ROTH BART BARON×田中宗一郎 2020年代を僕らはどう生きるか?

ROTH BART BARON×田中宗一郎 2020年代を僕らはどう生きるか?

2019/11/20
ROTH BART BARON『けものたちの名前』
インタビュー・テキスト・編集
山元翔一(CINRA.NET編集部)
撮影:木村篤史

音楽を通じてアイデンティティーを模索して来た三船。彼が捉えた、日本の音楽に対する疑問

―タナソウさんのお話を受けて、ROTH BART BARONのそもそものスタンスについて言葉にしてもらえますか?

三船:ロックミュージックをやるにあたって、どうして「邦楽」と「洋楽」ってCD屋さん側の理由で定義分けされているだろうって疑問が最初にあったんです。でも実際に聴いてみたとき、歌っている内容もサウンドも全然違うし、むしろ「この違いはなんだ?」って思って。楽器を弾くようになったら、弾き方もメロディーのつけ方、リズムとかコード感とか、全然違うことも知って。

で、バンドをやり始めたら、日本独自のコード進行やリズムがあって、ずっとそこにしか目を向けずにグルグル回ってることに気づく。「The Beatlesが好き」って言うけど、The Beatlesのコード感とかメロディーセンスがなにも反映されてない人たちをたくさん見てきて。「言ってることとやってることチグハグじゃね?」って思いながらやってきた。取ってつけたようなニセモノ感が蔓延しているというかね。

―ニセモノ感ですか。

三船:木っぽいプリントがされたテーブルとか、一瞬楽しくて可愛いフェイクなものに囲まれて生きている違和感というか。「それ、俺らもともと持っていたかな?」っていう、何者でもなさに由来するものが音楽に蔓延し続けていて。俺の場合、自分だけのルーツ、アイデンティティーそのものを、音楽を通して見つけられるんじゃないかって探してきたからそう思うんだけど。

三船雅也(みふね まさや)<br>2人組フォークロックバンド・ROTH BART BARONのフロントマン。2018年、3rdアルバム『HEX』を発表し、『Music Magazine』『The Sign Magazine』をはじめ多くの音楽メディアにて年間ベストにランクイン。2019年、ファンコミュニティー「PALACE」の有料版「PALACE Premium」が始動。11月20日、4thアルバム『けものたちの名前』をリリースした。
三船雅也(みふね まさや)
2人組フォークロックバンド・ROTH BART BARONのフロントマン。2018年、3rdアルバム『HEX』を発表し、『Music Magazine』『The Sign Magazine』をはじめ多くの音楽メディアにて年間ベストにランクイン。2019年、ファンコミュニティー「PALACE」の有料版「PALACE Premium」が始動。11月20日、4thアルバム『けものたちの名前』をリリースした。

田中:三船くんは「我々がどこから来て、これから先どこに行くのか?」についてずっと考えているよね。作品のなかでも。つまり、日本人としてのアイデンティティーやこれまでの歴史、もしくは人類全体の歴史と今について考え続けている。ただ、それについてまったく考えずに、ただ目の前にあるものにアジャストしていく、あるいは自分を取り囲むシステムを無批判に受け入れていった結果生まれたのが、日本の8~9割の音楽だと思うんだけど。で、俺はそれにはまったく興味がない(笑)。

―(笑)。

三船:たとえば、ブラックミュージックには、黒人の人たちの歴史とか切実なものが入ってるわけですよね。ゴスペルだって、もともと宗教が違う人たちが無理やり連れてこられて、でも拠りどころとして、ヨーロッパ人が生み出した神様を信じるようになった状況下で、みんなで歌うことにいろいろな想いが込められて生まれた音楽じゃないですか。

それを俺たち日本人が気安く真似するのはいかがなものか。そこは触れられないし、僕の音楽じゃない。共感できるし聴くのは大好きだけど、僕が音楽をやる理由じゃないんですよね。だから、日本に生まれ育った自分がやるべき音楽を潜るように探すようになったんです。

左から:田中宗一郎、三船雅也

ROTH BART BARON“ウォーデンクリフのささやき (feat.優河)”を聴く(Spotifyを開く

「今回は人間の話をあまりしたくなかったんです」(三船)

―『けものたちの名前』を聴いて、この作品が日本に生まれ育ったアーティストによって2019年に作り出されたことにすごく興奮したし、いちリスナーとして救われるような想いもあって。まず、アルバムタイトルにある「けもの」という言葉について、これは分断と衝突が世界中至るところで繰り返されている2019年の人間模様を、象徴的に捉えたものだなと感じたんです。

田中:そこについては俺も訊きたかった。実のところ、三船くんの認識では、今回のアルバムのタイトルにある「けもの」と、いわゆる「人類」というのは、どういう位相、どういう関係にあるんですか?

左から:田中宗一郎、三船雅也

三船:その2つの間には、文明を手に入れる以前か以降かっていう違いがあると思うんです。僕、文明はすごく大切だと考えていて。文明が生まれたことで俺たちはジェントルでいられるし、礼儀があって、感情をコントロールできようになった。

そうやって、本音はどうであれ、誠実にお互い向き合うことができるというのは、人間の歴史のなかで見ても大きな発明だと思うんです。ただ一方で、最近、人間の話がすげえ多いなと思って。この間、グレタさん(グレタ・トゥンベリ)っていう16歳の女の子が、国連の気候行動サミットでちょっとアクティブなことを言ったじゃないですか。

田中:彼女、普段はもっと冷静に話す人なんだけど、あのときは珍しくエモーショナルになっちゃったんだよね。ただ、そのせいで日本のメディアにも「涙ながらに訴える」なんて見出しをつけられてしまった。

