荏開津広×渡辺志保 音楽から見るBLMの様相

荏開津広×渡辺志保 音楽から見るBLMの様相

インタビュー・テキスト・編集
久野剛士(CINRA.NET編集部)
撮影:寺内暁

2020年5月25日、アフリカン・アメリカンのジョージ・フロイド氏が白人警官によって死亡させられた事件をきっかけに、大規模なデモが発生。「ブラック・ライブズ・マター運動」が、アメリカ全土を巻き込み、広がっている。

2013年に端を発し、再び大きなうねりを見せているこの運動を、アーティストの動きや楽曲を基点にしながら掘り下げたい。今回も世界の音楽シーンに精通するライター渡辺志保と、多彩なカルチャーに横断的な視点を向ける荏開津広に語ってもらった。

もはやHappyではいられない。ファレルの変化から垣間見えるBLM

―ブラック・ライブズ・マター運動が再び盛り上がりを見せて、4か月経ちます(参考記事:米歴史家が語る、警察の暴力と黒人の歴史。そしてBLM運動)。この4か月を振り返って、どんな思いを抱きましたか?

荏開津:ラッパーのダースレイダーさんと社会学者の宮台真司さんがやっている配信で、宮台さんが「アメリカは落ち目の国なんですね」と冒頭に発言します。宮台さんを知らない人や、彼の意見を嫌いな人でも「アメリカは落ち目の国だ」っていう可能性を想像してもいいと思います。私の上の世代の日本人は本当にアメリカ大好きな人が多かった時代でしたから、自分が生きているあいだに、アメリカが「落ち目」になる歴史的なうねりにヒップホップが絡んでいる様子を目にするとは本当に驚きが大きいです。

歴史の本に書かれている1950~60年代の公民権運動、ブラックパンサー党の活動の時代ではなく、2020年にこれが起きているわけです。野次馬はいけないと思いますが、それでも物書きとしては今のアメリカを自分の目で見たいとも思いました。

ただ、昔からアフリカン・アメリカンの人々が置かれていた状況はあるわけで、2012年に17歳のトレイボン・マーティンさんの射殺事件をきっかけに、翌2013年からブラック・ライブズ・マター運動は起きていたわけです。それを考えると、この運動はアメリカと共に今後も続くのだろうと思います。

荏開津広(えがいつ ひろし)<br>執筆 / DJ / 京都精華大学、東京藝術大学非常勤講師、東京生まれ。東京の黎明期のクラブ、P.PICASSO、MIX、YELLOWなどでDJを、以後主にストリート・カルチャーの領域で国内外にて活動。2010年以後はキュレーション・ワークも手がける。
荏開津広(えがいつ ひろし)
執筆 / DJ / 京都精華大学、東京藝術大学非常勤講師、東京生まれ。東京の黎明期のクラブ、P.PICASSO、MIX、YELLOWなどでDJを、以後主にストリート・カルチャーの領域で国内外にて活動。2010年以後はキュレーション・ワークも手がける。

渡辺:これまで私はヒップホップやアフリカン・アメリカンのカルチャーを書いたり話したりすることを職業の一部にしてきましたが、そのこと自体の罪深さを見つめ直す機会になりました。荏開津さんがおっしゃったように、ブラック・ライブズ・マター運動は以前からあるのですが、それをこれまでは「アメリカの出来事」として、対岸の火事のように見つめていただけだったと思います。

それを今回、その人種差別の社会的な構造なども含めて、初めて自分の身にトレースして考えるきっかけになりました。そして、学生時代ぶりくらいに、図書館に行って調べものをしたり読書したりする時間がかなり増えました。おこがましい言い方かもしれませんが、私にとってはアフリカン・アメリカンの歴史や、背景についてより深く学んでいこうと思う機会になっています。

