堀正輝×George、ボカロ世代にもR&Bシンガーにも求められる理由

堀正輝×George、ボカロ世代にもR&Bシンガーにも求められる理由

2021/12/03
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊島望 編集:金子厚武、CINRA編集部

「マスに刺さらないものが好きだから、大衆的なものに対して素直になれるなって感じがする」(George)

―GeorgeさんがマニピュレーターとしてYOASOBIのライブに関わるようになったのはどういう経緯だったのでしょうか?

George:YOASABIがライブをやるにあたって、バンドはメンバーの知り合いとかで先に固まってたみたいで。俺にはマニピュレーターを軸として、リハを見てほしいといわれました。

でも、呼ばれたときYOASOBIのことをそこまでよく知らなかったんですよ。すでに“夜に駆ける”がめちゃめちゃヒットしてたんですけど、そのシーンの盛り上がりに自分が関わることはないと思っていたので。

YOASOBI“夜に駆ける”を聴く(Spotifyを開く

―正直最初にGeorgeさんがYOASOBIのライブに関わってると知ったときは意外に思いました。

George:そうですよね。でもYOASOBIはそこからさらにものすごいスピード感で有名になっていって……姉から連絡がきました。「中学生の姪っ子が好きだ」って(笑)。それはいままでにない感じですね。

―ボカロ出身の人たちはまずDTMで曲をつくって、ネットを通じて発表するわけで、いざライブをやるとなったときにサポートをする人が求められる。そこに堀さんでありGeorgeさんは適任だったんだろうなって。

George:でもぼくたちが好きなThe Chemical BrothersとかUnderworldみたいな人たちって日本で一向に出てこないですよね(笑)。

George

:出てこないっすね(笑)。

George:でもマスに刺さらないものが好きだから、大衆的なものに対して素直になれるなって感じがするんですよ。ボカロとかって、ある意味自分にはわからない世界なので、勉強しながらちょっとずつやれるというか。

そこで「The Chemical Brothersっぽく、もっとビートを渋くループしたほうがいいよ」みたいなことはいわないですけどね(笑)。自分の好きなものは、基本的にはマスに刺さるものじゃないと思いながら仕事しているので。

:そういうことでいうと、最近はビートのアレンジとかプログラミングの仕事も結構あって、それをやり始められたのはうれしかったですね。

たとえば、自分が通ってきた「これがいい」というビートを、アーティストの音楽に落とし込んで、それを「すごくいい」っていってもらえたときはうれしい。マスに受け入れられる要素を持ったもののなかに自分のビートを差し込むみたいな、それはすごく楽しいです。

―そうやって過去と現在が合わさることによって、新しいものが生まれていくわけですよね。それこそ、ジェイムス・ブレイクは日本の若手にも大きく影響を与えていると思うんですけど、トリップホップが一周してインディR&Bになった、みたいないいかたもできるわけで、そこに堀さんがいるのは納得できるというか。

:たとえば、「この曲のビートの感じをThe 1975っぽいイメージでやりたい」といわれたときに、自分のなかでちょっと変換して、Underworldの初期の曲だったり、The Smashing Pumpkinsの“1979”だったり、自分の引き出しにすでに入ってるものを引っ張り出してきて、音を変えてはめ込む、みたいなことはやったりします。ハマったときにすごく楽しいですね。

「『絶対こういう時代が来る』とは思ってなくて、『絶対これがかっこいい』と信じてやってきただけ」(堀)

―堀さんは10月からソロ曲を発表されています。曲ごとに複数のプレイヤーが参加していて、リモートでつくられてるんですよね?

