Age Factoryが叫ぶ「殺してみろよ」。優しく生きるための怒号

Age Factoryが叫ぶ「殺してみろよ」。優しく生きるための怒号

Age Factory『EVERYNIGHT』
インタビュー・テキスト・編集
矢島大地(CINRA.NET編集部)
撮影:Kazma Kobayashi、Naoki Yamashita、西槇太一
2020/05/07
  • 136
  • 12

すでに人が傷つけ合いまくってる世の中だから、“Kill You”じゃなくて“Kill Me”って歌うのが、現存するパンクスのあるべき姿勢なんですよ。

―本当の意味で自分の生きてきた過程やアイデンティティに胸を張ることが、尊重し合って生きていくことの一番重要なポイントだし、個々がプリミティブな感覚を取り戻していくことが、結果として時代性をまとって多くの人に響く音楽になっていくと思うんです。それは今、人としても大きなテーマだと思うし。

清水:すでにいろんな人間が溢れすぎていて、誰にでもわかりやすいものを目指した満遍ないものが一番空っぽやって気付いていくんですよね。「みんな」っていうものに向けることがどれだけ雑で、どれだけ何も見えていないのか。で、自分の生きてきた過程こそがオリジナルであるっていう気持ちとか、それを大事にする青さとか、一番奥にある気持ちによって繋がれた瞬間に「孤独じゃない」って思えるはずなんです。

清水エイスケ

―たとえば“Dance all night my friends”も、みんなで楽しく踊ろうっていう歌じゃなくて、いつか過ぎ去る人生だからこそ目の前の人とともに今を燃やそうっていう歌になりますよね。Funを求めるんじゃなく、孤独が重なる瞬間にこそロマンがあると訴える歌というか。メロディの儚さがめちゃくちゃいいです。

清水:誰かを踊らせるためにバンドを始めたわけじゃないんですよ。「踊る」っていうのも、それぞれが自分の中に夢中で入り込んでいく感じ。やっぱり、全部矢印が自分に向くんです。だから“OPEN EYE”じゃなくて“CLOSE EYE”やし、“Kill You”じゃなくて“Kill Me”なんですよね。

Age Factory“Kill Me”を聴く(Spotifyを開く

―“Kill Me”という言葉が出てきたのはどうしてなんですか。

清水:もう、これは俺にとってのハードコアスピリットの部分ですよね。「殺してみろよ」って。さっき言ってくれたように、俺も時代が放っている何かに対してイライラしてるのは確かで。その外的なものに対して「殺してみろよ」って言うことで俺なりの中指を立ててるんですよ。「殺す」じゃなくて「殺してみろよ」って言うのが一番ケンカ売ってると思うんで。

―てめえには殺されねえよってことだからね。

清水:そうそう。

―“Kill Me”も“CLOSE EYE”も攻撃的ではあるけど攻撃ではない。何かをぶっ潰したり傷つけたりする歌ではないですよね。それがAge Factoryの音楽の核心であり、強さだと思う。

清水:人の傷つけ合いとか、気に食わないものをぶっ壊すとか、それこそ一番どうでもいいものなんですよ。だから“Kill You”って歌うよりも“Kill Me”って歌うほうが気持ちいいんです。すでに人が傷つけ合いまくってる世の中なわけやから、“Kill You”じゃなくて“Kill Me”って歌うのが、現存するパンクスのあるべき姿勢やと思うんですよ。

西口直人

増子央人

―それはめちゃくちゃ大事な指摘で。そもそもパンクって、人を傷つけるためじゃなく人に寛容であるための音楽ですよね。

清水:そう。何かを傷つけたりぶっ壊したりすることがパンクではない。自分自身の何かを壊して、自由になっていくことが俺の思うパンクなんです。ゼロの存在を立証したり、ゼロだと思われている人の声に光を当てたりするのがカッコいい。だとすれば、やっぱりパンクは人を傷つけるためのものじゃなくて、どれだけ真っ直ぐに自分を見つめられるかなんですよね。

―心から同意します。目の前の人に優しくあるためにどうしたらいいのかを考え続けるから、人を傷つけるものに対して怒るのがパンクですよね。そういう意味で、今作とAge Factoryの根底にある優しさ、ハードコアの精神性がよくわかる話です。

清水:なんも変わってないですね。個に向き合って一人ひとりを大事にするから、従来のルールとか価値観を取っ払う勇気が生まれると思うんですよ。これが正しいって言われてたことも、人によっては全然違うものなんだから。自分の目の前の人のために何かを取っ払っていく勇気が、一番キラキラしてる。その感覚を与えられるようなアーティストになれたのが、このアルバムのような気がするんですよ。この作品によって、自分の存在の意味もわかったから。

―その存在の意味を、言葉にして教えてもらってもいいですか。

清水:誰よりも青いってことが、俺の存在の意味じゃないですかね。結局は、自分が好きな人しかいない世界が自分の理想じゃないですか。今目の前にある好きな人、好きな世界をどれだけ大事にできるか、その理想を抱きしめる青さをずっと持っていたい。それは自分の世界に閉じこもるってことじゃなくて、強く生きていくために必要なものをちゃんと掴むってことなんですよね。それに、青いものに近づきたい気持ちって、誰もが持ってるんじゃないかって気がします。

―誰もが青いものに近づけたら、どんなことが起こると思います?

清水:それこそがムーブメントだと思います。誰もが青くなれる場所を作ることこそが、俺の思う「0から作り上げる」ってことですね。だって、青くいられる場所が全然ないから。その場所を作ることで、何よりも俺が救われるんですよね。理想や綺麗事なんて簡単に捨てられていく世界の中でも、それは貫きたいっすね。

Age Factory

Page 4
前へ

リリース情報

Age Factory『EVERYNIGHT』
Age Factory
『EVERYNIGHT』(CD)

2020年4月29日(水)発売
価格:2,500円(税込)
UKDZ-0208

1. Dance all night my friends
2. HIGH WAY BEACH
3. Merry go round
4. Peace
5. CLOSE EYE
6. Kill Me
7. Easy
8. Everynight
9. 1994
10. nothing anymore

プロフィール

Age Factory
Age Factory(えいじ ふぁくとりー)

奈良県にて2010年に結成。清水エイスケ(Vo,Gt)、西口直人(Ba,Cho)、増子央人(Dr,Cho)からなるロックバンド。『LOVE』(2016年)、『GOLD』(2018年)に続くフルアルバム『EVERYNIGHT』を4月29日にリリースした。

Category カテゴリー

Latest Articles 最新の記事

What's "Kompass" ? コンパスとは

「Kompass」は、ネットメディア黎明期よりカルチャー情報を紹介してきたCINRA.NETと、音楽ストリーミングサービスの代表格Spotifyが共同で立ち上げた音楽ガイドマガジンです。ストリーミングサービスの登場によって、膨大な音楽ライブラリにアクセスできるようになった現代。音楽の大海原に漕ぎだす音楽ファンが、音楽を主体的に楽しみ、人生の1曲に出会うガイドになるようなメディアを目指し、リスニング体験を交えながら音楽の面白さを紹介しています。