三船:「エモーショナルになった」ってことですごく話題になったでしょ。今、ヨーロッパとか、アメリカはちょっとだけど、いかにゴミを出さずに環境に配慮するかっていう意識が共有されている。グレタさんは「このままだと地球やばいからよくしましょう」って話を、ちょっとエモく言っただけなんだけど、その本質は忘れて、みんな彼女の振る舞いのことばかりに言及する。そのことに対しては、ヨーロッパでもすごく批判はあったんだけど「あ、そこ人間の話題なんだ」と思って(笑)。

田中:彼女がこれまでもずっと訴えかけてきたことーー気候変動を塞き止める猶予はあと数年しかない、という内容じゃなくて、彼女自身のことにばかりフォーカスがあたって、誰もがそればかりを話題することになった。

左から:三船雅也、田中宗一郎

三船:うん。そもそも、あの会議の本質部分には興味ないんだなって思った。同じことを40歳の人が言っても、男性が言ってもいいはずで、自閉症っぽい女の子が言ったってことは内容に関係ないわけでしょ。あの反応には、ちょっと引いた。そういうようなこともあって、今回は人間の話をあまりしたくなかったんです。

そうやって考えていくと、みんな綺麗な格好をして、皮膚からどんどん無駄な毛がなくなっていって、デジタルを駆使してクリーンに生きられるようになったけど、人間ですら3Dマッピングで植毛されたデジタルの動物に見えてくるというか。

―なるほど。人間らしさを担保するものが失われた、人々が「けもの化」しつつある世界というか……

三船:そうだね。そういう意味でも、俺たちは「けもの」だと言えるなって作っているときに考えたりしていました。

左から:三船雅也、田中宗一郎

ROTH BART BARON“けものたちの名前 (feat.HANA)”を聴く(Spotifyを開く

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

『けものたちの名前』(CD)
ROTH BART BARON
『けものたちの名前』(CD)

2019年11月20日(水)発売
価格:2,750円(税込)
PECF-1177 / felicity cap-318

1. けもののなまえ
2. Skiffle Song
3. 屋上と花束
4. TAICO SONG
5. MΣ
6. 焔
7. HERO
8. 春の嵐
9. ウォーデンクリフのささやき
10. iki

イベント情報

ROTH BART BARON
『TOUR 2019-2020~けものたちの名前~』

2019年11月27日(水)
会場:東京都 渋谷 WWW X

2019年11月29日(金)
会場:宮城県 仙台 Darwin

2019年12月21日(土)
会場:台湾 台北 The Wall

2020年2月1日(土)
会場:富山県 高岡 飛鳥山善興寺

2020年2月2日(日)
会場:石川県 金沢 アートグミ

2020年2月7日(金)
会場:福岡県 the voodoo lounge

2020年2月8日(土)
会場:鹿児島県 SR Hall

2020年2月9日(日)
会場:熊本県 NAVARO

2020年2月10日(月)
会場:山口県 岩国 Rock Country

2020年2月11日(火)
会場:会場:大阪府 梅田 Shangri-La

2020年2月22日(土)
会場:愛知県 愛知芸術文化センター 中リハーサル室

2020年2月23日(日)
会場:会場:広島県 福山 Cable

2020年2月28日(金)
会場:北海道 札幌 Sound Lab mole

『肘折国際音楽祭』

2020年3月7日(土)
会場:山形県 肘折温泉

2020年3月8日(日)
会場:青森県 八戸 Powerstation A7

2020年3月22日(日)
会場:京都府 磔磔

2020年5月30日(土)
会場:東京都 めぐろパーシモンホール 大ホール

詳細情報

ROTH BART BARON「PALACE Premium」

ROTH BART BARONによるファンコミュニティの有料版。「PALACE Premium」では、ROTH BART BARONライブの生配信や動画配信、バンドメンバーによるラジオ配信、デモ音源や写真の販売、ここでしか投稿されないトピックなど、「PALACE」では公開されない限定コンテンツをお届けします。有料版「PALACE Premium」でご支援いただいた資金は、バンドの活動資金、また新しいアルバムや Music Video の制作費に充てさせていただきます。制作のプロセスや使い方などもコミュニティの中で共有していく予定です。ROTH BART BARONをよりもっと深く楽しみたい方へ、新しいコミュニティ「PALACE Premium」をどうぞよろしくお願い致します。

プロフィール

ROTH BART BARON
ROTH BART BARON(ろっと ばると ばろん)

三船雅也(Vo,Gt)、中原鉄也(Dr)から成る2人組フォークロックバンド。2014年、米国フィラデルフィアで制作されたアルバム『ロットバルトバロンの氷河期』でアルバムデビュー。2015年、2ndアルバム『ATOM』をカナダ・モントリオールにて制作。2017年、EP『dying for』英・ロンドンにて制作。2018年、3rdアルバム『HEX』を発表し、『Music Magazine』『The Sign Magazine』をはじめ多くの音楽メディアにて年間ベストにランクイン。2019年、ファンコミュニティー「PALACE」の有料版「PALACE Premium」が始動した。

田中宗一郎(たなか そういちろう)

編集者、音楽評論家、DJ。1963年、大阪府出身。雑誌『rockin’on』副編集長を務めたのち、1997年に音楽雑誌『snoozer』を創刊。同誌は2011年6月をもって終刊。2013年、小林祥晴らとともに『The Sign Magazine』を開設し、クリエイティブディレクターを務める。自らが主催するオールジャンルクラブイベント、『club snoozer』を全国各地で開催している。Spotifyプレイリスト『POP LIFE』の選曲、『POP LIFE: The Podcast』の制作出演。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。