崎山蒼志と長谷川白紙のメール問答 交感する戯れのような言葉たち

崎山蒼志と長谷川白紙のメール問答 交感する戯れのような言葉たち

編集
山元翔一(CINRA.NET編集部)

崎山蒼志という音楽家がAbemaTV『日村がゆく』への出演によって、まさに「発見」されてから約2年。彼の紡ぐ音と言葉には、未だ大きな謎が横たわっている。

我々は、昨年10月に発表された2ndアルバム『並む踊り』でコラボレーションを果たした君島大空、諭吉佳作/menの感性と眼差し、そして言葉を通じて、その解明し得ない音楽の実態に肉薄しようと対談記事を作成してきた。このテキストは、その一連の試みの終着地点である。

今回、直接対談は叶わなかったものの、編集部と音楽評論家・s.h.i.からの質問に加え、崎山と長谷川が相互に用意した質問をそれぞれに投げかけ、二人に回答してもらった。以下は、そのメールインタビューの全文である。

崎山蒼志(さきやま そうし)<br>2002年生まれ静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV『日村がゆく』の「高校生フォークソングGP」に出演。独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また当時15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。2019年10月30日に2ndアルバム『並む踊り』をリリース。
崎山蒼志(さきやま そうし)
2002年生まれ静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV『日村がゆく』の「高校生フォークソングGP」に出演。独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また当時15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。2019年10月30日に2ndアルバム『並む踊り』をリリース。

長谷川白紙(はせがわ はくし)<br>1998年生まれ、音楽家。2016年頃よりSoundCloudなどで作品を公開し、2017年11月インターネット上でフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』、2018年12月10代最後に初CD作品『草木萌動』、2019年11月に1st AL『エアにに』をリリース。知的好奇心に深く作用するエクスペリメンタルな音楽性ながら、ポップ・ミュージックの肉感にも直結した衝撃的なそのサウンドは、新たな時代の幕開けをも感じさせるものに。2020年5月歌と鍵盤演奏のみで構成された弾き語りカバー集『夢の骨が襲いかかる!』を発表。
長谷川白紙(はせがわ はくし)
1998年生まれ、音楽家。2016年頃よりSoundCloudなどで作品を公開し、2017年11月インターネット上でフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』、2018年12月10代最後に初CD作品『草木萌動』、2019年11月に1st AL『エアにに』をリリース。知的好奇心に深く作用するエクスペリメンタルな音楽性ながら、ポップ・ミュージックの肉感にも直結した衝撃的なそのサウンドは、新たな時代の幕開けをも感じさせるものに。2020年5月歌と鍵盤演奏のみで構成された弾き語りカバー集『夢の骨が襲いかかる!』を発表。

崎山蒼志“感丘(with 長谷川白紙)”を聴く(Spotifyを開く

長谷川白紙による、崎山蒼志“旅の中で”のカバーを聴く(Spotifyを開く

崎山蒼志と長谷川白紙は、お互いの音楽をどのように受け取っているのか?

CINRA.NET編集部:お二人それぞれに質問です。お互いの音楽を聴いて、心や頭の中、感情がどんなふうに刺激されますか?

崎山:長谷川さんの音楽を聴いているとき、ありとあらゆる感度が高まりすぎて泣いてしまったという経験があります。長谷川さんの音楽は僕の感情のキャパを飛び越えていって、もっと感覚的な部分で感動を与えてくれるのです。僕がそういった状態になる要因として、長谷川さんの音楽の未聴覚であるのに美しいという部分、詩と音楽の同期性の高さが挙げられる気がします。

詩と音楽の同期性の高さについて、“o(__*)”の<目が百倍なの>のところはものすごくそれを感じました。それらはすごいと思う点でもあるのですが、ここでまたすごいと思う点をあげるとするならば長谷川さんが作るトラックや和音の響き・進行です。絶対に自分ではできないな(作れないな)と思います。

長谷川白紙“o(__*)”を聴く(Spotifyを開く

長谷川:ギターの高速カッティングや声の豊かな変質など、崎山さんのシグネチャー的な音は全て高速(=単純に「はやさ」の面や、その変化の豊かさ、またある種の唐突さ)で動き続けるのにその形を全く失わない、モチーフや変化の仕方などの全てに確固たる方向性と連続性があるのがすごすぎるなと思っています。