Masaki Hori“Blind”を聴く(Spotifyを開く

Masaki Hori“ReCollect”を聴く(Spotifyを開く

:そうです。サポートでめちゃくちゃかっこいいミュージシャンと知り合うなかで、自分が好きな人たちとコラボしていきたいなという思いがあったのと、コロナ禍でライブができないなかで制作をしようというのが重なって始めました。

最初に出した“Blind”は、ぼく以外にキーボード(半田彬倫)、ベース(千田大介)、ギター(Nappo)の三人とつくったものです。ついこの間出した“ReCollect”は、もともとSawagiというバンドをやってて、ちゃんみなの現場で手伝ってもらったキーボードのMIZUKAMIと。いまもう一曲MIZUKAMIと、ドラマーの松下マサナオくんとつくっていて、その次はGeorgeとコライトしようって話をしています。まだなにも決まってないですけど(笑)。

George:iriちゃんのツアー中にちょうどその話をしてたんです。

:そうやって、楽器を弾いてもらうだけだったり、コライトしたり、素材だけもらったり、人によっていろんなかたちで関わってもらってつくるっていうのをずっとやりたかったんですよね。忙しかったりすると、自分のことは後回しになっちゃってたんですけど。

堀正輝

―最初は「人と違うことを」ではじめたことかもしれないけど、やっぱりビートをプロデュースすることが堀さんの軸にあって、それが現在のサポート仕事にもつながってるし、ソロの方向性にも表れていますよね。

:だから本当に運がいいなと思います。クラブミュージックが好きで始めたバンドの形態が、年月を経て当たり前になって。自分にはその引き出しがあるから、いまのようなサポートにもスムーズに入れたんだと思うんですよ。自分がやってきたことに無駄な時間がないほうがいいから、そういう意味では……いつもラッキーな気がする(笑)。

George:俺からしたら、先を歩いてるなっていう感じですけどね。

:たまたまですよ。「絶対こういう時代が来る」とは思ってなくて、「絶対これがかっこいい」と信じてやってきただけです。ずっとMassive Attackのバンドセットが世界一かっこいいと思ってやってきたんで(笑)。

George:でもたしかに、ぼくも「これが来るからこれやろう」みたいなのはないんですよね。

―やっぱり「これがかっこいいと思う」をやり続けた結果だと。

:意識してることがあるとすれば、売れてる音楽を聴いて良いと思えるかはチェックしてます。たとえば、ぼくは海外のコテコテのレゲトンを聴いても、「かっこいい!」とはならないんですよ。レゲエもダンスホールもあまり通ってきてないので。

でも、それを昇華したポップスはかっこいいと思ったりもして。そういうときに「どこが自分に刺さってるんだろう?」というのをチェックしたりします。それがわからないと置いてけぼりになっちゃうから。

George:そうなんですよね。そういう感覚は大事ですね。

:ふだんから感覚でやってる分、そういうのを日々聴いてないとどんどんずれちゃいそうで。20歳くらい違うアーティストと一緒にお仕事をさせてもらうときに、イケてる音楽を知らないおじさんだと思われたら嫌じゃないですか(笑)。そこはちゃんと気をつけているというか、変に意識しなくても、勝手にそうしてるのかもしれないです。

左から:堀正輝、George

Page 3
前へ

プロフィール

堀正輝(ほり まさき)

1981年生まれ。北海道札幌出身。15歳のときにバンドを始め、舘山健二氏、阿部一仁氏に師事。自身のバンドSCAM CIRCLE、ARDBECKの活動を経て、現在は様々なアーティストのライブ、レコーディング、コライトなどを行っている。また2013年よりソロ名義でも制作を開始しており、楽曲提供やリミックスなども手掛けている。

George(ジョージ)

MOP of HEADのメンバー。作曲家 / アレンジャー / キーボーディスト / マニピュレーター / DJとして多岐にわたって活動中。ライブでは鍵盤+独自のマニピュレートシステムを構築し、様々なアーティストのライブに参加。ライブサウンドプロデューサー / マニピュレーターとして、YOASOBI、sumikaを担当。鍵盤+マニピュレーターとして、iri、向井太一、the chef cooks meなどのライブ、ツアーに帯同。作曲、アレンジャー、リミキサーとして、V6、東方神起、澁谷逆太郎(SUPER BEAVER)、Tempalay、SHE IS SUMMERなどの作品を手がける。DJとして『FUJI ROCK FESTIVAL』に出演。SKRILLEX、BOYS NOIZE、Peter Hook(ex NewOrder)のオープニングDJを担当。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。