渡辺志保(わたなべ しほ)<br>音楽ライター。広島市出身。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。これまでにケンドリック・ラマー、AAP・ロッキー、ニッキー・ミナージュ、ジェイデン・スミスらへのインタヴュー経験も。共著に『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門」(NHK出版)などがある。block.fm「INSIDE OUT」などをはじめ、ラジオMCとしても活動中。
渡辺志保(わたなべ しほ)
音楽ライター。広島市出身。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。これまでにケンドリック・ラマー、AAP・ロッキー、ニッキー・ミナージュ、ジェイデン・スミスらへのインタヴュー経験も。共著に『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門」(NHK出版)などがある。block.fm「INSIDE OUT」などをはじめ、ラジオMCとしても活動中。

荏開津:音楽ジャーナリズムの中でも、2010年代は「ラップの10年間だった」と言われていますよね。私が尊敬している編集者 / 音楽ジャーナリストの田中宗一郎さん、宇野維正さんの『2010s』(新潮社)という本では「ラップミュージックはどうして世界を制覇したのか」と1章を割いています。ただ、それはラップというものを括弧付けの「ブラックネス」から漂白していった10年とも言えるし、グローバルにラップが盛んなんだから、それが事実とも言える。日本でも「ラップミュージックはみんなで楽しむ音楽だよね」という姿勢が浸透したのと前後して、ケンドリック・ラマーのブラック・ライブズ・マターと親和性が高かった”Alright”という曲と、アルバム『To Pimp a Butterfly』(2015年)がリリースされました。

ヒップホップって言い方で語ってほしくない、エンターテイメントなんだから「ブラックネス」というか、アフリカン・アメリカンの人たちの状況と引き剥がしてラップミュージックを楽しもうよ、というのが日本でも広まっていましたよね。もちろん、音楽を楽しむという意味で当然だと思います。引き剥がして楽しめる曲が実際に多いんだから。でも、日本で言うポップミュージックっていう枠組み自体がアメリカのものメインではないですか? 20世紀の「強く」「正しかった」アメリカが今は「落ち目」で、今の小学生が大人になる頃にはどうなっているのか分からない。とするなら、その歴史的な変動とダイレクトに関係しているのは文学や映画より、まずアフリカン・アメリカンの人たちが作ったアートとしてのラップだと思います。

例えば、ファレル・ウィリアムズの前のアルバムの代表曲は“Happy”(2013年)ですよね。そのファレルが今回、JAY-Zと組んで出した曲がアフリカン・アメリカンの人々を後押しするための“Entrepreneur” (2020年)で。だから、ファレルはこの音楽がどこから来ているのか、なにが大切なのかをしっかりと考えているんだろうなと改めて思いました。

ファレル・ウィリアムズ“Entrepreneur (feat. JAY-Z) ”を聴く(Spotifyを開く

渡辺:ファレルは雑誌『TIME』でもエッセイを寄稿していて。それが自分が育ったバージニア州について、つまりイギリスから最初に奴隷が連れてこられた場所でもあるところまでさかのぼってエッセイを書いていました。

ファレルのパブリックイメージって「カルチャーの王様」だと思うんですね。もともとはファレルやビヨンセって、白人にもフレンドリーな黒人セレブで、おしゃれなスタイルを追求しているアイコニックな存在だったと思うんです。

荏開津:それが事実としてあると同時に、個人的には政治的な発言を避けていたというイメージがあったんですが、今回の動きで考えを改めました。”Happy”はちょうどブラック・ライブズ・マター運動が発足する同時期に映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』(2013年)のサウンドトラックとしてリリースされました。また、以前から彼は日本と縁があり、自分の周りには直接彼を知る人も少なくないですが、そうした彼のファッションと連動したプロジェクトなどを考えても”Happy”という曲自体が融和政策的な視点の下に作られた曲だと思います。また、翌年のアルバム『GIRL』は女性讃歌を前面に打ち出したものだという点を思い出してもいい。

渡辺:そのファレルが今は「Happy」モードではないんだなと思った最初のきっかけが、今年リリースされたRUN THE JEWELSのアルバム収録の“JU$T” (2020年)って強烈な曲に参加していたこと。その曲のフックでは<ドル札に描かれた偉人たちを見よ / 彼らは奴隷所有者だった>ということが歌われてるんですね。だから、よりラディカルなモードになっているなと思いました。他のアーティストの曲でここまでラディカルになっているから、自分が主体になったらどんなことを歌うんだろうと思っていたら、“Entrepreneur”と『TIME』誌のエッセイがあったので腑に落ちましたね。<黒人の企業家をサポートせよ>というメッセージをJAY-Zと共に発信したのですから。

