ズーカラデルの歌が掬う、世間のカテゴライズに押し殺された声

ズーカラデルの歌が掬う、世間のカテゴライズに押し殺された声

2020/02/17
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:山川哲矢(Showcase)

何かに属しているようで、何にも属せていないような感覚がある。だからこそ、生活の範囲で人に見過ごされても自分が大事だと思うものを歌いたい。

―“前夜”を作る時に見た発電所はきっと、周囲の人のために一生懸命動いていただけだし、それが悪だなんて思っていなかったはずだと。

吉田:そう。「あなたはそんな気持ちで動いてたわけじゃなかったよね?」っていう気持ちが大きくなって、それで書いたのが“前夜”なんです。あの発電所はきっと誰かのためになりたい一心だったはずだよな、まさか自分が悪だなんて思ってなかったよなって考えたら、たまらなくなってきて。だけどそれによって被害に遭われた人がいるのもわかっていたから、直接的に言うのは難しいと思って。<革命家が指をさす その方角に誰もが目を凝らす><作戦通り獣を放つ>……自分が気持ち悪いなと思ったことが言葉になって出てきた曲ではありますね。

―今日ここまで話していただいたことがそのまま表れている話だと感じます。

吉田:僕はずっと小さい頃のことを覚えてるんですけど、タンスに足をぶつけた時に、「痛い!」って言いながらとっさにタンスのほうをさすったことがあるんですよ(笑)。別にドラマチックなことでも優しさの話でもなんでもないんですけど、なんて言うんだろうな……そんなつもりじゃなかったのに、ただそこに存在しているだけなのに、悪にされたり勝手にカテゴライズされたりして、そのまま声を上げられないものに対する感情移入というか。

……結局自分の話はそこに戻るんだな(笑)。それが歌になってるんだなって改めて実感できた気がします。

―そういうご自身にとって、今の世の中はどういうふうに見えますか。たとえば物事を正しいか正しくないか、白か黒かだけで判断したり、間違いや進歩の過程に寛容でいられない風潮はどんどん強まっていると思うんですよ。新たな価値観や生き方を受け入れようという表層の動きと、人が人に行う動作があまりに乖離している世界で。

吉田:それはまさに僕も考えてしまっていて。それこそ、今まで見過ごされてきた人たちの声を掬い上げようとする流れは強まってますよね。たとえばLGBTQの方々に対して「みんな同じ人間だよ」っていう価値観を世間としてちゃんと持ち始めて、本来あるべきフラットな関係性を築いてる最中だと思うんですけど。それに、それはもちろん素晴らしいことだとも思う。

ただ、その流れにまだ追いつけなくて「価値観が古い」とされている人をいとも簡単に攻撃する声もたくさん聴こえてくる。人が成熟していく過程で自然に生まれ得るものだとは思いつつ……人ってそもそも、あっちに行ってこっちに行ってを繰り返して成長していくものだとは思うんですよ。でも、その過程で新しく攻撃や差別が生まれていたら嫌だなって。大らかでいたいよなって思うことはとても多くなりましたね。それが直接的に歌に出ているのか、今のところ客観視するのは難しいんですけど。

―だからこそ、この歌を出発点にして、どうやったらまず自分の世界を大事にして愛することができるのかを考えられる人は多いと思うんです。世界のことも、どこかの誰かのことも、今ここと繋がっているものだと思うから。

吉田:そうだといいなって思います。人はそれぞれ、好きなことをやって生きていくものだと思うんです。誰もが何かの勢力に属しているようでありながら、その実、個々でやっていることは違うじゃないですか。そのグラデーションの中に、自分もポツンと存在しているような。何かに属しているようで、何にも属せていないような感覚がある。だからこそ、自分の生活の範囲で人に見過ごされても自分が大事だと思うものを歌いたいし、聴いてくれる人もそういう気持ちでいてくれたらいいなって。

僕もね、Rage Against The Machineみたいに社会を揺るがすことができたらいいなって思う時もあるんですよ。でも、抗いたいものがあるってことも、元をたどればたったひとつのこと――敵を作って反抗する以前に、ぼやっとしていたとしても生活の中にこそ大事なものがあるっていうことに繋がってるから。社会の勝手なカテゴライズとかに対する心の中の中指も自覚してるけど、それを示すより先に、どんなにしょうもなくてもここに存在しているっていう美しさをまっすぐに歌うことが、結果として一番強いことなんじゃないかなって思うんですよ。

左から:鷲見こうた、吉田崇展、山岸りょう

Page 4
前へ

リリース情報

ズーカラデル『ズーカラデル』
ズーカラデル
『ズーカラデル』(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,546円(税込)
PECF-3235

1. 花瓶のうた
2. イエス
3. 漂流劇団 – NY mix
4. リトル・ミス・ストレンジ
5. 春風
6. 生活
7. ウェイティングマン
8. 恋と退屈 – NY mix
9. 青空
10. 光のまち
11. アニー
12. 前夜

プロフィール

ズーカラデル
ズーカラデル

左から:鷲見こうた(Ba)、吉田崇展(Vo,Gt)、山岸りょう(Dr)。札幌発のロックバンド。2015年、吉田崇展が中心となって「吉田崇展とズーカラデル」を結成。2017年9月に1stミニアルバム『リブ・フォーエバー』を発売し、改名。2018年に現体制となり、2ndミニアルバム『夢が醒めたら』を発売。2019年7月10日、1stフルアルバム『ズーカラデル』を発売。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。