カネコアヤノと曽我部恵一、小田朋美が語る「猫と聴きたい曲」

カネコアヤノと曽我部恵一、小田朋美が語る「猫と聴きたい曲」

テキスト
坂井彩花
編集:柏井万作(CINRA.NET編集長)

カネコアヤノの1曲、YMO“君に、胸キュン。”

曽我部:まずは1曲目、カネコさんの選曲は、YMO(Yellow Magic Orchestra)の“君に、胸キュン。”。

YMO(Yellow Magic Orchestra)の“君に、胸キュン。”を聴く(Spotifyを開く

曽我部:これなんだ。

カネコ:ふふっ。私は家に猫がいるから、自分の猫のことを考えちゃったんですけど。この曲って、ミュージックビデオで踊ってるじゃないですか。私は家で音楽を流してるときとかに、猫を抱っこして躍らせたりしてるんですよ。猫には迷惑かもしれないんですけど(笑)。だから、このミュージックビデオも流して、躍らせたい……。

小田:まだやったことはないの?

カネコ:そう。このテーマを考えたときに、やりたいかも……って思って(笑)。

曽我部:この曲好きなんですよね、元々ね。

カネコ:好き好き好き。好きで一番に「これだわ」って。しかも、タイトルも「猫に、キュン」みたいな。

カネコアヤノ

小田:タイトルがいいですよね。「、」の使い方。「君に、」って、ここで切るのがすごいなって。「、」って大事じゃないですか。サニーデイ・サービスとかも、「サニー・デイサービス」にしちゃったら……。

一同:爆笑

曽我部:本当だ(笑)。あるんですけどね、そういうとこも。

左から:カネコアヤノ、小田朋美、曽我部恵一

小田:ceroの現場で(小田はceroのサポートメンバーとしても活動中)、地方に行ったとき、実際にあったんですよ(笑)。

曽我部:そう、あるんですよ。けっこうある(笑)。しかもそれをみんながSNSにあげたりするんです。写真を撮ってね。みなさん、やめてくださいね(笑)。

でも、この曲は本当に好きで、カバーもしたことがあって。初めて聴いたのは、小5の時かな。親にシングル盤を買ってもらってね。いまだに持ってるし、いまだにしょっちゅう聴くのね。

曽我部恵一

Sugiurumn, 曽我部恵一の“君に、胸キュン。浮気なヴァカンス”を聴く(Spotifyを開く

カネコ:うわー、素敵。めちゃめちゃ。

曽我部:本当に好きで。この曲は、魔法があるよ。

カネコ:わかります。そんな感じがする。

曽我部:夏の透明感。

カネコ:渚! って感じがする。

曽我部:「憧れ」みたいなのも感じるよね。

小田:最初に<キュン>で始まるとこもいいですよね。

カネコ:あそこいいですよね。声がいい。

左から:カネコアヤノ、小田朋美、曽我部恵一

曽我部:これが出た時ね、細野(晴臣)さんが宣伝しに『笑っていいとも!』に出たんだよね。俺、それを見てるんですよ。リアルタイムで。

カネコ:すごい! リアルタイムで羨ましいです。

小田朋美の1曲、Cornelius”Drop”

小田:続いては、私の選んだ「私が猫と聴きたい曲」。Corneliusの”Drop”です。

Cornelius“Drop”を聴く(Spotifyを開く

曽我部:選曲の理由はなんですか?

小田:まず、猫は飼ったことがないから、正直わからないなと思って。それで知り合いの猫好きに訊いてみたら、「猫によるんじゃない?」って言われて。

曽我部:たしかに。猫によるかもしれないね。

小田:そう。それでしょうがないから、申しわけないんですけど、「亀と聴きたい曲」を選びました。ごめんなさい……。

曽我部:それ、今度またやりましょうって言ったじゃないですか!(笑)

小田:亀になっちゃった(笑)。

左から:カネコアヤノ、小田朋美、曽我部恵一

曽我部:なんで「亀と聴きたい曲」で、Corneliusなんですか。

小田:うちの亀はパーカッションが好きなんですよね。パーカッションを聴くと反応がすごくて。

カネコ:え、可愛い……。

曽我部:この曲、ぽちゃぽちゃいってるから思い出すんじゃない?

小田:そうそう! 昔の記憶がよみがえる。

曽我部:ぽちゃぽちゃやっていたときのこと。それで迷って道端で拾われたんだよね。そうだー、ぽちゃんっていうからかぁ。

小田:そう、それでこれを猫と聴いたら、猫はどうかなって。

曽我部:うーん、猫はぽちゃぽちゃ、あんまり関係ないですよね(笑)。

小田:あんまり、よくない?

曽我部:う~ん、水辺……。

カネコ:水は嫌い……。

小田:あ、嫌いなんだ。

カネコ:うん~、大嫌い。

小田:あ、じゃあダメですねこの曲(笑)。

小田朋美

一同:笑

曽我部:でも、いいんじゃないですか。あえてね。うん(笑)。

番組の途中では「FRIENDSHIP.」からのお知らせコーナーも。キュレーターを務めるDATSのMONJOEがDos Monosを紹介。中高の同級生でもあるとのこと
番組の途中では「FRIENDSHIP.」からのお知らせコーナーも。キュレーターを務めるDATSのMONJOEがDos Monosを紹介。中高の同級生でもあるとのこと(FRIENDSHIP.のサイトを見る

Page 2
前へ 次へ

番組情報

『SONG LIST』
『SONG LIST』

WOWOWとCINRA.NETがタッグを組んだ音楽トーク番組。2019年12月3日(火)から毎週火曜にWOWOW、12月5日(木)から毎週木曜21:45~歌謡ポップスチャンネルで放送。

MC:
オカモトレイジ(OKAMOTO'S)
小田朋美(CRCK/LCKS、DC/PRG)
曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
西寺郷太(NONA REEVES)
ピエール中野(凛として時雨)
manaka(Little Glee Monster)
Yuto Uchino(The fin.)

プロフィール

カネコアヤノ

弾き語りとバンド形態でライブ活動を展開中。2016年4月には初の弾き語り作品『hug』を発表、その後、続々と新作をリリースする。2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』、2018年4月に新作アルバム『祝祭』を発表し、このアルバム2作は各所で高い評価を獲得する。そして2019年1月に7インチ『明け方/布と皮膚』を、さらに4月にはシングル『愛のままを/セゾン』をリリース。9月にフルアルバム『燦々』を発売し、11月13日に弾き語り再録アルバム『燦々 ひとりでに』をCDとカセットで発売する。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。