西寺郷太が感じたPodcastの可能性 新しい発見との出会いを求めて

西寺郷太が感じたPodcastの可能性 新しい発見との出会いを求めて

インタビュー・テキスト
村上広大
撮影:鈴木渉 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

NONA REEVESの西寺郷太がパーソナリティーを務めるSpotifyオリジナル『西寺郷太のGOTOWN Podcast』が2020年4月11日にスタートした。本番組では、「インプット・アウトプット」をテーマに音楽や映画、さらには政治は歴史に至るまでさまざまな領域を跨ぎながらトークを繰り広げていくという。この新たな発信の場を通じて、西寺自身はなにを成し遂げようとしているのだろうか。

西寺郷太(にしでら ごうた)<br>1973年東京生まれ京都育ち。早稲田大学在学時に結成したバンド「NONA REEVES」のシンガー、メイン・ソングライターとして、1997年デビュー。以後、音楽プロデューサー、作詞・作曲家としても少年隊、SMAP、V6、YUKI、鈴木雅之、岡村靖幸、私立恵比寿中学などの多くの作品、アーティストに携わる。日本屈指の音楽研究家としても知られ、近年では特に80年代音楽の伝承者としてテレビ・ラジオ出演、雑誌連載など精力的に活動。<br>写真は、2020年1月のインタビューで撮影されたもの
西寺郷太(にしでら ごうた)
1973年東京生まれ京都育ち。早稲田大学在学時に結成したバンド「NONA REEVES」のシンガー、メイン・ソングライターとして、1997年デビュー。以後、音楽プロデューサー、作詞・作曲家としても少年隊、SMAP、V6、YUKI、鈴木雅之、岡村靖幸、私立恵比寿中学などの多くの作品、アーティストに携わる。日本屈指の音楽研究家としても知られ、近年では特に80年代音楽の伝承者としてテレビ・ラジオ出演、雑誌連載など精力的に活動。
写真は、2020年1月のインタビューで撮影されたもの(参考:西寺郷太が語る創作の楽しさ 異分野を繋ぐことで生まれる化学反応

西寺郷太がPodcastに感じた可能性

―『西寺郷太のGOTOWN Podcast』は、どのような経緯でスタートしたのでしょうか?

西寺:3年くらい前、僕がMCを務めている『WOWOWぷらすと』というトーク番組に、タナソウ(田中宗一郎)さんと宇野維正さんがゲストでいらっしゃったんです。そのときにSpotifyをめちゃくちゃオススメされて。「郷太さん、今後の展開を考えれば絶対に、Spotifyにするべきだ」と。MacやiPhoneのユーザーなんで自然な流れでApple Musicを利用してたんですが、2人がそこまでいうのであればということでメインに使いはじめたんです。僕は信頼してる人に熱く勧められたものはすぐ取り入れる主義なので(笑)。

もちろんストリーミングのユーザーとしての利便性だけでなく、自分はこの新しいツールを使って音楽を伝えてゆく立場にならなければいけない、という責任感のようなものもありました。僕がかつて小林克也さんや湯川れい子さん、渋谷陽一さんなどのメディアでの発信やライナーノーツを読んで歴史の流れを理解したように、僕の世代もポップミュージックの文脈を解説し、繋いでゆく必要がある。それで、当初はSpotifyとレコード会社のワーナーとライトな協力をしながらプリンスのプレイリストを作成し紹介するようなことをしていました。

『GOTA's Favorite / PRINCE』プレイリストを聴く(Spotifyを開く

西寺:そこから、Spotifyとダイレクトな接点を持てるようになったのが1年くらい前ですかね。Spotify Japanのオフィスに呼んで頂いて。社長や若いスタッフのみなさんと話す機会があったんですけど、「『プリンス論』読みました」とか「郷太さんがセレクトしたプリンスのプレイリストでハマりました」とか、めちゃくちゃ大歓迎してくれて。TBSラジオでマンスリーで出演させてもらっている宇多丸さんの『アフター6ジャンクション』や、先述の『ぷらすと』、各種執筆を含め僕が音楽を伝えてゆく作業に響いてくれている方が多くてうれしかったですね。

その後、Spotifyの方から「公式Podcastをやりませんか?」という話があったのが2019年の末くらい。僕からするともう万々歳、嬉しい仕事で。ちょうどその直前にタナソウさんの『POP LIFE: The Podcast』にゲストとして呼んでいただいたことがあったんですけど、もしかしたらそれがお試しだったのかもしれないなと思っています。

3月末まで一年間、NHK-FMで『ディスカバー・マイケル』というマイケル・ジャクソンを掘り下げる番組のMCを担当していたんですけど。

―最近、NHKの「編成局長賞特賞」に選ばれた、とツイートされていましたね。

西寺:まさにそうなんです。8月末に書籍化も決まったんですが。一番嬉しいのは、それこそ吉岡正晴さんに紹介してもらったサム・クックやナット・キング・コールから、高橋芳朗さんに解説していただいた現在のザ・ウィークエンドやジャネール・モネイまで、長い歴史を辿る構成だったにも関わらず10代、20代の新しい層からの支持も得たことです。かなり骨太な番組でしたが、丁寧に伝えれば広い世代に伝わる、そしてそこが評価されたことが嬉しくて。ただ、今回の『GOTOWN Podcast』は、もう少し縦横無尽にいろんなジャンルについて話したり聞いたりしていきたいですね。

