スピッツデビュー30周年。草野マサムネの歌詞の魅力を3人が綴る

スピッツデビュー30周年。草野マサムネの歌詞の魅力を3人が綴る

2021/06/22
リード・編集
井戸沼紀美(CINRA.NET編集部)

「あの日から手に入れた浮力」(福富優樹)

スピッツの歌詞はわかりきれない。難しいわけではないけどどこかが絶対に変で、掴めそうでいて、なかなか掴めずにいて、それでいて遠くにあるわけではなく、ずっと僕のそばにいてくれる。そして日常のふとした瞬間にこちらに話しかけてくれるような気もする。そんな歌詞を書くのは僕が知っている限りマサムネさんだけだ。

はじめてスピッツを聴いたのは小学4年生の時だった。風邪で学校を休んでベッドで横になっている僕が退屈しないようにと、お母さんが枕元にスピッツのアルバムをダビングしたカセットテープと小さなプレイヤーをもってきてくれた。それが僕とスピッツの出会いだった。

そのときに持ってきてくれたカセットは『Recycle』と『ハチミツ』、『インディゴ地平線』に『フェイクファー』の4本で、それまであまり音楽を聴いてこなかった僕はその1日ですぐにスピッツに夢中になった。どこかくせがあってどうしようもなく気持ちが良いメロディと、映像が浮かぶような、それでいてなんとなく曖昧で幻想的な歌詞。ちょうど『三日月ロック』がリリースされた年だったこともあって、テレビで演奏している姿を観てバンドって格好いいなと思うきっかけにもなった。


『三日月ロック』に収録されたスピッツ“さわって・変わって”MV。

それから他のアルバムを順番に聴いていくうちに、僕はスピッツに、そして音楽というものそのものにのめり込んでいった。特に初期のアルバムの歌詞は、当時僕がよく読んでいた星新一のSF短編のような雰囲気があって、静かに興奮したのを覚えている。思えばそれは、物心つく前から大好きだったウルトラマンのサイケデリックな怪獣や宇宙人にも通じるところがあったのだろうと思う。すこしふしぎで変テコな世界感。そしてどことなく感じる死の気配や正体のわからない性的な微熱。そんな幼い僕が好きだった空想の物語の世界と、スピッツの歌詞にはどこか似ているものがあったのだ。

その頃僕はよく<夢を渡る黄色い砂>ってなに? <クロールの午後>ってなに? といった具合にお母さんに歌詞の意味について質問していた。うーん、わからん、とお母さんも言っていたのを覚えている。そのわかりきれなさが僕にはとても魅力的だった。

<ひとりで行くクロールの午後/君の冷たい手を温めたあの日から手に入れた浮力>と歌われるスピッツの“コスモス”(Spotifyを開く

辞書で調べないといけないような難しいことばが使われている、というわけではなく日常で出てくるような言葉がその並びや使われ方でふしぎな、あまり聴いたことがないような歌詞になっていて、ぼうっと聴いていても、はっとするような、ひっかかりになるような箇所がいくつもある。そこを繰り返し読んだり口ずさんだりしながら、僕は頭のなかでぼんやりとその世界を描いてみては、その映画のワンシーンのような世界に入り込んでいた。そんなふうに空想をさせる余白の部分が、スピッツの歌詞のわかりきれなさの部分でもあるのだ。いまでもスピッツの曲には1曲ごとにそんな映像のようなイメージがあって、それはあの頃に空想していたものと変わらなかったりする。

スピッツは今年、デビュー30周年を迎える。スピッツがデビューした1991年はちょうど僕が生まれた年でもあって、そんなちょっとした偶然がとても嬉しかったりする。いままでもこれからも、僕にとってのイマジナリー・フレンドのようなたくさんの曲と一緒に、<ちゃちな夢>の世界は広がっていくのだ。

福富優樹が選んだ歌詞に注目してほしい曲
・野生のチューリップ
・魚
・アパート
・フェイクファー
・夜を駆ける
・死神の岬へ
・インディゴ地平線

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『SPITZ JAMBOREE TOUR 2021 “NEW MIKKE”』

2021年6月29日(火)、6月30日(水)
会場:愛知県 日本ガイシホール

2021年7月10日(土)、7月11日(日)
会場:広島県 広島グリーンアリーナ

2021年7月17日(土)、7月18日(日)
会場:北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

2021年8月7日(土)、8月8日(日)
会場:宮城県 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ (グランディ・21)

2021年9月14日(火)、9月15日(水)
会場:大阪府 大阪城ホール

リリース情報

スピッツ『紫の夜を越えて』
スピッツ
『紫の夜を越えて』

2021年3月25日(木)配信

スピッツ
『紫の夜を越えて』-アートエディション-(CD+7インチアナログ)

2021年7月7日(水)発売
価格:5,500円(税込)
PDCJ-5107
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定

スピッツ『花鳥風月+』
スピッツ
『花鳥風月+』(CD)

2021年9月15日(水)発売
価格:3,300円(税込)
UPCH-2224

1. 流れ星
2. 愛のしるし
3. スピカ
4. 旅人
5. 俺のすべて
6. 猫になりたい
7. 心の底から
8. マーメイド
9. コスモス
10. 野生のチューリップ
11. 鳥になって
12. ヒバリのこころ
13. トゲトゲの木
14. 353号線のうた
15. 恋のうた
16. おっぱい
17. 死にもの狂いのカゲロウを見ていた

プロフィール

高橋久美子(たかはし くみこ)

作家・詩人・作詞家。1982年愛媛県生まれ。詩、小説、エッセイ、絵本の執筆等の他、さまざまなアーティストへの歌詞提供も行う。主な著書に小説集『ぐるり』(筑摩書房)、エッセイ集『いっぴき』(ちくま文庫)、『旅を栖とす』(角川書店)、詩画集『今夜凶暴だからわたし』(ミシマ社)、絵本『あしたがきらいなうさぎ』等。翻訳を担当した絵本『おかあさんはね』(共にマイクロマガジン社)は第9回ようちえん絵本大賞を受賞。

福富優樹(ふくとみ ゆうき)

Homecomingsのギターと作詞を担当。最新作はこの春リリースされたメジャー・デビューアルバム『Moving Days』。音楽活動と並行して京都新聞での連載やPintscope内での連載『シアタールームの窓から』等の執筆活動も行う。2019年にはイラストレーターでもあるサヌキナオヤ氏と共に漫画『CONFUSED!』を発表。

ラブリーサマーちゃん

1995年生まれ。東京都在住の25歳女子。2013年夏より自宅での音楽制作を開始し、インターネット上に音源を公開。SoundcloudやTwitterなどで話題を呼んだ。2015年に1stアルバム『#ラブリーミュージック』、2016年11月にはメジャーデビューアルバム『LSC』をリリースし好評を博す。2020年9月には待望の3rdアルバム『THE THIRD SUMMER OF LOVE』を発売。可愛くてかっこいいピチピチロックギャル。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。