundy対談 曲作りに秘められた頭脳戦

Nulbarich×Vaundy対談 曲作りに秘められた頭脳戦

2020/11/24
インタビュー・テキスト
天野史彬
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

棘のある部分が残っていく。プロデューサー同士の楽曲のやりとり

JQ:思い返せば、最初はこっちからかなり失礼な投げ方をしたもんね(笑)。僕が最初にVaundyくんに送ったのって、メロディーのガイドもない、本当に大まかなループのインストだったんですよ。

Vaundy:ビックリしましたよ(笑)。最初にJQさんからもらったトラックは、本当に「聴き専」というか、大まかなリズムとキーがループしているだけのトラックで。でも、それがよかったんですよね。もし、JQさんがゼロからイチを既に作ってしまっていたら、僕ができることはほとんどなかったと思うんですけど、お互いがゼロとゼロでぶつかり合うところから始められたのがよかった。

Vaundyのライブ写真 / 撮影:Takeshi Yao
Vaundyのライブ写真 / 撮影:Takeshi Yao

JQ:そうだね、こっちとしては先入観なしでVaundyくんのメロディーを作ってほしかったから。そうしたら、Vaundyくんはなにも言わずに丸っきりトラックも作り直して、メロを入れてきたという(笑)。やっぱりクリエイトする人って、小さな種からでも想像力が沸くもので。僕らは、ひとつ音源のデータがあると、そこから「俺だったらこうする」とか「こっちのほうがいいんじゃない?」みたいな想像が膨らんでいくものなんですけど、Vaundyくんも膨らんだんでしょうね。完全に別曲が返ってきたんですよ。

―先輩から送られてくる音源をほとんど別曲に変えるというのは、勇気がいりそうな気もします。

Vaundy:正直、一発目は自分でも「やったなあ」と思いました(笑)。

一同:(笑)

Vaundy:自分でも「これ、失礼だよな、出しゃばりすぎだよな」と思うくらい、かなり踏み込みました。JQさんにもらったトラックにはサビがなかったんです。でも僕は聴いていたら、サビで盛り上げる曲が好きなサビ主義者だから、どうしてもサビが欲しくなってきて。せっかくのコラボだから爪痕を残したいなというのもあり(笑)、コード進行から丸っきり変えて、ちょっとエグいのを返しました。

JQ:でも、サビを入れて満足したんでしょうね。Vaundyくんから返ってきたトラックには、当初予定していた、彼が入れるべきヴァースが入っていなくて、肝心のサビのあとが全然入っていなかったんです(笑)。

Nulbarichのライブ写真 / 撮影:岸田哲平
Nulbarichのライブ写真 / 撮影:岸田哲平

一同:(笑)

Vaundy:僕もあとで気づきました、「ヤバい、やるべき仕事やってない!」って(笑)。

JQ:でも、そこでVaundyくんが入れてくれた、サビの<灰にして>という言葉が刺さってきたんですよね。これは僕からは生まれてこなかったものだなと思って。なので、Vaundyくんが作ったサビを残したうえで、僕がもう1回作り直して、完成させていきました。改めて、棘がある部分が残っていくんだなと思いましたね。ざるにかけたときに、角があって荒いものが、ざるから零れずに残っていく。Vaundyくんが作ってくれた<灰にして>という部分は、ちゃんと棘として残ったし、そこが結果として、この曲の一番のパンチラインになった。

―歌詞も、<灰にして>というフレーズを起点に広がっていったんですか?

JQ:そうですね。お互い特に相談せずに、<灰にして>というサビの歌詞をそれぞれ消化したうえで、自分のヴァースの歌詞を書きました。共有したのは、「シリアスにはなりたくないよね」っていう、ざっくりとした全体像くらい。だから、下手したらそれぞれの書いている部分に共通点もなくて。

Nulbarich“ASH feat. Vaundy”を聴く(Spotifyを開く

Vaundy:お互いの歌詞にはまったく言及していないですからね。僕が書いた部分は結構、ドロッドロの感じがしているんですけど(笑)。もし、一緒にちゃんとしたテーマを決めて書こうとしていたら、この曲はできていなかったかもしれないです。僕らはお互い、韻やメロディーを優先して歌詞を書くタイプだからよかったけど、どちらかが歌詞の意味をきっちり吟味するタイプだったら、この作り方は無理だった。この曲の歌詞は、お互いが書いた部分でつじつまは合っていないかもしれないけど、2人の視点から見た“ASH“があり、二面性のある曲だとも言える気がしますね。

JQ:「ASH」という言葉自体、すごくアバウトなものだからね。相手の情報も知らないし、楽曲の向かう先も知らないし、超アバウトな情報しかなかったからこそ、お互いがフルスイングして創造力を働かせたことで、神がかったケミストリーになったんだろうなと思う。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

Nulbarich
『ASH feat. Vaundy』

2020年10月28日(水)配信

1. ASH feat. Vaundy
2. ASH feat. Vaundy(n-buna from ヨルシカ Remix)

イベント情報

『Nulbarich Live Streaming 2020 (null)』

2020年12月22日(火)
開場19:30 / 開演20:00

出演:
Nulbarich
Vaundy

料金:3,500円(税込)
視聴券販売期間:11月21日(土)12:00 〜 12月28日(月)19:00

サービス情報

Spotify

・無料プラン
6000万を超える楽曲と40億以上のプレイリストすべてにアクセス・フル尺再生できます

・プレミアムプラン(月額¥980 / 学割プランは最大50%オフ)
3ヶ月間無料キャンペーン中

イベント情報

『Spotify presents Tokyo Super Hits Live 2020』

2020年11月26日(木)20:00からStreaming+で生配信

出演:

Perfume
End of the World
[Alexandros]
ビッケブランカ
Vaundy
マカロニえんぴつ

料金:3,500円

プロフィール

Nulbarich
Nulbarich(なるばりっち)

シンガーソングライターのJQがトータルプロデュースするバンド。ソウル、ファンク、アシッドジャズなどをベースにした音楽性が特徴で、メンバーは固定されず、そのときどきに応じてさまざまな演奏形態に変化する。2016年6月にタワーレコードおよびライブ会場限定の1stシングル「Hometown」、10月には1stフルアルバム「Guess Who?」をリリース。その後は積極的なライブ活動を行いながら、「H.O.T」「Blank Envelope」の2枚のアルバムを発表した。2019年11月にミニアルバム「2ND GALAXY」をリリース。12月にはバンド史上最大キャパとなる埼玉・さいたまスーパーアリーナでワンマンライブ「Nulbarich ONE MAN LIVE -A STORY-」を開催する。2020年10月にはVaundyとのコラボ曲「ASH feat. Vaundy」を配信リリース。カップリングのリミックスは、ヨルシカのn-bunaが手がけた。

Vaundy
Vaundy(ばうんでぃー)

作詞作曲からアレンジまでを自身で担当し、アートワークのデザインや映像もセルフプロデュースする20歳のマルチアーティスト。2019年秋頃からYouTubeに楽曲を投稿し始め、「東京フラッシュ」「不可幸力」のYouTubeでの再生回数が1500万回を突破するなどSNSを中心に話題を集める。2020年5月に、Spotify Premium のテレビCMソング「不可幸力」やFODオリジナルドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌「灯火」などを収めた1stアルバム「strobo」を発表。10月には東京・Zepp Haneda(TOKYO)にて自身2度目となるワンマンライブを開催した。そのほかラウヴのグローバルリミックスアルバム「~how I'm feeling~(the extras)」に参加するなど、日本のみならず海外に向けての活動も積極的に行っている。11月3日には初のアナログ盤「strobo+」をリリース。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。