川谷絵音の仕事を「ポップス」と「オルタナティブ」から読み解く

川谷絵音の仕事を「ポップス」と「オルタナティブ」から読み解く

テキスト
金子厚武
編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

「私以外私じゃないの」の精神で、やりたいことをやる。音楽家・川谷絵音の仕事を紐解く

いま現在、川谷絵音ほど多作でワーカホリックな作家は他にいないと言ってもいいかもしれない。indigo la End(以下、インディゴ)とゲスの極み乙女。(以下、ゲス乙女)の活動を軸としつつ、DADARAYの楽曲をすべて手掛け、ジェニーハイとichikoroにもメンバーとして参加。ソロプロジェクト「美的計画」もスタートさせ、最近ではスピードワゴンの井戸田潤によるハンバーグ師匠の楽曲を手掛けたかと思えば、坂本真綾のアルバムにも参加と、そのふれ幅の広さも含め、尽きないクリエイティビティには改めて恐れ入る。

ただ、彼は決して「職業作家」ではなく、楽曲提供の際も「相手(人にしろ、作品にしろ)の良さを引き出す」というよりも、「私以外私じゃないの」の精神で、「やりたいことをやる」というスタンスを貫き、そこで起こる化学反応を楽しんでいるようにも見える。このスタンスに加えて、「チーム川谷」とも言うべき、優れたミュージシャンが彼の周りに存在することによって、驚異的なペースで楽曲を量産できるのだと言えよう。

「川谷絵音Works」プレイリスト

川谷絵音を「ポップス」と「オルタナティブ」の二軸から解き明かす

川谷の作風を簡潔に言葉で表すなら、それは「ポップス」と「オルタナティブ」の二軸だと言えよう。

「ポップス」に関しては、インディゴのバンド名の由来であり、先日放送された『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)でも愛情を熱く語っていたスピッツや、近年国外でも再評価著しい山下達郎などが代表的な影響源となっている。もともとオリコンのランキングを逐一チェックするチャートマニアだったというだけあって、根幹にあるのはやはり「J-POP」だ。

そして、彼が以前インタビューで語ってくれた中でよく覚えているのが、子供の頃に『速報!歌の大辞テン』(1996年から2005年まで放送されたテレビ番組。今週のヒット曲と、過去の同時期のヒット曲を交互に紹介するのが特徴)をよく見ていて、最初は「新しい曲だけでいいのに」と思っていたのが、気づけば昔のヒット曲にもハマっていたというエピソード。彼の作る歌詞やメロディーにどこか歌謡曲的な雰囲気があるのは、こうしたリスナーとしての体験が背景にあり、それが世代を問わず多くの人を惹きつける要因になっている。

一方、「オルタナティブ」の影響源に関しては、ロックバンドにハマるきっかけになったというゆらゆら帝国を筆頭に、川谷作品の多くでエンジニアを務めている美濃隆章が所属するtoe、インディゴの主催イベントで共演しているTHE NOVEMBERSやPeople In The Boxなどが代表的。ここで重要なのは、芸術表現やカウンター精神の発露としての「オルタナティブ」にはシンパシーを覚えつつ、決して「アンダーグラウンド」をよしとしてはいないということ。

どんなエッジーなアレンジの楽曲であっても、ポップなメロディーの力でそれを「オーバーグラウンド」に転換することこそが、彼の信条なのである。その意味で言えば、まさにスピッツというバンドはその先駆者であり、アウトプットの形こそ違えども、「ポップス」と「オルタナティブ」を軸にしているという点において、やはり川谷の指標はスピッツだと言っていいのではないだろうか。

Page 1
次へ

サービス情報

Spotify

・無料プラン
5000万を超える楽曲と30億以上のプレイリストすべてにアクセス・フル尺再生できます

・プレミアムプラン(月額¥980 / 学割プランは最大50%オフ)
3ヶ月間無料キャンペーン中

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。