カネコアヤノと曽我部恵一、小田朋美が語る「猫と聴きたい曲」

カネコアヤノと曽我部恵一、小田朋美が語る「猫と聴きたい曲」

テキスト
坂井彩花
編集:柏井万作(CINRA.NET編集長)

カネコアヤノの2曲目、高田渡“日曜日”

曽我部:ソングリスト4曲目は、カネコアヤノさん。よろしくお願いします。

カネコ:高田渡さんの“日曜日”という曲を選びました。

カネコアヤノ

高田渡“日曜日”を聴く(Spotifyを開く

曽我部:この曲って、どのアルバムに入ってましたっけ?

カネコ:あの白いジャケットに入ってた……。でも、私はラジオみたいになってる作品で聴いて。

小田:あっ、私もそれ聴きました。最初に口上があって。

カネコ:そうそうそう。

曽我部:いい曲だね。これは渡さん、喫茶店にいるんだよね。

カネコ:私、この『SONG LIST』の選曲をしてるときに高田渡さんを流しながら洗濯物を干してたんですけど、その間もずっと近くにいるんですよ、うちの猫は。その日がちょうど日曜日で、自然に一緒に聴きたい曲って、こういう日常的に流れているような曲なのかなと思って、この曲にしてみました。

カネコアヤノ

曽我部:なるほど。猫ちゃんと聴きたい。普通ってことだよね。

カネコ:そう。私の場合、家に猫がいて一緒に暮らしてるのが普通で、私が普通に暮らしてるときに猫はゴロンってしていたり、それが普通だから。私が普通のときに聴ける曲が、「私が猫と聴きたい曲」なのかなって。

小田:普段はスピーカーで聴いたりするんですか。

カネコ:そうですね。洗濯物とかを干してるときは、iPhoneから流してるときもあるし、レコードプレイヤーで流してるときもあります。

曽我部:すーって入ってくる曲ですよね。

カネコ:そうそう。それがいいなって。

曽我部:渡さんの曲って、そうだよね。メッセージとか、そういうことじゃなくて。

左から:カネコアヤノ、小田朋美、曽我部恵一

カネコ:馴染みが。

曽我部:馴染みがあるよね。すーってね。どうしてなんすかね(笑)。

カネコ:なんなんですかね。

曽我部:しゃべってるのの延長線で歌がある。

カネコ:本当に。このしゃべりから入るのも、すごい自然な流れ、本当に。それもすごい好き。

曽我部:いい曲でした。

カネコ:うん、いい曲。

小田朋美の2曲目、矢野顕子”ひとつだけ”

小田:続いて私が選んだ「私が猫と聴きたい曲」は、矢野顕子さんの“ひとつだけ”。

矢野顕子“ひとつだけ”を聴く(Spotifyを開く

曽我部:これってアルバムの1曲目でしたっけ? このアルバムいいんだよなあ……。やっぱアッコちゃん好きなんですか。

小田:好きですね~。

曽我部:いいね、ポップでね。矢野顕子さんの“ひとつだけ”。

小田:正直なところを言うと、矢野顕子さんの“右手”という曲を選ぼうとしてたんですよ。カバーなんですけど。『音楽堂』っていうアルバムに入ってて、そのジャケットが猫が飛んでてすごい素敵で。でも、Spotifyに入ってなかったんですよね。

小田朋美

曽我部:それは、誰のカバーなんですか。

小田:ELLEGARDEN。

曽我部:え!

小田:私も実はちゃんと知らなくて。「そういえば!」と思って調べたら、ELLEGARDENのカバーなんだけど、本当に全然違う曲になってて。メロディーとかが全然違う。

曽我部:あっこちゃん節になってるんだ。

小田:そうそう。あっこちゃん節になってて。すごい好きなカバー。

曽我部:何を歌ってもね。この人節になっちゃいますもんね、矢野顕子さん。でも“ひとつだけ”も、すごい名曲ですよね。

小田:本当に。(忌野)清志郎さんと歌ってらっしゃるのも、すごくいい。

曽我部:これ、なんで猫ちゃん……。それは“右手”がなかったからか。

小田:そうです、ごめんなさい。すごい……ひとりだけ猫から離れてる感じに……。

左から:カネコアヤノ、小田朋美、曽我部恵一

曽我部:大丈夫です(笑)。

番組の途中では「FRIENDSHIP.」からのお知らせコーナーも。ここでは、キュレーターを務めるタイラダイスケがんoonを紹介
番組の途中では「FRIENDSHIP.」からのお知らせコーナーも。ここでは、キュレーターを務めるタイラダイスケがんoonを紹介(FRIENDSHIP.のサイトを見る

Page 4
前へ 次へ

番組情報

『SONG LIST』
『SONG LIST』

WOWOWとCINRA.NETがタッグを組んだ音楽トーク番組。2019年12月3日(火)から毎週火曜にWOWOW、12月5日(木)から毎週木曜21:45~歌謡ポップスチャンネルで放送。

MC:
オカモトレイジ(OKAMOTO'S)
小田朋美(CRCK/LCKS、DC/PRG)
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
西寺郷太(NONA REEVES)
ピエール中野(凛として時雨)
manaka(Little Glee Monster)
Yuto Uchino(The fin.)

プロフィール

カネコアヤノ

弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表、その後、続々と新作をリリースする。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』、2018年4月に新作アルバム『祝祭』を発表し、このアルバム2作は各所で高い評価を獲得する。そして2019年1月に7インチ『明け方/布と皮膚』を、さらに4月にはシングル『愛のままを/セゾン』をリリース。9月にフルアルバム『燦々』を発売し、11月13日に弾き語り再録アルバム『燦々 ひとりでに』をCDとカセットで発売する。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。