山口百恵と松田聖子 二人に通底する、歌詞と人生の相互作用

山口百恵と松田聖子 二人に通底する、歌詞と人生の相互作用

テキスト
栗原裕一郎
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

歌謡曲というのは、作詞家と作曲家、編曲家が作った楽曲を歌手が歌うというのが、基本のかたちである。所属事務所やレコード会社が、どう売り出すか戦略を立ててコンセプトを練り、それにそって作家たちに発注されて、楽曲は出来上がってくる。

だから歌詞は、歌手の経験や感情、内面や思想を映したものではない。歌詞に、歌手個人にまつわる、あるいは歌手個人を思わせる要素があったとしても、それは、作詞家が歌手本人やメディアから得たイメージやインスピレーション、事務所などから耳打ちされたインフォメーションに基づいたものに留まるケースがほとんどだろう。

だがこの事実は、歌詞を考える上ではむしろ好都合だったりする。歌の作者と歌手が同じであるシンガーソングライターやバンドの場合、歌詞の主人公と作者を同一視してしまうトラップにはまりがちだが、歌謡曲ではその落とし穴があらかじめ塞がれているからだ。

ある歌手が築いた世界観とは、作り手サイドが生身の彼や彼女に着想しあてがおうとしたフィクションを、彼や彼女が演じ、聴衆やメディアが受け留め、その反応が、彼や彼女自身およびフィクションに変化を及ぼし……といった複雑な相互作用の連鎖で出来上がっていった虚像である。平岡正明の言葉を借りれば、「歌謡曲は作り手、歌い手の角逐のなかに、聴衆の欲望という巨大な第三者を吸引する」ものなのである(『完全版 山口百恵は菩薩である』2015年 / 講談社)。

ストリーミング配信が解禁されたばかりの山口百恵は、引退してから今年で40年になる。また、百恵と入れ替わるように登場した松田聖子のデビュー40周年にもあたっている。歌謡曲を代表するこの二人の世界観を、歌詞に注目してたどってみようというのがこの記事の主旨だ。歌詞を紹介しながら、それぞれのフィクションがどう変遷していったかを見ていきたい。

『This Is 山口百恵』プレイリストを聴く(Spotifyを開く

カバー写真が松田聖子の『My Generation: '80s』を聴く(Spotifyを開く

ジャケットから山口百恵の笑顔を消した、千家和也の歌詞

日本テレビのオーディション番組『スター誕生!』で準優勝を勝ち取った山口百恵の所属事務所はホリプロ、レコード会社はCBS・ソニーに決まった。CBS・ソニーの担当プロデューサーは酒井政利。歌手・山口百恵のコンセプトは酒井によって作られた。

酒井はすでに手掛けていた南沙織への手法を応用して「私小説」というコンセプトを立てた。14歳という年齢に見合った等身大の「私」を歌わせようという狙いだが、しかしそれは生身の百恵とは無縁の、まったくのフィクションだった。作詞には千家和也、作曲には都倉俊一が起用された。

だが、恋に憧れる少女の心理を歌ったデビュー曲“としごろ”は期待ほどヒットせず、2曲目“青い果実”で早くも軌道が修正された。「私小説」性を残しつつ、「青い性」が主題に据えられることになった。

あなたが望むなら
私何をされてもいいわ
いけない娘だと
噂されてもいい

“青い果実”は話題になり、そこそこのヒットを記録した。話題の大半は下世話な興味だっただろう。1973年当時、14歳の女の子がこの歌詞を口にすることは衝撃的な出来事だった。

山口百恵“青い果実”を聴く(Spotifyを開く

百恵は引退後に出版した手記『蒼い時』(1980年 / 集英社)にそのときの気持ちをこう書いている。最初は「こんな詩、歌うんですか」と拒絶していたが、メロディーに乗せて歌ったとたん、好きになっていたというのだ。

「確かに歌として見た場合、きわどいものだったのかもしれないのだが、歌うにつれ、私の中で極めて自然な女性の神経という受け入れ方ができるようになっていた。(中略)私は、歌と一緒に成長してきたといっても過言ではない」。

「青い性」路線は、<あなたに女の子のいちばん / 大切なものをあげるわ>と歌った5枚目のシングル“ひと夏の経験”でピークを迎え、以降、百恵に与えられる歌詞は悲恋の色が強くなっていく。同時にジャケット写真から笑顔が消える。不倫関係を思わせる「あなた」から身を引く「私」を歌った“ささやかな欲望”(10枚目)がとりわけ目を引くが、当時16歳だったことを思えば、虚構が行き過ぎた感があった。

山口百恵“ひと夏の経験”を聴く(Spotifyを開く

山口百恵“ささやかな欲望”を聴く(Spotifyを開く

この流れの中で“冬の色”(7枚目)は<清らかな恋>を歌った異質な佳曲だ。もっとも<幸せのほしくない / ぜいたくな恋は>という謎めいたフレーズに続いて「死」という言葉が飛び出したりしてどこか不穏さが残る。千家の曲では“パールカラーにゆれて”(14枚目)も捨てがたい。

山口百恵“冬の色”を聴く(Spotifyを開く

山口百恵“パールカラーにゆれて”を聴く(Spotifyを開く

Page 1
次へ

リリース情報

「This Is 山口百恵」プレイリスト

サービス情報

Spotify「シンガロング」機能
Spotify「シンガロング」機能

歌詞を表示して歌の世界観を味わったり、ボーカル音量をおさえて好きな曲を一緒に歌うこともできる。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。