ROTH BART BARON×田中宗一郎 2020年代を僕らはどう生きるか?

ROTH BART BARON×田中宗一郎 2020年代を僕らはどう生きるか?

2019/11/20
ROTH BART BARON『けものたちの名前』
インタビュー・テキスト・編集
山元翔一(CINRA.NET編集部)
撮影:木村篤史

左から:三船雅也、田中宗一郎

日常のあらゆる行為が悲劇に繋がりうる社会で、我々はどのように生きていくべきか

―GEZANのマヒトさんも、同じ話をしてくれたなと思って聞いていました(関連記事:GEZANマヒトが我々に問う。新しい世界の入り口で社会を見つめる)。

田中:今の世の中って、本当にどこにも安心できる逃げ場所がないんですよ。必ず罪が追いかけてくる。雑誌を作っていたときは、わざわざ森林伐採して作られた紙を使いながらも、意義がある本を作ろう、と思っていた。でも、インターネットだったら森林伐採しないでいいわけじゃん、とも思うわけじゃないですか。

CDも作れば作るほどプラスチックを使うわけでしょ? プラスチックを燃やしたらダイオキシンが出るし、再利用もできない。だったらストリーミングのほうがいいじゃんって思うわけです。でも、このストリーミングなりインターネットを成り立たせる基盤のためになにが行われているのかを考えると、「あ、ここもダメだな」って(笑)。

左から:三船雅也、田中宗一郎

田中:だからこそ、ここ20年間、ずっとやってきたのは、とにかく必要以上にシリアスにはならない、エモーショナルにはならない、普段から自分を責めてるようには他人を責めない、なにがあってもヘラヘラ笑う、ただ現実がどこに向かおうとしているのかについてはしっかりと見つめ続けるというスタンスなんですね。だから、こういうチャランポランなキャラになっていかざるをえない(笑)。

―ポッドキャストでも言っていましたよね。「エモくなっちゃダメ、シリアスになっちゃダメ」って。

『三原勇希 × 田中宗一郎 POP LIFE: The Podcast #021』を聴く(Spotifyを開く

田中:とにかく軽快に朗らかに、グルーヴィーに毎日を進めてく、そういうトーン&マナーを自分にずっと課していかないとやっていけないんですよね。だから、感情的になるのはすごく嫌なの(笑)。ただ特に音楽っていうのは、他のアートフォームよりも感情に直接訴えかける要素が強いからさ、三船くんはまだエモーショナルであることの可能性は捨ててはないでしょ?

三船:そうです。エモーションの場所は取っておいてあります。それは人間の要素としてあるべきものだから、ネガティブな感情も受け入れる器はいつも用意していて。でももちろん、エモーショナルになるだけでは突破できないステージもある。その一方で日本人には、よくも悪くも「エモさは正義」みたいなところがあるんだよね。

ROTH BART BARON“屋上と花束”を聴く(Spotifyを開く

田中:ただ、ROTH BART BARONの音楽自体、もともとすっごくエモいよね(笑)。でも今作は、これまでと比べて、いわゆるエモーションとは違うフィーリングの割合が増えたレコードではあるでしょ?

三船:そうですね、パーセンテージは減って、人間のエモーションに左右されないようになった感じはあるかもしれない。それはちょっとタナソウさんのスタンスに近いかも。

左から:三船雅也、田中宗一郎

ROTH BART BARON“TAICO SONG”を聴く(Spotifyを開く

「あと数か月で2020年代が始まるってときに、『怖いけど目をつぶって飛び込んでみない?』って音楽で提示できたら楽しいなって」(三船)

―今作を聴くと、だんだん世の中からゆとりがなくなって、それこそ「けもの」じゃないですけど、精神的にも貧しい世界が広がっている現実をほんのりと突きつけられる。でも一方で、タナソウさんが言ったように鼓舞される部分もあって。今作の構成するエモーションというと、成分的にどういうものかお聞きしたくて。

三船:「人のことを思う」っていう感覚は確かにあるんだよね。自分の時間とか心のスペースを他人のために割いてあげることーーそれはきっと、アンパンマンが自分の体の一部を分けてあげる感覚に近いもので。そういうことは想像力がないとできないよね。だからやっぱり想像力は大事。

あと実際、ヘビーな現実が圧倒的に襲いかかって来ているから。「人のことを考えてる余裕なんてねえよ」って思ってる人はたくさんいるだろうし、だからこそよりフィジカルな欲求にみんなが向かうのはわかるんだよね。

田中:経済的に困窮しているからこそ逆に、自分の幸せを担保するものが経済的な基準でしかなくなっているよね。2008年のリーマンショック以降、貧富の格差が拡大したアンバランスな社会に我々は暮らしているわけだけど、じゃあ18世紀、19世紀、20世紀はどうだったかを考えると、酷さの形が違っただけでずっとアンバランスなのよ。そこで虐げられた人がたくさんいて、それを懸命に是正しようとした人々がいたことには変わりはない。戦国時代でもなんでもいいけど、かつてはレイシストと殺人者しかいなかったわけだから。

三船:そこから何百年しか経ってないからね。

左から:田中宗一郎、三船雅也

田中:若い人は陥りがちなんだけど、今の時代だけがあまりにも荒みすぎていると捉えるのは違うと思う。歴史に目を向けると、今とは全然違う荒み方が常に存在しているんです。ある部分においては、確実に世界はよりよい方向に進化してもいる。

だからこそ、100年前の問題、200年前の問題と比べたときに、なにが原因で今こうなっているかを冷静に分析して、そこからの課題を抽出すべきだと思う。なにより、この先が見えない社会のあり方をただネガティブに受け取って内面化するのは、絶対によくない。

三船:そうだね。でも一方でさ、「モノをいっぱい買えるけど、幸せじゃないなあ」っていう感覚がいろんな人から感じられるんですよ。所得は少なくても、自分の心が安定している状態を幸せだと定義して、そこにシフトしようとしている空気がすげえあって。自分の小さな箱庭を守るような生き方を求めているんだろうなって感じはする。

左から:田中宗一郎、三船雅也

―ここまで語っていただいた時代認識を踏まえて、三船さんたちは『けものたちの名前』という作品にどういうものを託したんでしょうか?

