蜷川実花の生き方と『FOLLOWERS』。ブレずに歩み続ける覚悟

蜷川実花の生き方と『FOLLOWERS』。ブレずに歩み続ける覚悟

インタビュー・テキスト
後藤美波(CINRA.NET編集部)
久野剛士(CINRA.NET編集部)
撮影:下屋敷和文 編集:矢島大地(CINRA.NET編集部)

東京で暮らす女性たちの姿を描いたNetflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』。2月から世界190カ国で配信されている本作は、成功した写真家と売れない若手女優を中心にストーリーが繰り広げられる。それぞれの立場で悩みや葛藤を抱えながらも力強く生きる2人の女性の人生が、SNSを通じて交錯していく。

このたび初めてドラマシリーズを監督した蜷川実花は、「サバイブ」という言葉を使って、自身の生き方を表現する。昔から世間の風当たりが強かったという彼女が、それでも大人は楽しいよと軽やかに伝えられるまでに至った心境を語ってくれた。

東京生まれ、東京育ちには、上京をきっかけにした成長ストーリーがない。そんな人たちが東京でどうサバイブするのかを描きたかった。

―今回、蜷川さんはNetflixで作品を制作するのは初めてですよね。この『FOLLOWERS』を制作されるにあたって、どういうことを考えられましたか。

蜷川:私や周りの友人たちは、地上波よりもNetflixのような動画配信を見ることのほうが多くて。私自身もNetflixをいつも見ていたので馴染みがあるし、最初にお話が決まったときはシンプルにうれしかったです。でも、自分が見ていた作品たちと同じ棚に並ぶと思うと、恐ろしさも感じました。そうしたプレッシャーはなかったとはいえないですね。

―Netflixだからこそ、意識されたこともありますか?

蜷川:自分のクリエイションにブレーキをかけなかったことですね。たとえば今回は、2つの選択肢があったら常に挑戦的なほうを選べるチームでした。ドラマで描いている女性像は、私の価値観が色濃く入っているので、配信されたら賛否は分かれるだろうと予想していましたし、保身のためにブレーキをかけようかなという思いがよぎることもありました。

ただ、それなら私がやる意味がないし、Netflixである意味もないだろうなと思ったんです。だから、普段自分が思っていること、自分や自分の周囲にいる人々の価値観を取り入れて物語を作っていきました。あまり「こういう人たちに向けて作ろう」とかは、考えないようにしたんです。

蜷川実花<br>写真家、映画監督。
蜷川実花
写真家、映画監督。

蜷川:しかも今作は190カ国で配信されるので、ターゲットが広すぎて、もはやどこに絞っていいかわからない。190カ国で見られるということによって、「こういう人に向けて作ろう」といったマーケティング的な視点を、いい意味で捨てられたと思います。もちろん、Netflixだからこそ途中で離脱されないテンポのよさだったり、次のエピソードを見てもらう工夫だったりは意識しましたけど。

―物語の舞台は東京です。「東京」とひと言でいっても、人の数だけ東京のイメージはあると思います。周囲の人の価値観を取り上げたとおっしゃいましたが、具体的に蜷川さんはどんな東京を描きたかったのでしょうか。

蜷川:東京が描かれる作品にはいくつかの型がありますが、その代表的なものが、地方から出てきた主人公が東京でさまざまなことを経験するという上京ストーリーだと思います。ただ、東京にもともといる人間には、そうした成長ドラマはないんですよね。

そんな中で、東京をどうサバイブしていくか。それはそれでかえって難しい部分があって。私自身も、東京に生まれて東京で育っているので、そういう人が作る空気感のドラマにしたいと思いました。その一方で「こんな生活、東京のほんの一部分じゃん」みたいな声がいつも脳内で聞こえてはいたんですけど、自分の中のリアリティーとか、その中で感じる葛藤だったりを信じて作っていましたね。

 

 

―今回、Corneliusやスーパーカーなどの楽曲が物語の重要な場面でインサートされるのが印象的でしたが、東京を描くときに「音楽」も大きな要素のひとつになっていたんでしょうか。

蜷川:使用する曲は1990年代の曲をベースに考えていました。それは自分自身の青春時代の楽曲でもありますし、リミ(中谷美紀)がなつめ(池田エライザ)たちの年代だったときに聴いていた音楽なんじゃないかと想像していて。

さらにいえば、「東京」を感じられるアーティストの中でも、特に世界の人々に聴いてもらって自慢できるようなアーティストたちの楽曲でもある。なにより、私自身が大好きなので、彼らの曲で実際にプレイリストを作って、それを聴きながら脚本も書いたし、撮影現場にも通いました。だから1年間、あの曲たちと一緒に過ごしていた気がします。

Spotifyでプレイリスト『Followers』を聴く(Spotifyはこちら

―自分の生活と作品が、音楽を通じて密接に関わっていったと。

蜷川:そうですね。さらに衣装も私の服がかなり入っています。そもそもフォトグラファー(中谷美紀が演じるリミ)の話で、私の業界とも近しいので、すごく現実と作品の世界がリンクしていて。ドラマ撮影中も、週に2回くらいはフォトグラファーの仕事をしていたので、ドラマの世界と現実の境界線がよくわからなくなってきたんです。

パーティーシーンも普段からパーティーでよく見かけるインフルエンサーの人たちを呼んだり、クラブのシーンも、実際にクラブで遊んでいた人たちに声をかけて撮影に呼んでいたり。だから、メゾンのパーティーに行くと、さっきまで一緒に撮影していた人たちがそこにもいて「さっきはどうも」みたいに挨拶していましたね(笑)。

―ドラマと現実の境界がわからなかったというのは、逆に言えば、ご自身が感じている街の空気をそのまま表せた実感があると。

蜷川:そうですね。だから、リアリティーがあるといえばそうですし、私としては現実とフィクションの境界がかなり絡まり合っていましたね。


『FOLLOWERS』より。東京タワーを中心に、都市とそこに生きる人々が描かれる
『FOLLOWERS』より。東京タワーを中心に、都市とそこに生きる人々が描かれる

Page 1
次へ

番組情報

『FOLLOWERS』
Netflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』

Netflixで世界190カ国独占配信中
監督:蜷川実花
出演:
中谷美紀
池田エライザ
夏木マリ
板谷由夏
コムアイ
中島美嘉
浅野忠信
上杉柊平
金子ノブアキ
眞島秀和
笠松将
ゆうたろう
ほか

プロフィール

蜷川実花(にながわ みか)

写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。映画『さくらん』(2007)、『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』(2019)監督。映像作品も多く手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年、Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年、台北の現代美術館(MOCA Taipei)にて大規模な個展を開催し、同館の動員記録を大きく更新。2017年、上海で個展「蜷川実花展」を開催し、好評を博した。2018年熊本市現代美術館を皮切りに、個展「蜷川実花展—虚構と現実の間に—」が全国の美術館を巡回中。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事就任。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。