少数派が生きづらい社会で、Doulは音楽を通じて疑問を共有する

少数派が生きづらい社会で、Doulは音楽を通じて疑問を共有する

2021/06/21
インタビュー・テキスト
木津毅
編集:久野剛士、CINRA.NET編集部

人と違う考えを持っている人が自分以外にもいる。その心強さが自分を後押しする

―最近のDoulさんの楽曲についてもお聞きしたいと思います。“The Time Has Come”はロックアンセム的なナンバーで、<I am a fuckin’ rock star / My stage is international>というめちゃくちゃカッコいいフレーズが出てきますが、Doulさんがイメージするロックスターとはどういうものですか?

Doul:自分からすると頂点に立つ者というイメージはべつになくて、自分が持っている表現を包み隠さずいろんな人に共有できる人というイメージですね。不満がたくさんある世のなかを変えたいという気持ちを持っていて、周りに協力しつつも自分の意見をオープンに共有できる人。だから熱い炎に満ちた人だなと思います。

Doul“The Time Has Come”を聴く(Spotifyを開く

―今日お話を聞いていると、周りの目や批判を恐れないことがDoulさんにとってすごく大事なことなんだなと感じます。

Doul:はい、それはありますね。

―そうしたものに立ち向かう原動力はどこから来ていますか?

Doul:周りと違う意見や表現を持っている人は世界中にいて、そういう人たちはそれぞれ大事なものを抱えていると思うんですよ。それぞれに自分を表現するための芯があって。そういう人たちが世界中にいるとわかっているから安心するし、心強い。たとえばそういう人間が世界で自分ひとりだけだと、勝てないかもしれないし、不安がありますけど、そういう人たちが自分をオープンにしてくれるから、こっちも強くいられるんです。

Doulも選出されている、「RADAR: Early Noise」プレイリストを聴く(Spotifyを開く

―いまのお話って“We Will Drive Next”の「We」という言葉にもつながってくると思うんですけど、この「We」にこめた思いはどういったものですか?

Doul:この「私たち、もう行くからね」っていう意気込みは、若い人だけじゃなくて年齢関係なく、いまから新しいことを始めるとか、前を向いてる人たち全員をイメージしたものです。目標や夢は違うにしても、「みんなで行くぞ!」って気持ちで書いた曲です。

―ということは、Doulさんは前を向いている人たちの存在を感じているということですか?

Doul:めっちゃ感じます。最近、福岡から東京に引っ越してきたんですけど。もちろん福岡にいるときも感じていて、同世代でも50代の友だちでも――たとえばふたりで話してると、「Doulがしよるのを見て、こういう新しいこと始めてみたんよね」って言ってくれたり。自分がその人にとって新しいことを生み出すもとになってるのもうれしいし、それを見て、「何歳になっても人って挑戦できるんやな」と心強く感じます。

Doul“We Will Drive Next”を聴く(Spotifyを開く

―いいですね、世代を超えて伝わるというのは。音楽にはそういう力があるとあらためて感じます。プライド月間に関連して言うと、日本のセクシュアルマイノリティーにもDoulさんの表現が届いてほしいとすごく感じますが、Doulさんから音楽を通してセクシュアルマイノリティーのリスナーに伝えたいのはどのようなことでしょうか?

Doul:まず、自分と同じ気持ちの人が日本にもたくさんいると思います。自分を傷つけてきたり傷つけられてきたりしたことがきっとたくさんあると思うんですけど、そういうときに自分は音楽に助けられることが多くて。音楽じゃなくても、自分が好きなものだったりとか。

人から批判されたり、自分がつらい思いを感じたりしたときは、音楽や信じているものに寄り添ってほしい。なんならDoulの音楽を聴いてください(笑)。伝えたいことがまっすぐ入っているものなので。自分を愛してくださいとまでは言わないですけど、自分を大切にすることはすごく大事だと思うので、音楽や人に寄り添って、自分の表現をしてほしいと思います。

Doulライブ写真 / Shintaro Yamanaka(Qsyum!)
Doulライブ写真 / Shintaro Yamanaka(Qsyum!)

木津毅がキュレーションした『DISCOVER OUR SPACE』プレイリストを聴く(Spotifyを開く

Page 3
前へ

リリース情報

Pride on Spotify

LGBTQQIA+の権利や文化について世界中でさまざまな啓蒙活動が行われる6月の「プライド月間(PRIDE Month)」を彩る10のオリジナルプレイリスト

プロフィール

Doul(ダウル)
Doul(ダウル)

福岡県出身。数々のヒットアーティストを輩出したSpotify「RADAR:Early Noise 2021」に選出された。2020年9月のデビュー曲”16yrs”がいきなり世界90か国以上で再生され、デビュー日に世界的プロデューサーのDiploにフォローされる。最新曲は”We Will Drive Next”。

感想をお聞かせください

新たな発見や感動を得ることはできましたか?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

Category カテゴリー

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。