国府達矢が死の淵から生み出した歌。漫画家・山本英夫と語り合う

国府達矢が死の淵から生み出した歌。漫画家・山本英夫と語り合う

国府達矢『音の門』『スラップスティックメロディ』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:タイコウクニヨシ 編集:山元翔一(CINRA.NET編集部)

去年、15年ぶりのフルアルバム『ロックブッダ』をリリースした音楽家・国府達矢が、今年9月に新作アルバム『スラップスティックメロディ』と『音の門』を、2枚同時リリースした。もともと、『ロックブッダ』リリース時に既に存在が語られていたこの2作は、『ロックブッダ』を制作していた15年の間に、零れ落ちるように生まれてきた作品たちだという。それゆえに両作は、これまで『ロック転生』や『ロックブッダ』といった傑作たちで見せてきたものとは異なる、国府達矢の新たな表情を私たちの前に浮かび上がらせる。

『音の門』のジャケットは、国府が敬愛してきたという漫画家・山本英夫の作品『ホムンクルス』から抽出した絵を、アートディレクターの小田雄太がコラージュする形で制作された。本作に刻まれた剥き出しの精神世界、その深層が、見事に視覚化されたアートワークだ。そこで今回、CINAR.NETでは国府達矢と山本英夫の対談を実施。両者の表現の在り様について、大いに語り合ってもらった。

「国府さんの音楽は、近未来の離島の音楽というか……」(山本)

―今回、国府さんが同時リリースされた2枚のアルバムのうち、『音の門』のジャケットに、山本さんの作品『ホムンクルス』の絵がコラージュされているということで、おふたりの対談が実現しました。

国府:僕は、もう本当に一方的な憧れを山本先生に対して抱いていて。僕は今年で46歳なんですけど、19歳の頃ですかね、『週刊ヤングサンデー』(小学館)で『のぞき屋』(1992年)が連載されていたんです。すごい衝撃を受けました。トラウマを刷り込まれたといいますか(笑)。

山本:ははははは(笑)。

山本英夫(やまもと ひでお)<br>1968年生まれ。1989年、週刊ヤングサンデー(小学館)掲載の『SHEEP』でデビュー。以後『おカマ白書』『のぞき屋』『殺し屋1』『ホムンクルス』と、常に先鋭的な題材をテーマにヒット作を連発。2014年12月より『HIKARI-MAN』を連載中。
山本英夫(やまもと ひでお)
1968年生まれ。1989年、週刊ヤングサンデー(小学館)掲載の『SHEEP』でデビュー。以後『おカマ白書』『のぞき屋』『殺し屋1』『ホムンクルス』と、常に先鋭的な題材をテーマにヒット作を連発。2014年12月より『HIKARI-MAN』を連載中。

国府:『ホムンクルス』も、めちゃくちゃ好きだったんです。今回、『音の門』のジャケットに絵を使わせていただいたのは、アルバム1曲目の“日捨て”という曲のイメージと、『ホムンクルス』の主人公の名越進が、どこかリンクするような気がしたからなんですよね。

国府達矢“日捨て”を聴く(Spotifyを開く

国府:このアルバムは、内面に深く潜っていくような自分にとって極端な表現でもあったので、その顔となるジャケットにも強いビジュアルイメージがほしくて。それで、「もし、山本先生の絵を使わせていただけたら、ヤバくない?」っていう話を周りとしていたところから、打診させていただいたんですけど……お引き受けいただいて、本当にありがとうございます。

山本:こちらこそ、ありがとうございます。国府さんの音楽は、独特なものがありますよね。近未来の離島の音楽というか……もともとある島じゃなくて、新しくできた島の音楽って感じがします。

国府:ありがとうございます、めちゃくちゃいいことを言っていただいた。

国府達矢(こくふ たつや)<br>1999年、MANGAHEADとしてデビュー。2001年、国府達矢としてライブ活動を開始。2003年、アルバム『ロック転生』をリリース。さまざまな分野のアーティストに衝撃を与えたこのアルバムを契機とし、シンガーソングライター・七尾旅人は、国府達矢に3枚組アルバム『911fantasia』を捧げた。2018年、長年の沈黙を破り15年ぶりのオリジナルアルバム『ロックブッダ』をリリース。日本におけるオルタナティブミュージックのひとつの到達点と評されるこのアルバムは、国内外の2018年ベストアルバムに数々取り上げられた。2019年9月、『スラップスティックメロディ』『音の門』という2枚のアルバムを同時リリースした。
国府達矢(こくふ たつや)
1999年、MANGAHEADとしてデビュー。2001年、国府達矢としてライブ活動を開始。2003年、アルバム『ロック転生』をリリース。さまざまな分野のアーティストに衝撃を与えたこのアルバムを契機とし、シンガーソングライター・七尾旅人は、国府達矢に3枚組アルバム『911fantasia』を捧げた。2018年、長年の沈黙を破り15年ぶりのオリジナルアルバム『ロックブッダ』をリリース。日本におけるオルタナティブミュージックのひとつの到達点と評されるこのアルバムは、国内外の2018年ベストアルバムに数々取り上げられた。2019年9月、『スラップスティックメロディ』『音の門』という2枚のアルバムを同時リリースした。

