柴田聡子×吉開菜央 プレイリストを見せ合いながら音楽話に花が咲く

柴田聡子×吉開菜央 プレイリストを見せ合いながら音楽話に花が咲く

2021/06/24
インタビュー・テキスト
村尾泰郎
撮影:松永つぐみ 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

吉開菜央の「On Repeat」プレイリストを公開。大学院時代にふたりがやっていた、イントロクイズの思い出も

―次は吉開さんの「On Repeat」を見て見ましょうか。

吉開菜央の「On Repeat」プレイリストを聴く(Spotifyを開く

柴田:(プレイリストを見ながら)なんか、シャレてますねー。全然知らない人ばっかだよ。あ、柴田さんがいる。

吉開:柴田さんはライクしてるよ!

柴田:すみません、なんかサービスしてもらって(笑)。

吉開菜央

吉開:あ、この人、最近見つけて好きなんです。

柴田:オーロラ? 気になる。どういう人? 聴いてもいい?

(曲を再生する)

吉開:オーロラは『アナ雪』の曲でコーラスをやっていて有名になったらしいんだけど、前からずっと音楽活動をしていて、めっちゃ踊れるの。歌いながらすごい手が動くんだよね。阿波踊りみたいに。踊りも好きだし、歌もすごく好き。

柴田:いいね。ケルトっぽいところもある! 可愛いし。

吉開:可愛いよね。多分、オーロラを聴いてた流れでオラファー(・アーナルズ)をすすめられた気がする。

柴田:じゃあ、オラファーも聴いてみよう!

(曲を再生する)

吉開:このMVもすごく好きなの。星がバーン、バーンって上がっていく。こういうのがパソコンのスクリーンセーバーだったら最高だろうなっていう感じの美しい映像で、めちゃくちゃきれい。

柴田:美しい! 吉開ちゃんはいろんなものを聴いてるね。よく見つけるね。

吉開:柴っちゃんもいろいろ聴いてるんじゃないの? ここ(プレイリスト)には出てないものを。私たち、大学院のときに一緒だったんですけど、すごかったんですよ、柴っちゃん。柴っちゃんの携帯にはいろんな曲が超たくさん入ってたんで、みんなでイントロクイズをやったんです。そのなかから私が出題したら、3秒くらいで答えるんです。

―イントロクイズ王!

柴田:そんなことやってたっけ?

吉開:その時かけたのは池田亮司(パリで活動する電子音楽、実験音楽家、現代美術作家)みたいな曲だった。

柴田:あー、私、リッチー・ホゥティン(イギリスのテクノミュージシャン)とかにハマってたから。

吉開:変なリズムで何の音が鳴ってるのかわからないような曲ばかりだけど、聴いたらすぐに「この曲!」って当てて。

柴田:あははは。やばいね。

吉開:柴っちゃんの脳みそ、どうなってるんだろうって。

柴田:当時はミニマルテクノとかサイン波とか聴いてたねえ(笑)。

柴田聡子

―芸大! って感じですね。

柴田:そうなんですよ。アートプラットフォームの音の世界は広大なので、いろんな音を耳にして興味が広がるから、ノイズとか聴きたくなるんでしょうね。でも、「ピーピーピピ」とか1年間くらい聴いてたら具合が悪くなるんですよ(苦笑)。

吉開:でも、その頃に「松本隆の詞がいい」とか言ってたし、ユーミンとか松田聖子とかもめっちゃ聴いてたでしょ? (ノイズと歌謡曲という)まったく離れたものを聴いてて、「音楽が超詳しいな」って思ってたよ。

柴田:いやー、お恥ずかしい。

―そういうエクストリームな音楽の聴き方を抜けたところに、ピニャコラーダがあるわけですね。

吉開:そういう時期があるから、(柴田さんの音楽が)面白くなってると私は思うけどね。

柴田:いまは何でもいい感じだよ。何でも好きだもん。

Page 3
前へ 次へ

リリース情報

柴田聡子
『がんばれ!メロディー』(2LP)

2021年6月16日発売
価格:4,950円(税込)
PLP-7120

[SideA]
1. 結婚しました
2. ラッキーカラー
3. アニマルフィーリング

[SideB]
1. 佐野岬
2. 涙
3. いい人

[SideC]
1. すこやかさ
2. 心の中の猫
3. ワンコロメーター(ALBUM MIX)
4. 東京メロンウィーク

[SideD]
1. ジョイフル・コメリ・ホーマック
2. セパタクローの奥義(ALBUM MIX)
3. 捧げます

プロフィール

柴田聡子(しばた さとこ)

1986年札幌市生まれ。恩師の助言により2010年より音楽活動を開始。最新作『がんばれ!メロディー』まで、5枚のオリジナルアルバムをリリースしている。去る10月にはバンド編成「柴田聡子inFIRE」による、初のバンドライブ盤『SATOKO SHIBATA TOUR 2019 “GANBARE! MELODY” FINAL at LIQUIDROOM』をリリースした。また、2016年に上梓した初の詩集『さばーく』では現代詩の新人賞を受賞。雑誌『文學界』でコラムを連載しており、歌詞にとどまらない独特な言葉の力が注目を集めている。2017年にはNHKのドラマ『許さないという暴力について考えろ』に主人公の姉役として出演するなど、その表現は形態を選ばない。2020年7月3日、4曲入りEP『スロー・イン』をリリース。

吉開菜央(よしがい なお)

映像作家・ダンサー。生き物ならではの身体的な感覚・現象を素材に、「見て、聴く」ことに集中する時間を映画にしている。2015年に監督した映画『ほったまるびより』が文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞を受賞。近年の主な作品は『風にのるはなし』『静坐社』『みずのきれいな湖に』。いずれも国内外の映画祭や展覧会で上映されている。MVの監督・振付・出演も行い、至福の健康動画を配信する[White Leotards]のリーダーでもある。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。