RUN THE JEWELS“JU$T (feat. Pharrell Williams & Zack de la Rocha) ”を聴く(Spotifyを開く

荏開津:「白人」と「黒人」という言い方を敢えてするなら、異なる肌の色のMCからなるRUN THE JEWELSのアルバムは今年のラップ / ヒップホップ・アルバムのベストに入るでしょう。同じくベストの1つにJay Electronicaの『A Written Testimony』(2020年)も入ると思いますが、これは振り切ったムスリム視点のアルバムです。また政治や宗教と音楽が関係ないどころではない、そしてラッパー同士というか、ブラザー / シスターという言葉を使うなら、NONAMEとJ.Coleの間で、意見のぶつかり合いがありましたよね。

―NONAMEがTwitterで声をあげないアーティストを批判したのに対して、J.Coleが彼女にあてたとされる “Snow On Tha Bluff”をリリースし、それにNONAMEが“Song 33”でアンサーを返しましたね。

荏開津:J.Coleの“Snow On Tha Bluff”のリリックには<自由を木々のようなものだと思ってる / 一晩じゃ森のように成長しない>や<忍耐が必要なことを理解してほしい>という部分がありますね。

きっと以前は、ファレルもビヨンセもそういうマインドだったのかなと思います。たとえば “Happy”MVでファレルがかぶってる帽子はヴィヴィアン・ウエストウッドのもの。つまり、白人的な意匠とも言える。DAFT PUNKとのコラボも、もともとアメリカのディスコだったものをフランスを経由して、またアメリカに戻してくるという。やはりトランプ政権以前の融和政策的な立ち位置でまとめようとしていたと思います。

ファレル・ウィリアムズ“Happy”を聴く(Spotifyを開く

荏開津:そうした時代と比較して、今年のベストに入るだろうRUN THE JEWELSのアルバムや“JU$T”はかなりラディカルですよね。アメリカ建国以来の「罪」を告発しているわけですから。

渡辺:RUN THE JEWELSは、キラー・マイクのソロ作品含めて、これまでにも過激なメッセージを放ってきましたが、今回、ムーブメントの流れと彼らのアルバムがこれまで以上にない相乗効果を生み出しているな、という感じはありますね。

Page 1
次へ

サービス情報

Spotify

・無料プラン
5000万を超える楽曲と30億以上のプレイリストすべてにアクセス・フル尺再生できます

・プレミアムプラン(月額¥980 / 学割プランは最大50%オフ)

プロフィール

荏開津広(えがいつ ひろし)

執筆 / DJ / 京都精華大学、東京藝術大学非常勤講師、RealTokyoボードメンバー。東京生まれ。東京の黎明期のクラブ、P.PICASSO、MIX、YELLOWなどでDJを、以後主にストリート・カルチャーの領域で国内外にて活動。2010年以後はキュレーション・ワークも手がけ、2013年『SIDECORE 身体/媒体/グラフィティ』より、ポンピドゥー・センター発の実験映像祭オールピスト京都ディレクター、日本初のラップの展覧会『RAP MUSEUM』(市原湖畔美術館、2017年)にて企画協力、Port Bの『ワーグーナー・プロジェクト』(演出:高山明、音楽監修:荏開津広 2017年10月初演)は2019年にフランクフルト公演好評のうちに終了。翻訳書『サウンド・アート』(フィルムアート社、2010年)、『ヤーディ』(TWJ、2010年)。オンラインで日本のヒップホップの歴史『東京ブロンクスHIPHOP』連載中。

渡辺志保(わたなべ しほ)

音楽ライター。広島市出身。主にヒップホップ関連の文筆や歌詞対訳に携わる。これまでにケンドリック・ラマー、A$AP・ロッキー、ニッキー・ミナージュ、ジェイデン・スミスらへのインタヴュー経験も。共著に『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門」(NHK出版)などがある。block.fm「INSIDE OUT」などをはじめ、ラジオMCとしても活動中。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。