山本:今回、ジャケット用のイラストを書き下ろすことができなかったんですけど、実際に仕上がった作品を見て、書き下ろさなくてよかったと思いました(笑)。書き下ろしだと、ここまで書き込むことはできないですし、きっと、国府さんが歌のなかで訴えたい世界観は、こうしたコラージュのほうが出ているのかなと思うので。

国府達矢『音の門』ジャケット
国府達矢『音の門』ジャケット(Amazonで見る

国府:僕は『のぞき屋』を読んでいたときに、衝撃でバイト中に叫んでしまったことがあるくらいなんですけど(笑)、「山本ショック」みたいなものって、やっぱり世の中に強くあると思うんです。『ホムンクルス』にも、衝撃を受けた人は多いと思う。山本先生としても、『ホムンクルス』は、ご自身にとっての強烈な過去という感じなんですか?

山本:「作品は自分の子どものようだ」って言う人がよくいるじゃないですか。でも、僕にとって過去の作品は、「前カノ」なんですよ。だから、関係はもう終わっているし、「こういう娘と付き合ったなぁ」ってくらいの感覚なんです。次の作品を描いているときに、「前にあの子と付き合って、こういう部分が成長したんだな」って、後づけ的に思い出すことはありますけど、過去に遡って感情的になることはないんですよね。

国府:そうなんですね。

Page 1
次へ

リリース情報

『スラップスティックメロディ』(CD)
国府達矢
『スラップスティックメロディ』(CD)

2019年9月25日(水)発売
価格:2,808円(税込)
PECF-1172 / felicity cap-314

1. 青の世界
2. キミはキミのこと
3. 廻ル
4. not matter mood
5. 彼のいいわけも
6. fallen
7. 窓の雨
8. 青ノ頃
9. シン世界

『音の門』(CD)
国府達矢
『音の門』(CD)

2019年9月25日(水)発売
価格:2,808円(税込)
PECF-1173 / felicity cap-315

1. 日捨て
2. きみさえいれば
3. 悪い奇跡
4. KILLERS
5. 重い穴
6. 逃げて
7. こころよりじゆう
8. ライク ア ヴァーチャル
9. Poison free
10. 思獄
11. うぬボケ
12. おつきさま

イベント情報

『国府達矢「スラップスティックメロディ/音の門」リリース記念ライブ<バンド編>』

2019年11月28日(木)
会場:東京都 新代田 FEVER

出演:
国府達矢バンド
君島大空
羊文学
料金:前売3,500円

作品情報

『HIKARI-MAN』(6)

2019年10月11日(金)発売
著者:山本英夫
価格:693円(税込)
発行:小学館

プロフィール

国府達矢
国府達矢(こくふ たつや)

1999年、MANGAHEADとしてデビュー。2001年、国府達矢としてライブ活動を開始。2003年、アルバム『ロック転生』をリリース。さまざまな分野のアーティストに衝撃を与えたこのアルバムを契機とし、シンガーソングライター・七尾旅人は、国府達矢に3枚組アルバム『911fantasia』を捧げた。2007年以降、Salyuへ楽曲提供をはじめ、salyu×salyu『s(o)un(d)beams』に作詞で参加。2018年、長年の沈黙を破り15年ぶりのオリジナルアルバム『ロックブッダ』をリリース。日本におけるオルタナティブミュージックの一つの到達点と評されるこのアルバムは、ヨーロッパ拠点で世界のインディーミュージックを網羅する海外のサイト『beehype』のJAPANベストアルバムにて1位に選ばれるなど、国内外の2018年ベストアルバムに数々取り上げられた。2019年9月、『スラップスティックメロディ』『音の門』という2枚のアルバムを同時リリースした。

山本英夫(やまもと ひでお)

1968年生まれ。1989年、週刊ヤングサンデー(小学館)掲載の『SHEEP』でデビュー。以後『おカマ白書』『のぞき屋』『殺し屋1』『ホムンクルス』と、常に先鋭的な題材をテーマにヒット作を連発。2014年12月より、『HIKARI-MAN』を連載中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。