結成10周年の乃木坂46、作曲家・杉山勝彦が語る名曲誕生の裏側

結成10周年の乃木坂46、作曲家・杉山勝彦が語る名曲誕生の裏側

2021/10/21
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:豊田和志 編集:金子厚武、CINRA編集部

『THE FIRST TAKE』で披露された“きっかけ”、その切実さとポップさの理由

―2021年8月に開催された『真夏の全国ツアー2021 乃木坂46結成10周年記念セレモニー』の最後に披露され、先日は4期生の遠藤さくらさんが『THE FIRST TAKE』で歌唱した“きっかけ”も、乃木坂46を代表する名曲であり、杉山さんの色が感じられる曲だと思います。

乃木坂46“きっかけ”を聴く(Spotifyを開く

杉山:“きっかけ”は、バンドサウンドとオケの組み合わせなど“君の名は希望”の兄弟的な要素もある曲だと思っています。ただ、“君の名は希望”は限りなくピュアなイメージで音をつくっていったのに対して、“きっかけ”はもっと……情熱的とはいわないまでも、切実さを意識したというか。

大サビ前のブリッジの部分はBメロのキーを上げてDメロにしていて、乃木坂46の曲のなかでも特にキーが高いと思うんですけど、あの一番ピークのところでオケが一番薄くなっていて。それによって、ある種の不安やドキドキする感じが生まれた。その印象から秋元先生があの素晴らしい歌詞をつけてくださったのかなって。

杉山勝彦

―歌のピークで一緒にバックも盛り上がるのではなく、あえて「抜く」ことがポイントだったと。

杉山:そうなんです。あと、ぼくはよくオンコードを使うんですけど、“きっかけ”の一番キーが高くなるところだけオンコードにしていて、そういうエモさの出し方も乃木坂46的だと思うんです。普通だったら派手に盛り上げるところを、そうはしない。彼女たちのユニゾンの感じにも、そっちのほうが合うんじゃないかなって。

―“きっかけ”もバンドサウンドではあるけど、アコギのストロークを軸に、“君の名は希望”以上にシンプルで、その音数の少なさも切実さを引き立てているなと。

杉山:“君の名は希望”はキックだけ打ち込み系のサンプルなんですけど、“きっかけ”は全部生ドラムなんですよね。ビートもサビは4つ打ちですけど、ほかは頭打ちのスネアのビートを結構使っています。ぼく、L⇔Rさんの“KNOCKIN' ON YOUR DOOR”のドラムパターンがすごく好きなんですけど、あの感じをイメージしました。

L⇔R“KNOCKIN' ON YOUR DOOR”を聴く(Spotifyを開く

杉山:ああいう「ダーンダカダカダーン」みたいなキメって、どちらかというと明るさが感じられますよね。それをあえて“きっかけ”で使ったのは、メロディーがすごく切ない分、湿っぽくなり過ぎないように、全体のバランスを考えたからです。つくっている最中は夢中なんですけど、あとで紐解くとそういう感じで……元ネタまで話すのは初めてです(笑)。

「ミスチル割り」をさらに突き詰めた“サヨナラの意味”の譜割り

―“きっかけ”はMr.Childrenの桜井和寿さんが元JUN SKY WALKER(S)の寺岡呼人さんと一緒にカバーをしていて、それもきっと杉山さんにとっては「夢が実現した」ことのひとつですよね。

杉山:自分にとっての思春期からのスターが、自分の曲を歌ってくださるというのはものすごく光栄なことでした。なおかつ、やっぱり「アイドルの曲」みたいなバイアスがどうしてもあると思うんですけど、それを桜井さんが「いい曲」と言ってくれたのは、本当に嬉しいことで。自分が音楽を始めようと思ったきっかけの人に“きっかけ”が届いて、その曲で微力ながらもグループに貢献できたのは、本当に幸せです。

ぼくそれまで「Mr.Childrenが好き」ということを表では一切言ってなくて、影響をわかりやすく出すこともしてなかったんですけど、これを機に愛情があふれだしてしまって(笑)。それでできたのが“サヨナラの意味”だったので、“きっかけ”がなかったら、“サヨナラの意味”もなかったかもしれない。個人的な話ですけど、前の事務所から独立した半年後くらいに“サヨナラの意味”が出て、「独立しても、この世界でちゃんとやっていける」と思えた曲でもあります。

乃木坂46“サヨナラの意味”を聴く(Spotifyを開く

―“サヨナラの意味”はメンバーの卒業タイミングで必ず歌われる、やはりグループにとって非常に大事な一曲ですが、この曲には杉山さんのミスチル愛があふれだしていると(笑)。

杉山:影響はいろいろあるんですけど、やっぱり譜割りなんですよね。以前『関ジャム』(テレビ朝日)のMr.Children特集に出演させていただいたとき、桜井さんがよく使う譜割りのことを「ミスチル割り」と紹介させてもらいました。例えば、“innocent world”の「タータータ、タータータ」みたいな譜割りですね。でも、あれを使ってる人自体はいっぱいいるんです。“インフルエンサー”の<ブンブンブン ブンブンブン>もそうですしね。

Mr.Children『innocent world』を聴く(Spotifyを開く

乃木坂46“インフルエンサー”を聴く(Spotifyを開く

杉山:でも本当はもっと奥深くて、<いつの日もこの胸に 流れてるメロディー>の「流れてるメロディー」のところとか、音の高低のアクセントの位置がすごくオシャレなんですよ。“サヨナラの意味”もそこを丁寧につくった曲です。アクセントとなる高音を頭にするのではなく、少しずらしていくと、せつないんだけど前に行こうとしてる感じが描けるんですよね。

―みんなが好きな、体に馴染む譜割りをベースにしつつも、高音をとるアクセントの位置が重要だと。

杉山:“サヨナラの意味”は橋本奈々未さんという素晴らしいメンバーの卒業シングルだというのももちろん大きいんですけど、最近だと「卒業ソングランキング」みたいなものに毎年入るようになっていて、スタンダードナンバー化しつつあると思うんです。

よく乃木坂46はAKB48のように社会現象化した曲がないといわれるんですけど、やっぱりもともとはそうしたものに対するカウンターを意識したグループなわけで。たとえ瞬間的な爆発力がなかったとしても、スタンダード化して、時間が経つごとに楽曲のパワーが上がっていく——“サヨナラの意味”はそういう曲になりつつあるんじゃないのかなって。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

乃木坂46
ベストアルバム『(タイトル未定)』

2021年12月15日(水)発売

プロフィール

杉山勝彦(すぎやま かつひこ)

作詞・作曲・編曲家・音楽プロデューサー、フォークデュオ「TANEBI」のギタリスト。1982年1月19日生まれ。埼玉県入間市出身。早稲田大学在籍時代、ラッツ&スターの佐藤善雄にスカウトされ、2007年、Sony Music Publishingの専属作曲家となる。現在は、自身が代表を務める株式会社コライトにて音楽作家活動を行う。2008年、嵐“冬を抱きしめて”で作家デビュー。2013年フォークデュオ「USAGI」結成、2014年ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。2016年所属事務所を独立、「TANEBI」とあらためて活動を行い、現在に至る。家入レオ“ずっと、ふたりで”にて第59回日本レコード大賞作曲賞を受賞。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。