―音楽や映画といったカルチャーの話だけでなく、多彩なテーマを扱うと伺っています。

西寺:コロナの状況があってしばらくはリモートで収録することになったので、昔からの友人、和田唱君や小宮山雄飛君の登場回が続きました。気心知れた彼らとのトークは安心なので(笑)。

小宮山雄飛が登場した『西寺郷太のGOTOWN Podcast』第7回を聴く(Spotifyを開く

西寺:ただ、その流れでつい先日、ミネアポリスでの「ジョージ・フロイド事件」の直後に、ワシントンD.C.在住の翻訳家・押野素子さん、L.A.在住のヒップホップ・ジャーナリスト塚田桂子さんにもZoomで登場してもらい、現地の声を伝えてもらうことも実現しました。オファーを出した翌日に収録ができて。感動しましたね。コロナ禍がなければ、少なくとも東京、D.C.、L.A.の三人で顔を見ながら話す、という収録は思いつかなかったと思うので。東京が午前中だと、西海岸のL.A.は夜、東海岸は深夜になろうか、というタイミングで意外に繋ぎやすいことも判明して。Podcastはこうした機動性があり、時間の制限もなく、アーカイブも残ります。生の声を伝えることに非常に相性がいいメディアだと思っているので、お二人からも引き続きお話を聞きたいですし、世界中のいろんなジャンルの人と会話できるなと本当に楽しみで。

翻訳家・押野素子さん、ヒップホップジャーナリスト・塚田桂子さんが登場した第9回の収録の様子
翻訳家・押野素子さん、ヒップホップジャーナリスト・塚田桂子さんが登場した第9回の収録の様子

『西寺郷太のGOTOWN Podcast』第9回を聴く(Spotifyを開く

―来てほしい人は具体的に決まっているのでしょうか。

西寺:第1回で『ヒプノシスマイク』(以降、『ヒプマイ』)を取り上げたんですけど、その続きとして僕が楽曲提供し、共作した木村昴くんには来てほしいですね。僕よりも全然若いんですけど、ヒップホップやラップのルーツをすごく大切にする男なので、いろんな話が聞けるんじゃないかなと思っています。ほかには草野球リーグが一緒のピエール瀧さんとか(笑)。瀧さんをこの前グランドで誘ったら「いいよ」っていってました(笑)。

あとは政治の話もしたいなと思っています。連載している雑誌『BRUTUS』では元「新党さきがけ」代表代行の田中秀征さんと少し前に対談させてもらったんですが、『GOTOWN Podcast』でまたお話を伺いたいな、と思ってます。新聞社に政治記者の仲間もいるので。

政治の話って、第2次世界大戦以降の歴史や選挙制度の変遷など細かい部分を紐解いていかないと話せないことが多くて。なんでもかんでも5分で簡単に解説したり、Twitterで140文字で書いて説明できるものではなくて。でも、Podcastで分割しながら2時間くらい話せれば、伝わることも多々あると思うんですよね。

―時間もまさにそうですが、Podcastだからこそのメリットがありますよね。

西寺:今ってすべてのメディアが時間の奪い合いになっているんですよね。どんな時代になっても、一人に与えられた1日24時間という事実は変わらないわけで。通勤、通学したり、料理したり、散歩したり、湯船に浸かったり、ジョギングしたりすると同時に、自由な時間に耳を傾けることができるPodcastは強い気がして。

しかもSpotifyであれば世界中のどこにいても聴ける。世界に向けた番組なわけです。いろんな可能性があると思っています。

あと、第5回に来てくれたTRICERATOPSの和田唱くんとのマイケル、ビートルズ談義であったり、次回の曽我部恵一さんがゲストの回にも思うんですけど、ミュージシャン同士の飲み会を盗み聞きしている感じというか(笑)。そうやって、ラジオよりもカッチリしすぎないのがPodcastのよさですね。

『西寺郷太のGOTOWN Podcast』第5回を聴く(Spotifyを開く

『GOTOWN Podcast Playlist: 和田唱が選ぶトライセラ、ソロから、西寺郷太が選ぶノーナ、ギターポップ・セレクション』を聴く(Spotifyを開く

Page 1
次へ

リリース情報

『西寺郷太のGOTOWN Podcast』

NONA REEVESの西寺郷太がパーソナリティを務めるSpotifyオリジナル・ポッドキャスト。西寺自身が「インプット・アウトプット」をテーマに掲げ、音楽はもちろん、政治、歴史、映画、書籍など自由自在なトークを展開。テーマにちなんだゲストを招き、深く知る話を展開(アウトプット)しつつも、ゲストを迎えて新たな視点を吸収(インプット)。リスナーの興味・知識をくすぐる番組を目指している。

プロフィール

西寺郷太(にしでら ごうた)

1973年東京生まれ京都育ち。早稲田大学在学時に結成したバンド「NONA REEVES」のシンガー、メイン・ソングライターとして、1997年デビュー。以後、音楽プロデューサー、作詞・作曲家としても少年隊、SMAP、V6、YUKI、鈴木雅之、岡村靖幸、私立恵比寿中学などの多くの作品、アーティストに携わる。日本屈指の音楽研究家としても知られ、近年では特に80年代音楽の伝承者としてテレビ・ラジオ出演、雑誌連載など精力的に活動。マイケル・ジャクソン、プリンスなどの公式ライナーノーツを手がける他、執筆した書籍の数々はベストセラーに。代表作に小説『噂のメロディー・メイカー』(扶桑社)、『プリンス論』(新潮新書)など。現在「文藝春秋digital」にて半自伝的小説『'90s ナインティーズ』他、多数メディアで連載中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。