三船:2010年代が終わる年にリリースする以上、どんなものを作っても2010年代の作品として語られるじゃないですか。だったら好きなことをやろうと思ったんです。それに加えて、子どもたちのことはテーマとしてあって。10代の子たちは、確実な不安があるということを自分のタイムラインで毎日毎日見て育つわけでしょ。それ、やばいじゃないですか。そういう状況で「お前の生きる世界はこんなにつらいんだ」って突きつけたくはないし、でも「ハッピーで素晴らしいんですよ」ってことも言いたくなかったんですよね。

本来あまり年齢は関係ないんだけど、自分が持っていた10代性みたいなイノセントな部分、言うなれば「けもの」感があるところに対して訴えかけるアルバムを作れないかなって思ったんです。不安なのは変わらないんだけど、あと数か月で2020年代が始まるってときに、「怖いけど目をつぶって飛び込んでみない?」って音楽で提示できたら楽しいなって思ってこのアルバムを作りました。

左から:三船雅也、田中宗一郎

ROTH BART BARON“MΣ”を聴く(Spotifyを開く

Page 5
前へ

リリース情報

『けものたちの名前』(CD)
ROTH BART BARON
『けものたちの名前』(CD)

2019年11月20日(水)発売
価格:2,750円(税込)
PECF-1177 / felicity cap-318

1. けもののなまえ
2. Skiffle Song
3. 屋上と花束
4. TAICO SONG
5. MΣ
6. 焔
7. HERO
8. 春の嵐
9. ウォーデンクリフのささやき
10. iki

イベント情報

ROTH BART BARON
『TOUR 2019-2020~けものたちの名前~』

2019年11月27日(水)
会場:東京都 渋谷 WWW X

2019年11月29日(金)
会場:宮城県 仙台 Darwin

2019年12月21日(土)
会場:台湾 台北 The Wall

2020年2月1日(土)
会場:富山県 高岡 飛鳥山善興寺

2020年2月2日(日)
会場:石川県 金沢 アートグミ

2020年2月7日(金)
会場:福岡県 the voodoo lounge

2020年2月8日(土)
会場:鹿児島県 SR Hall

2020年2月9日(日)
会場:熊本県 NAVARO

2020年2月10日(月)
会場:山口県 岩国 Rock Country

2020年2月11日(火)
会場:会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2020年2月22日(土)
会場:愛知県 愛知芸術文化センター 中リハーサル室

2020年2月23日(日)
会場:会場:広島県 福山 Cable

2020年2月28日(金)
会場:北海道 札幌 Sound Lab mole

『肘折国際音楽祭』

2020年3月7日(土)
会場:山形県 肘折温泉

2020年3月8日(日)
会場:青森県 八戸 Powerstation A7

2020年3月22日(日)
会場:京都府 磔磔

2020年5月30日(土)
会場:東京都 めぐろパーシモンホール 大ホール

詳細情報

ROTH BART BARON「PALACE Premium」

ROTH BART BARONによるファンコミュニティの有料版。「PALACE Premium」では、ROTH BART BARONライブの生配信や動画配信、バンドメンバーによるラジオ配信、デモ音源や写真の販売、ここでしか投稿されないトピックなど、「PALACE」では公開されない限定コンテンツをお届けします。有料版「PALACE Premium」でご支援いただいた資金は、バンドの活動資金、また新しいアルバムや Music Video の制作費に充てさせていただきます。制作のプロセスや使い方などもコミュニティの中で共有していく予定です。ROTH BART BARONをよりもっと深く楽しみたい方へ、新しいコミュニティ「PALACE Premium」をどうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

ROTH BART BARON
ROTH BART BARON(ろっと ばると ばろん)

三船雅也(Vo,Gt)、中原鉄也(Dr)から成る2人組フォークロックバンド。2014年、米国フィラデルフィアで制作されたアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』でアルバムデビュー。2015年、2ndアルバム『ATOM』をカナダ・モントリオールにて制作。2017年、EP『dying for』英・ロンドンにて制作。2018年、3rdアルバム『HEX』を発表し、『Music Magazine』『The Sign Magazine』をはじめ多くの音楽メディアにて年間ベストにランクイン。2019年、ファンコミュニティー「PALACE」の有料版「PALACE Premium」が始動した。

田中宗一郎(たなか そういちろう)

編集者、音楽評論家、DJ。1963年、大阪府出身。雑誌『rockin’on』副編集長を務めたのち、1997年に音楽雑誌『snoozer』を創刊。同誌は2011年6月をもって終刊。2013年、小林祥晴らとともに『The Sign Magazine』を開設し、クリエイティブディレクターを務める。自らが主催するオールジャンルクラブイベント、『club snoozer』を全国各地で開催している。Spotifyプレイリスト『POP LIFE』の選曲、『POP LIFE: The Podcast』の制作出演。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。