崎山蒼志“烈走”を聴く(Spotifyを開く

長谷川:それは音楽において究極的な形のひとつだと考えていますが、それを担保しているのが強固な身体であるという点はちょっと通常考えられないのではないかと。とんでもない速度で動くのにあるべき場所でぴたっと止まる国家予算級のミニ四駆(100個)です。どういうことでしょうか。初めて“柔らかな心地”を浜松で聴いたときは手を叩いて笑ってしまいました。オーネットではありませんが、来るべき音楽の形、ここに来れり、です。そう確信しました。

崎山蒼志“柔らかな心地”を聴く(Spotifyを開く

長谷川:また崎山さんの詞は、見るという行為自体をメタに捉えていると考えています。それは個人的に共感を覚える点でもありながら、崎山さんの作品の中でも特に卓越した精度で行われている点です。物事の記述とその感想というある種のテンプレートから身体的に自然に逸脱しているのが、いつ見ても鮮やかだなあと思います。

CINRA.NET編集部:お互いの表現の在り方、音楽についてどのような感想を抱いていますか?

崎山:長谷川さんの作品は今後未来を駆けていくものだと思っています。同じ音楽家としての客観的な目線からも同世代を生きる音楽リスナーとしての主観的な目線からも、この今長谷川さんの作品を実際の速度感で体感できているのが非常に嬉しいです。

長谷川:崎山さんの存在は端的に奇跡的だと思います。ギターと歌というシンプルなスタイルの中に到底シンプルではない色々な様式の破片がちりばめられているようで、その接続は本当に本当に見事です。音楽的なものも含め非常に多くの情報に迅速に、等価にアクセスできるようになったこの時代において、楽器と歌のみでデータベースとその統合を感じさせるようなアーティストは稀有だと考えています。

CINRA.NET編集部:相手に対して、何かシンパシーを感じるようなことはありますか?

崎山:小笠原鳥類さんが好きだということにシンパシーを感じています。

長谷川:内的な欲求といたずら心の配合のバランスに勝手にシンパシーを感じています。

Page 1
次へ

リリース情報

崎山蒼志『並む踊り』
崎山蒼志
『並む踊り』(CD+DVD)

2019年10月30日(水)発売
価格:3,000円(税込)
SLRL-10046

[CD]
1. 踊り
2. 潜水(with 君島大空)
3. むげん・(with 諭吉佳作/men)
4. 柔らかな心地
5. 感丘(with 長谷川白紙)
6. 夢模様、体になって
7. 烈走
8. 泡みたく輝いて
9. Video of Travel

[DVD]
1. ドキュメント「崎山蒼志 LIVE 2019 とおとうみの国」
2. 「国」ミュージックビデオ

長谷川白紙『エアにに』
長谷川白紙
『エアにに』(CD)

2019年11月13日(水)発売
価格:2,530円(税込)
MMCD20032

1. あなただけ
2. o(__*)
3. 怖いところ
4. 砂漠で
5. 風邪山羊
6. 蕊のパーティ
7. 悪魔
8. いつくしい日々
9. 山が見える
10. ニュートラル

長谷川白紙
『夢の骨が襲いかかる!』

2020年5月29日(金)配信

1. Freeway
2. 旅の中で
3. LOVEずっきゅん
4. 光のロック
5. セントレイ
6. シー・チェンジ
7. ホール・ニュー・ワールド

プロフィール

崎山蒼志
崎山蒼志(さきやま そうし)

2002年生まれ静岡県浜松市在住。母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。2018年5月9日にAbemaTV『日村がゆく』の高校生フォークソングGPに出演。独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また当時15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。2018年7月18日に「夏至」と「五月雨」を急きょ配信リリース。その2か月後に新曲「神経」の追加配信、また前述3曲を収録したCDシングルをライヴ会場、オンラインストアにて販売。12月5日には1stアルバム『いつかみた国』をリリース、併せて地元浜松からスタートする全国5公演の単独ツアーも発表し、即日全公演完売となった。2019年3月15日にはフジテレビ連続ドラマ『平成物語』の主題歌「泡みたく輝いて」と明治「R-1」CM楽曲「烈走」を配信リリース。10月30日に2ndアルバム『並む踊り』をリリースした。

長谷川白紙
長谷川白紙(はせがわ はくし)

1998年生まれ、音楽家。2016年頃よりSoundCloudなどで作品を公開し、17年11月インターネット上でフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』、18年12月10代最後に初CD作品『草木萌動』、19年11月に1st AL『エアにに』をリリース。知的好奇心に深く作用するエクスペリメンタルな音楽性ながら、ポップ・ミュージックの肉感にも直結した衝撃的なそのサウンドは、新たな時代の幕開けをも感じさせるものに。20年5月歌と鍵盤演奏のみで構成された弾き語りカバー集「夢の骨が襲いかかる!」を発表。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。