細田守『竜とそばかすの姫』世界基準の音楽制作をキーマンが語る

細田守『竜とそばかすの姫』世界基準の音楽制作をキーマンが語る

インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:丹野雄二 編集:原里実(CINRA.NET編集部)

前作『未来のミライ』から3年ぶりとなる細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』は、その主役の「声 / 歌」に大抜擢された天衣無縫のミュージシャン中村佳穂をはじめ、中村が演じる仮想空間の歌姫・ベルとのコラボレーションというかたちでメインテーマ“U”を書き下ろした常田大希率いるmillennium parade、さらには劇中歌と劇伴を担当する岩崎太整、Ludvig Forssell、坂東祐大など、気鋭の作曲家が数多く参加するなど、まさしく音楽が主軸に据えられた作品となっている。

今回話を聞いたのは、制作の初期段階から細田監督と並走するかたちで音楽面の座組を組み立て、「ミュージックスーパーヴァイザー」としてクレジットされている千陽崇之。じつはこの肩書きは、日本よりも海外でよく耳にするものだという。

「通常の映画音楽の現場とはまったく違った」という、世界を見据えた制作プロセスがとられた本作の音楽。果たして、細田監督のどんなアイデアのもと、どのように具象化されていったのだろうか。映画の音楽的な見どころも含め、たっぷりと語ってもらった。

日本ではほとんどつくられてこなかった、「歌が主役」の映画のつくり方

―千陽さんはかなり初期の段階から、『竜とそばかすの姫』の構想に関わられていたそうですね。

千陽:ぼくのところに初めて話をいただいたのは、2018年の秋頃のことでした。『未来のミライ』が完成したあと、『カンヌ国際映画祭』をはじめさまざまな海外映画祭で上映されて、細田監督も海外をいろいろと回られていたんです。そのときにアメリカで、グレン・キーンさんという、『美女と野獣』をはじめ数々の名作アニメーションを手掛けてきた伝説的なアニメーターのスタジオを訪ねられたことがあって。

ちょうどグレンさんは『Over The Moon(邦題『フェイフェイと月の冒険』)』というNetflixのアニメーション映画を制作されていたのですが、制作途中の劇中歌を細田監督がちょっと聴かせてもらったところ、すごく良かったらしくて。それで帰国してから、「ああいうものは、どういうふうにつくればいいんだろう?」っていう話になったんです。

―ああいうもの、というのは?

千陽:劇中で登場人物が歌を歌ったりする、音楽が主軸になった作品のことです。そのときにもう細田監督のなかには、今回の作品のプロットがあったんですね。

主人公の内藤鈴(すず)は、幼い頃に経験した母の死をきっかけに歌うことができなくなっていた。ある日、親友に誘われ、世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界「U(ユー)」に参加することに。Uのなかでの姿「ベル」として再び歌うことができたすずは、世界中の人気者になっていく。©2021 スタジオ地図
主人公の内藤鈴(すず)は、幼い頃に経験した母の死をきっかけに歌うことができなくなっていた。ある日、親友に誘われ、世界で50億人以上が集うインターネット上の仮想世界「U(ユー)」に参加することに。Uのなかでの姿「ベル」として再び歌うことができたすずは、世界中の人気者になっていく。©2021 スタジオ地図

千陽:これまでの作品でも、監督は音楽には非常にこだわっていたのですが、そうはいってもいわゆる主題歌があって劇伴があってという、映画音楽として一般的な形式でした。そうではなくて、今回は「聴かせる」歌が劇中にいくつも出てくるような作品になるだろうと。そういった作品を、アメリカではどういった手順でつくっているのかという話です。細田監督にそれを訊かれたスタジオ地図のプロデューサーから、ぼくのほうに相談がありまして。

千陽崇之(ちよう たかゆき)<br>レコード会社、音楽出版社を経て、日本テレビ音楽の制作部に所属。日本テレビが製作する映画作品の音楽プロデューサーとして活動するかたわら、スタジオ地図、日本テレビ、NTTドコモ、KADOKAWAの4社で構成される「スタジオ地図LLP」においても音楽事業を担当。『竜とそばかすの姫』には、スタジオ地図LLPよりミュージックスーパーヴァイザーとして参画。
千陽崇之(ちよう たかゆき)
レコード会社、音楽出版社を経て、日本テレビ音楽の制作部に所属。日本テレビが製作する映画作品の音楽プロデューサーとして活動するかたわら、スタジオ地図、日本テレビ、NTTドコモ、KADOKAWAの4社で構成される「スタジオ地図LLP」においても音楽事業を担当。『竜とそばかすの姫』には、スタジオ地図LLPよりミュージックスーパーヴァイザーとして参画。

―読者のなかには、そもそも通常の劇伴のつくり方について、あまり馴染みのない人も多いと思いますが、アメリカの音楽劇とはどのような違いがあるのでしょう?

千陽:一番の違いは、通常の劇伴は大抵一人の作曲家が担当しますが、『Over The Moon』の場合、複数名の作曲家が手分けして曲を書いていました。そうした場合のチームのつくり方や進め方をプロデューサーに報告したところ、「千陽さんだったら、どういうふうにチームを組み立てます?」みたいな「お題」をいただきまして。

―そこから、さらに具体的になっていったんですね。

千陽:もし日本で音楽劇をつくるなら、どういう組み合わせがいいだろうと。それこそ、ハリウッドやブロードウェイでやっている人を日本に連れてくるのがいいのか……。『未来のミライ』はアカデミー賞にノミネートされるなど海外からの評価も高かったので、そのあたりも意識しつつ、海外からも国内からも候補を挙げながら、「この人だったらこんなコンセプトが合いそう」みたいなことをプレゼンさせてもらって。そこからはいろいろ試行錯誤があって、最終的に岩崎太整さんを中心に、「作曲村」という複数作曲家で制作する座組に収まりました。

Page 1
次へ

作品情報

『竜とそばかすの姫』
『竜とそばかすの姫』

2021年7月16日(金)から全国東宝系で公開

原作・脚本・監督:細田守
メインテーマ:millennium parade × Belle“U”
出演:
中村佳穂
成田凌
染谷将太
玉城ティナ
幾田りら
役所広司
佐藤健
ほか

プロフィール

千陽崇之
千陽崇之(ちよう たかゆき)

レコード会社、音楽出版社を経て、日本テレビ音楽の制作部に所属。日本テレビが製作する映画作品の音楽プロデューサーとして活動するかたわら、スタジオ地図、日本テレビ、NTTドコモ、KADOKAWAの4社で構成される「スタジオ地図LLP」においても音楽事業を担当。『竜とそばかすの姫』には、スタジオ地図LLPよりミュージックスーパーヴァイザーとして参画。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。