ズーカラデルの歌が掬う、世間のカテゴライズに押し殺された声

ズーカラデルの歌が掬う、世間のカテゴライズに押し殺された声

2020/02/17
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:山川哲矢(Showcase)

いろんなものに対して「そんなに悲しい顔しないでよ」って思っちゃうんですよ。

―「諦め」があるとは言っても決して虚しさに引き裂かれた歌にならないですよね。バンドというよりも楽団が行進しているように彩りが豊かなリズムとメロディと音の重なりが多いことも含めて、自分のテーマは実際の音楽にどう映っていると思うんですか。

吉田:ああ……行進と言っていただきましたけど、確かに曲を書く時って、生きていてどんなに意味のなかった瞬間でも、その全部が自分についてきてる感覚があるんですよ。諦めたことも、しょうもないと思ったことも、“イエス”で言えば<不味かった昼飯>みたいに日の目を見なかった時間も、全部が自分の後ろを歩いてる。自分が何かの魔法を求めるようにして歌ってるのも、そういう「意味がない」とされる時間も結局はついてきちゃうからだっていうある種の諦めがあるからなんでしょうし。それをどうにかしてやりたいっていう気持ちなのかもしれないです。

左から:鷲見こうた、吉田崇展、山岸りょう

吉田:……こういう感覚は、なかなか言葉にできなかったんですけど。世間的な価値観の中でどんなにダメとされるものがあったとしても、「ちょっと過小評価され過ぎてない?」とか、「言うほどそいつはダメじゃないよ」って言いたい。そのために歌っているような気がするし、それは自分に対してもそうだと思うんですよ。

―そうですよね。

吉田:だから音楽的に言えば、深刻に歌ったり気に食わないことを歌ったりするよりも、できるだけグッとくるようなものにしたくて。曲の作りには自分のチャラい部分が出てる感覚があるっていうか(笑)。

―全然チャラい方だとお見受けしないんですけど(笑)。

吉田:はははははは。サウンドに関しては、結構軽薄な気持ちでやっちゃってるんですよね。たとえば暗い部分を歌っている瞬間にサウンドも暗くなっちゃうと、自分の中では「合致してる」というよりもバランスの悪いものに感じちゃうんです。それだと本当に、しょうもないとされたものがしょうもないままで終わっていく。だから、音楽の中では跳ねるようなリズムやサウンドを選ぶのかもしれないんですけど。

―今おっしゃったのはつまり、音楽の中でなら転覆させられる感情があるっていうことですよね。

吉田:やっぱりね、いろんなものに対して「そんなに悲しい顔しないでよ」って思っちゃうんですよ。たとえば札幌のライブハウスでも、人間的にも音楽的にも「しょうもないもの」はたくさん見てきたんです。だけど、その人間性と音楽性ががっちりとハマって、その人なりのドラマがそこにあると感じられた時に、それは決して否定されるべきものじゃないって思うようになったんですよ。なんと言われようと、その人だけのドラマがある。たったそれだけでも、僕は美しいと思っちゃうんです。

左から:鷲見こうた、吉田崇展、山岸りょう

―それに、そもそも意味がないとされるものの叫びや存在証明を許しながらロックは転がってきましたよね。本来的に、もっとも寛容な音楽で。だからこそ吉田さんの言う魔法も諦めも、この音楽の中では倒錯したまま存在できるというか。

吉田:たとえば、「美しい」にならないとそれがイコール「美しくないもの」とされたり。あるいは「上手くいってる」じゃないと自動的に「上手くいってない」になったり。でもそんな二極化した価値観と関係ないところにいたって、素晴らしいものや大事なものに出会えるし、生きていけるんですよ。それが僕の場合、地元の札幌にいた時に出会ったロックバンドだったんです。ビバサドンナっていうバンドが札幌にいて、当時はチューニングもぐちゃぐちゃでノイジーな音楽を鳴らすバンドだったんですよ。でも、とにかく曲が美しくて。

いわゆる社会の価値観とは別のところにも美しさは無数にあるんだよなって気づいてきたことが自分の中で本当に大きかったし、それは自分の生活レベルでも強く実感できたんですよ。本当は素敵なものなのに、なぜか社会一般の価値観に押し殺されてるもの――やっぱり、それが自分の声や歌になってる気がします。

―“前夜”には<革命家が指をさす / その方角に誰もが目を凝らす / 作戦通り今夜僕はスイッチを入れて / 街を焼き尽くす獣を放つ / デストロイヤー / 本当はとても愛しているんだよ>というラインがあって。生産的でないもの、意味がないとされるものを切り捨てていこうとする今をあまりに簡潔に言い当てていると感じたし、まさに今おっしゃった「押し殺されたもの」を解き放っている歌だと思ったんです。何より、じっくりと昇り続けていくメロディが素晴らしくて。

吉田:そうですねえ……“前夜”は、2011年の東日本大震災の時に書いた曲なんですよ。当時はまだ別のバンドをやっていた頃なんですけど、今までずっと大事にしてきた曲で。福島の原発の事故があった時に、あの発電所を見て感情移入したんですよ。原発の事故があって、あの発電所そのものが悪だと言われて……でも、あの発電所自身はきっとそんなつもりじゃなかったと思うんですよ。

ズーカラデル“前夜”を聴く(Spotifyを開く

左から:鷲見こうた、吉田崇展、山岸りょう

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

ズーカラデル『ズーカラデル』
ズーカラデル
『ズーカラデル』(CD)

2019年7月10日(水)発売
価格:2,546円(税込)
PECF-3235

1. 花瓶のうた
2. イエス
3. 漂流劇団 – NY mix
4. リトル・ミス・ストレンジ
5. 春風
6. 生活
7. ウェイティングマン
8. 恋と退屈 – NY mix
9. 青空
10. 光のまち
11. アニー
12. 前夜

プロフィール

ズーカラデル
ズーカラデル

左から:鷲見こうた(Ba)、吉田崇展(Vo,Gt)、山岸りょう(Dr)。札幌発のロックバンド。2015年、吉田崇展が中心となって「吉田崇展とズーカラデル」を結成。2017年9月に1stミニアルバム『リブ・フォーエバー』を発売し、改名。2018年に現体制となり、2ndミニアルバム『夢が醒めたら』を発売。2019年7月10日、1stフルアルバム『ズーカラデル』を発売。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。